2019年3月24日 (日)

うめぼし航行状況 カーボベルデ~セントルシア<第16便>

うめぼしから、 カーボベルデ~セントルシアの航行状況<第16便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間3/24日 2004受信)


201903241100UTC 144093N 0542870W Ato381mile Ima ENE9=10m 5.0kt Main 2pon Kaisei Uneri2.5m Kinou Kumori Tokini Ame NE=ESE6m=10m Kesa 0200 Arasi Ooame@


2019年3月24日1100(UTC:世界標準時=日本時間-9h)の現在位置は北緯14度40.93分、西経54度28.70分。あと381マイル。いま東北東の風9-10m/s。艇速5.0ノット。メインセール 2ポイントリーフ。快晴。うねり2.5m。昨日曇りときどき雨。北東-東北東の風 6-10m/s。今朝0200嵐、大雨。


とのこと


うめぼしはアフリカ西岸沖カーボベルデのミンデロを出港し、カリブ海西インド諸島南東にあるセントルシアのロドニーベイに向けて大西洋を横断航海中です。


1100UTCの現在位置は出発地カーボベルデ ミンデロの西1710マイル。東北東の風9-10m/sメインセールを2ポイントリーフ、西南西へ5.0ノットで帆走中です。目的地ロドニーベイまではあと381マイル。昨日のデイランは115マイル。順調に船脚をのばしています。

宮原

| コメント (0)

2019年3月23日 (土)

うめぼし航行状況 カーボベルデ~セントルシア<第15便>

うめぼしから、 カーボベルデ~セントルシアの航行状況<第15便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間3/23日 2003受信)


201903231100UTC 145025N 0523086W Ato496mile Ima ENE8=9m 4.8kt Main 2pon Kaisei Uneri2.0m Kinou Kaisei Kaze Antei Kesa Mimei Arasi No Fuuu Tuuka


2019年3月23日1100(UTC:世界標準時=日本時間-9h)の現在位置は北緯14度50.25分、西経52度30.86分。あと496マイル。いま東北東の風8-9m/s。艇速4.8ノット。メインセール 2ポイントリーフ。快晴。うねり2.0m。昨日快晴。風安定。今朝未明、嵐の風雨通過。


とのこと


うめぼしはアフリカ西岸沖カーボベルデのミンデロを出港し、カリブ海西インド諸島南東にあるセントルシアのロドニーベイに向けて大西洋を横断航海中です。


1100UTCの現在位置は出発地カーボベルデ ミンデロの西1600マイル。東北東の風8-9m/sメインセールを2ポイントリーフ、西南西へ4.8ノットで帆走中です。目的地ロドニーベイまではあと496マイル。昨日のデイランは95マイル。順調に船脚をのばしています。今回の航程の3/4を消化しました。あと5日でセントルシア沖へ到着しそうです。



宮原


| コメント (0)

2019年3月22日 (金)

うめぼし航行状況 カーボベルデ~セントルシア<第14便>

うめぼしから、 カーボベルデ~セントルシアの航行状況<第14便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間3/22日 2004受信)


201903221100UTC 145249N 0505184W Ato591mile Ima ENE7=8m 3.7kt Starbo Main 2pon Kaisei Uneri2.0m Kinou Gozen Kosame Sonogo Kaisei Kaze Antei@


2019年3月22日1100(UTC:世界標準時=日本時間-9h)の現在位置は北緯14度52.49分、西経50度51.84分。あと591マイル。いま北東の風7-8m/s。艇速3.7ノット。スターボードタック。メインセール 2ポイントリーフ。快晴。うねり2.0m。昨日午前小雨その後快晴。風安定。


とのこと


うめぼしはアフリカ西岸沖カーボベルデのミンデロを出港し、カリブ海西インド諸島南東にあるセントルシアのロドニーベイに向けて大西洋を横断航海中です。


1100UTCの現在位置は出発地カーボベルデ ミンデロの西1510マイル。北東の風7-8m/sメインセールを2ポイントリーフ、スターボードタックで西南西へ3.7ノットで帆走中です。目的地ロドニーベイまではあと591マイル。昨日のデイランは90マイル。順調に船脚をのばしています。



宮原

| コメント (0)

2019年3月21日 (木)

うめぼし航行状況 カーボベルデ~セントルシア<第13便>

うめぼしから、 カーボベルデ~セントルシアの航行状況<第13便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間3/21日 2006受信)


201903211100UTC 145446N 0491869W Ato681mile Ima NE7=8m 4.2kt Starbo Main 2pon Jib 1/3 Kumori Uneri1.5m Kinou NE=E6m=9m Kosame3kai Kaze Yoku Fureta Syunbun Mangetu@@@

2019年3月21日1100(UTC:世界標準時=日本時間-9h)の現在位置は北緯14度54.46分、西経49度18.69分。あと681マイル。いま北東の風7-8m/s。艇速4.2ノット。スターボードタック。メインセール 2ポイントリーフ。ジブセール1/3。曇り。うねり1.5m。昨日北東-東の風6-9m/s。小雨3回。風よく振れた。春分 満月。


とのこと


うめぼしはアフリカ西岸沖カーボベルデのミンデロを出港し、カリブ海西インド諸島南東にあるセントルシアのロドニーベイに向けて大西洋を横断航海中です。

1100UTCの現在位置は出発地カーボベルデ ミンデロの西1420マイル。北東の風7-8m/sメインセールを2ポイントリーフ、ジブセールを1/3展開してスターボードタックで西南西へ4.2ノットで帆走中です。目的地ロドニーベイまではあと681マイル。昨日のデイランは110マイル。順調に船脚をのばしています。今回の航程のほぼ2/3を消化しました。春分の日 曇りですが満月が見れたようです。



宮原

| コメント (0)

うめぼし航行状況 カーボベルデ~セントルシア<第12便>

うめぼしから、 カーボベルデ~セントルシアの航行状況<第12便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間3/20日 2004受信)
201903201100UTC 150627N 0473028W Ato787mile Ima NE6=9m 4.2kt Starbo 2pon Main Kumori Kosame Uneri1.5m Kesa 0300=0500 NNE10m=3m 2pon He Uneri1.5m@


2019年3月20日1100(UTC:世界標準時=日本時間-9h)の現在位置は北緯15度06.27分、西経47度30.28分。あと787マイル。いま北東の風6-9m/s。艇速4.2ノット。スターボードタック。メインセール 2ポイントリーフ。曇り、小雨。うねり1.5m。今朝0300-0500時北北東の風10-3m/s。2ポイントリーフヘ縮帆。うねり1.5m。

とのこと


うめぼしはアフリカ西岸沖カーボベルデのミンデロを出港し、カリブ海西インド諸島南東にあるセントルシアのロドニーベイに向けて大西洋を横断航海中です。


1100UTCの現在位置は出発地カーボベルデ ミンデロの西1320マイル。北東の風6-9m/sメインセールを2ポイントリーフしてスターボードタックで西南西へ4.2ノットで帆走中です。目的地ロドニーベイまではあと787マイル。昨日のデイランは100マイル。順調に船脚をのばしています。今回の航程のほぼ2/3を消化しました。



【おわび】3/19から3/20にかけて、うめぼしからはイリジウムメールは届いていたのですがココログが不調で記事を掲載できませんでした。3/21になりようやくココログが復調し記事掲載できるようになりました。ご心配をおかけし申し訳ありませんでした。

宮原

| コメント (0)

うめぼし航行状況 カーボベルデ~セントルシア<第11便>

うめぼしから、 カーボベルデ~セントルシアの航行状況<第11便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間3/19日 2004受信)
201903191100UTC 151381N 0454934W Ato884mile Ima NE7=8m 4.5kt Starbo Full Main Hare Uneri1.0m Kinou Gogo NE6=7m 4kt Uneri1.0m Mata Siira Tureru
2019年3月19日1100(UTC:世界標準時=日本時間-9h)の現在位置は北緯15度13.81分、西経45度49.34分。あと884マイル。いま東北東の風7-8m/s。艇速4.5ノット。スターボードタック。メインセール フルアップ。晴れ。うねり1.0m。昨日午後北東の風6-7m/s。艇速4ノット。うねり1.0m。またシイラ釣れた。
とのこと
うめぼしはアフリカ西岸沖カーボベルデのミンデロを出港し、カリブ海西インド諸島南東にあるセントルシアのロドニーベイに向けて大西洋を横断航海中です。
1100UTCの現在位置は出発地カーボベルデ ミンデロの西1220マイル。東北東の風7-8m/sメインセール フル展開してスターボードタックで西南西へ4.5ノットで帆走中です。目的地ロドニーベイまではあと884マイル。昨日のデイランは100マイル。順調に船脚をのばしています。またシイラ釣れたようです。


【おわび】3/19から3/20にかけて、うめぼしからはイリジウムメールは届いていたのですがココログが不調で記事を掲載できませんでした。3/21になりようやくココログが復調し記事掲載できるようになりました。ご心配をおかけし申し訳ありませんでした。

宮原

| コメント (0)

2019年3月18日 (月)

うめぼし航行状況 カーボベルデ~セントルシア<第10便>

うめぼしから、 カーボベルデ~セントルシアの航行状況<第10便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間3/18日 2004受信)

201903181100UTC 152197N 0440819W Ato982mile Ima ENE7m 4.1kt Full Main Hare Uneri1.0m Kinou Gogo ENE5m 3kt Uneri0.5m Nihon No Uragawa Tuukachuu

2019年3月18日1100(UTC:世界標準時=日本時間-9h)の現在位置は北緯15度21.97分、西経44度08.19分。あと982マイル。いま東北東の風7m/s。艇速4.1ノット。メインセール フルアップ。スターボードタック。晴れ。うねり1.0m。昨日午後東北東の風5m/s。うねり0.5m。日本の裏側を通過中。

のこと

    うめぼしはアフリカ西岸沖カーボベルデのミンデロを出港し、カリブ海西インド諸島南東にあるセントルシアのロドニーベイに向けて大西洋を横断航海中です。

 1100UTCの現在位置は出発地カーボベルデ  ミンデロの西1120マイル。東北東の風7m/sメインセール フル展開してスターボードタックで西南西へ4.1ノットで帆走中です。目的地ロドニーベイまではあと982マイル。昨日のデイランは90マイル。順調に船脚をのばしています。今回の航程の中間点を超えました。

現在位置: https://www.google.com/maps/place/15°21'58.2%22N+44°08'11.4%22W/@12.6637699,-53.4671087,5.01z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d15.366167!4d-44.1365?hl=ja

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月17日 (日)

うめぼし航行状況 カーボベルデ~セントルシア<第9便>

うめぼしから、 カーボベルデ~セントルシアの航行状況<第9便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間3/17日 2005受信)

201903171100UTC 153854N 0423891W Ato1069mile Ima ENE6=7m 4.0kt Full Main Starbo Hare Tokini kumori Uneri1.0m Kinou ENE6=7m Uneri1.0m@

2019年3月17日1100(UTC:世界標準時=日本時間-9h)の現在位置は北緯15度38.54分、西経42度23.89分。あと1069マイル。いま東北東の風6-7m/s。艇速4ノット。メインセール フルアップ。スターボードタック。晴れ、ときに曇り。うねり1.0m。昨日東北東の風6-7m/s。うねり1.0m。

とのこと

うめぼしはアフリカ西岸沖カーボベルデのミンデロを出港し、カリブ海西インド諸島南東にあるセントルシアのロドニーベイに向けて大西洋を横断航海中です。

1100UTCの現在位置は出発地カーボベルデ  ミンデロの西1030マイル。東北東の風6-7m/sメインセール フル展開してスターボードタックで西南西へ4ノットで帆走中です。目的地ロドニーベイまではあと1069マイル。昨日のデイランは100マイル。順調に船脚をのばしています。今回の航程のほぼ1/2を消化しました。

現在位置: https://www.google.com/maps/place/15°38'32.4%22N+42°23'53.4%22W/@15.5049293,-51.2485946,5z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d15.642333!4d-42.398167?hl=ja

 

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月16日 (土)

うめぼし航行状況 カーボベルデ~セントルシア<第8便>

うめぼしから、 カーボベルデ~セントルシアの航行状況<第8便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間3/16日 2003受信)

201903161100UTC 154168N 0405500W Ato1169mile Ima ENE6=7m 4.0kt 1000 Main Full Up Starbo Hare Usukumori Uneri1.5m Kinou ENE7=8m Uneri1.5m@

2019年3月16日1100(UTC:世界標準時=日本時間-9h)の現在位置は北緯15度41.68分、西経40度55.00分。あと1169マイル。いま東北東の風6-7m/s。艇速4ノット。メインセール フルアップ。スターボードタック。晴れ、薄曇り。うねり1.5m。昨日東北東の風7-8m/s。うねり1.5m。

とのこと

うめぼしはアフリカ西岸沖カーボベルデのミンデロを出港し、カリブ海西インド諸島南東にあるセントルシアのロドニーベイに向けて大西洋を横断航海中です。

1100UTCの現在位置は出発地カーボベルデ  ミンデロの西930マイル。東北東の風がやや弱まって6-7m/sになったのでメインセールの縮帆を解いてフル展開して西南西へ4ノットで帆走中です。目的地ロドニーベイまではあと1169マイル。昨日のデイランは100マイル。順調に船脚をのばしています。風は昨日よりやや弱まりうねりもすこし小さくなったようです。

現在位置: https://www.google.com/maps/place/15°41'40.8%22N+40°55'00.0%22W/@14.4423832,-51.3026879,5z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d15.694667!4d-40.916667?hl=ja

宮原

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月15日 (金)

うめぼし航行状況 カーボベルデ~セントルシア<第7便>

うめぼしから、 カーボベルデ~セントルシアの航行状況<第7便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間3/15日 2003受信)

201903151100UTC 154806N 0391450W Ato1266mile Ima ENE8=9m 4.5kt Maim 2pon Starbo Hare Usukumori Uneri2.0m Kinou ENE10=8m Uneri2.5m 75cm Siira Tureta@

2019年3月15日1100(UTC:世界標準時=日本時間-9h)の現在位置は北緯15度48.06分、西経39度14.50分。あと1266マイル。いま東北東の風8-9m/s。艇速4.5ノット。メインセール 2ポイントリーフ。スターボードタック。晴れ、薄曇り。うねり2m。昨日東北東の風10-8m/s。うねり2.5m。75cmのシイラ釣れた。

とのこと

うめぼしはアフリカ西岸沖カーボベルデのミンデロを出港し、カリブ海西インド諸島南東にあるセントルシアのロドニーベイに向けて大西洋を横断航海中です。

1100UTCの現在位置は出発地カーボベルデ  ミンデロの西830マイル。東北東の風8-9m/sにメインセールを2段縮帆して西南西へ4.5ノットで帆走中です。目的地ロドニーベイまではあと1266マイル。昨日のデイランは120マイル。順調に船脚をのばしています。風が少し強くなりうねりも大きくなったようです。75cmのシイラが釣れたとのこと。2、3日食卓を賑わすでしょう。

現在位置: https://www.google.com/maps/place/15%C2%B048'03.6%22N+39%C2%B014'30.0%22W/@14.8041306,-51.7832244,5z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d15.801!4d-39.241667?hl=ja

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月14日 (木)

うめぼし航行状況 カーボベルデ~セントルシア<第6便>

うめぼしから、 カーボベルデ~セントルシアの航行状況<第6便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間3/14日 2004受信)

201903141100UTC 154868N 0371384W Ato1382mile Ima ENE8=10m 5kt Maim 1000 2pon He Starbo Hare Usukumori Uneri2.5m Kinou NE7=8m Uneri1.5m

2019年3月14日1100(UTC:世界標準時=日本時間-9h)の現在位置は北緯15度48.68分、西経37度13.84分。あと1382マイル。いま東北東の風8-10m/s。艇速5ノット。メインセール 1000に2ポイントリーフ。スターボードタック。晴れ、薄曇り。うねり2.5m。昨日北東の風7-8m/s。うねり1.5m。

とのこと

うめぼしはアフリカ西岸沖カーボベルデのミンデロを出港し、カリブ海西インド諸島南東にあるセントルシアのロドニーベイに向けて大西洋を横断航海中です。

1100UTCの現在位置は出発地カーボベルデ  ミンデロの西710マイル。東北東の風8-10m/sにメインセールを2段縮帆して西南西へ5ノットで帆走中です。目的地ロドニーベイまではあと1382マイル。昨日のデイランは130マイル。順調に船脚をのばしています。風が少し強くなりうねりも大きくなったようです。今回の航程のほぼ1/3を消化しました。

現在位置: https://www.google.com/maps/place/15%C2%B048'40.8%22N+37%C2%B013'50.4%22W/@12.417504,-49.5952313,5.01z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d15.811333!4d-37.230667?hl=ja

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

うめぼし航行状況 カーボベルデ~セントルシア<第5便>

うめぼしから、 カーボベルデ~セントルシアの航行状況<第5便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間3/13日 2002受信)

201903131100UTC 155227N 0345514W Ato1516mile Ima ENE7=8m 5.5kt Maim Full Hare Uneri1m Kinou NE7=8m Uneri1m 1600 Jib 1/3 Dasita Ga 2000 Makitori@

2019年3月13日1100(UTC:世界標準時=日本時間-9h)の現在位置は北緯15度52.27分、西経34度55.14分。あと1516マイル。いま東北東の風7-8m/s。艇速5.5ノット。メインセール フル。晴れ。うねり1m。昨日北東の風7-8m/s。うねり1m。1600にジブセール1/3出したが2000に巻取り。

とのこと

うめぼしはアフリカ西岸沖カーボベルデのミンデロを出港し、カリブ海西インド諸島南東にあるセントルシアのロドニーベイに向けて大西洋を横断航海中です。

1100UTCの現在位置は出発地カーボベルデ  ミンデロの西580マイル。北東の風7-8m/sにフルメインセールで西南西へ5.5ノットで帆走中です。目的地ロドニーベイまではあと1516マイル。昨日のデイランは130マイル。順調に船脚をのばしています。うねりはやや小さくなったようです。昨日は一時ジブセールを1/3ほど張りましたが4時間ほどで巻き取ったようです。

現在位置: https://www.google.com/maps/place/15%C2%B052'16.2%22N+34%C2%B055'08.4%22W/@15.9182817,-38.2843534,6z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d15.871167!4d-34.919?hl=ja

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月12日 (火)

うめぼし航行状況 カーボベルデ~セントルシア<第4便>

うめぼしから、 カーボベルデ~セントルシアの航行状況<第4便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間3/12日 2007受信)

201903121100UTC 160205N 0323911W Ato1647mile Ima NE6=7m 5kt Maim Full Hare Uneri1m Kinou ENE6=7m Uneri1m 1900 Ni Ato1725mile@

2019年3月12日1100(UTC:世界標準時=日本時間-9h)の現在位置は北緯16度02.05分、西経32度39.11分。あと1647マイル。いま北東の風6-7m/s。艇速5ノット。メインセール フル。晴れ。うねり1m。昨日東北東の風6-7m/s。うねり1m。1900にあと1725マイルだった。

とのこと

うめぼしはアフリカ西岸沖カーボベルデのミンデロを出港し、カリブ海西インド諸島南東にあるセントルシアのロドニーベイに向けて大西洋を横断航海中です。

1100UTCの現在位置は出発地カーボベルデ  ミンデロの西450マイル。北東の風6-7m/sにフルメインセールで西南西へ5ノットで帆走中です。目的地ロドニーベイまではあと1647マイル。昨日のデイランは110マイル。ちょっと風が弱まりましたが順調に船脚をのばしています。うねりはやや小さくなったようです。

現在位置: https://www.google.com/maps/place/16%C2%B002'03.0%22N+32%C2%B039'06.6%22W/@17.4394614,-30.2974874,6z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d16.034167!4d-32.651833?hl=ja

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月11日 (月)

うめぼし航行状況 カーボベルデ~セントルシア<第3便>

うめぼしから、 カーボベルデ~セントルシアの航行状況<第3便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間3/11日 2004受信)

201903111100UTC 160828N 0304067W Ato1761mile 0700 ENE7m 3.7kt Maim Full Up Ima ENE7=8m 4.6kt Hare Uneri1m Kinou ENE7=8m Uneri1.5m@

2019年3月11日1100(UTC:世界標準時=日本時間-9h)の現在位置は北緯16度08.28分、西経30度40.67分。あと1761マイル。0700時東北東の風7m/s。艇速3.7ノット。メインセール フルアップ。いま東北東の風7-8m/s。艇速4.6ノット。晴れ。うねり1m。昨日東北東の風7-8m/s。うねり1.5m。

とのこと

うめぼしはアフリカ西岸沖カーボベルデのミンデロを出港し、カリブ海西インド諸島南東にあるセントルシアのロドニーベイに向けて大西洋を横断航海中です。

1100UTCの現在位置は出発地カーボベルデ  ミンデロの西340マイル。東北東の風7m/sに縮帆を解いてメインセールをフル展開し西南西へ3.7ノットで帆走中です。目的地ロドニーベイまではあと1761マイル。昨日のデイランは100マイル。ちょっと風が弱まりましたが順調に船脚をのばしています。うねりはやや小さくなったようです。

現在位置: https://www.google.com/maps/place/16%C2%B008'16.8%22N+30%C2%B040'34.2%22W/@16.2380324,-30.3713673,6z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d16.138!4d-30.676167?hl=ja

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月10日 (日)

うめぼし航行状況 カーボベルデ~セントルシア<第2便>

うめぼしから、 カーボベルデ~セントルシアの航行状況<第2便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間3/10日 2002受信)

201903101100UTC 162234N 0285882W Ato1859mile SMS 4tu Arigato Ima ENE7=8m 2pon 4.8kt Kumori Uneri2m Kinou NE7=10m Uneri1.5=3m@

2019年3月10日1100(UTC:世界標準時=日本時間-9h)の現在位置は北緯16度22.34分、西経28度58.82分。あと1859マイル。SMS 4通ありがとう。いま東北東の風7-8m/s。2ポイントリーフ。メインセールのみで帆走、4.8 ノット。曇り。うねり2m。昨日7-10m/s、うねり1.5-3m。

とのこと

うめぼしはアフリカ西岸沖カーボベルデのミンデロを出港し、カリブ海西インド諸島南東にあるセントルシアのロドニーベイに向けて大西洋を横断航海中です。

1100UTCの現在位置は出発地カーボベルデ  ミンデロの西240マイル。東北東の風7-8m/sにメインセールを2段縮帆し西南西へ4.8ノットで帆走中です。目的地ロドニーベイまではあと1859マイル。昨日のデイランは120マイル。順調に船脚をのばしています。同じ風向の順風が続いていますのでうねりが大きくなりちょっと厄介そうです。

現在位置: https://www.google.com/maps/place/16%C2%B022'20.4%22N+28%C2%B058'49.2%22W/@15.8817314,-31.6645341,6z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d16.372333!4d-28.980333?hl=ja

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

うめぼし航行状況 カーボベルデ~セントルシア<第1便>

うめぼしから、 カーボベルデ~セントルシアの航行状況<第1便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間3/9日 2005受信)

201903091100UTC 164004N 0265440W Ato1979mile Ima ENE9=10m 2pon Main Nomi 5kt Kumori Uneri1.5m Kinou 1240UTC Syukkou 1310 Hansou

2019年3月9日1100(UTC:世界標準時=日本時間-9h)の現在位置は北緯16度40.04分、西経26度54.40分。あと1979マイル。いま東北東の風9-10m/s。2ポイントリーフ。メインセールのみで帆走、5 ノット。曇り。うねり1.5m。昨日1240UTCに出港。1310から帆走。

とのこと

うめぼしはアフリカ西岸沖カーボベルデのミンデロを出港し、カリブ海西インド諸島南東にあるセントルシアのロドニーベイに向けて大西洋を横断航海中です。

1100UTCの現在位置は出発地カーボベルデ  ミンデロの西120マイル。東北東の風9-10m/sにメインセールを2段縮帆し西南西へ5ノットで帆走中です。目的地ロドニーベイまではあと1979マイル。昨日ミンデロを出港して1日弱で120マイル走っており、ミンデロまでに比べて少し良いペースです。ミンデロで船底を掃除した効果かもしれません。うめぼしの航路上は今後5日くらいはこの風が続く見込みなので順調に距離をのばすと思います。

現在位置: https://www.google.com/maps/place/16%C2%B040'02.4%22N+26%C2%B054'24.0%22W/@17.3374202,-27.0765147,6z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d16.667333!4d-26.906667?hl=ja

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 8日 (金)

ミンデロからセントルシアのロドニーベイへ

3月8日の現地時間12時頃に出航予定です。朝一番でイミグレーションに行き出国手続きを済ませました。宮原さんまたナビとブログ対応よろしくお願いします。

| コメント (1) | トラックバック (0)

出航準備2

7日のステンレス溶接作業は技術者が来てくれたのが結局夕刻の17時でした。作業時間はほんの20分程でしたがかなりしっかりした溶接になっているように見えます(写真参照)。作業費は2625エスクード(約3000円)と格安でした。明細書を見ると1時間の料金が9130エスクードでその四分の一に15%の消費税がかかっています。技術者と補助のふたりが自分達の作業時間を15分と報告してくれたようでそれをマリーナの船具ショップの窓口の人がそのまま請求してくれたようです。カーボベルデの地元の人は皆親切でほがらかでのんびりしているように感じられます。一人当たりの国別所得ランキングでは170位くらいのようでかなり低い方になり町中にもいつも浮浪者のような感じの人が多くいます。でもあまり怖いという雰囲気ではなく浮浪者のような人とも明るく会話をすることができるという感じです。7日の昼間は買い物に出かけ地元産と思われる野菜や果物、たまご、チーズ、肉、ハム、パンなどを大量に仕入れてきました。8日の午前中に出国手続きをして出航予定です。

Img_20190307_171250_r

市場の人に勧められるままにレタス、玉ねぎ、とまと、パプリカ、じゃがいも、ネギ、カボチャ、キャベツ、きゅうり、バナナ、パパイヤ、たまご、フレッシュチーズなど大量に買ってしまいました。

Img_20190307_120622_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 7日 (木)

出航準備

キャビン後部のツナタワーのステンレス溶接作業が3月7日午前中に上手くいけば7日の午後にでもミンデロを出航したいと思います。出航準備として出航前にしないといけないことは食材の調達とイミグレーションでの出国手続きです。行先は大西洋を渡ったカリブ海のバルバドスを予定していましたがいろいろな先達からの知見やnoonsiteの情報によるとバルバドスのマリーナには小型ヨットを歓迎してくれるポンツーンが少なくアンカーリングが中心になるようです。長距離航海の後にアンカーリングはちょっとつらいので行先を変更してセントルシアのロドニーベイに行くことにしました。6日の朝少し早めに目が覚めたときにベッドの中でいろいろとネットで確認して行先を変更しようと思った次第ですがこのあたりが一人旅の気ままさのよいところと言いますかまたいい加減なところでもあります。セントルシアに入国するためには事前にsailclearというWebサイトに入港予定を登録するする必要があるということでそれを先ほど済ませました。ロドニーベイまでは約2100海里ほどの距離がありこれまでの最長になりそうです。とはいえ比較的安定した貿易風が西に向けて吹いていますので20日間弱で着くことができればよいかなと思っています。20リットル清水タンク2個を新たに調達し船内タンク160リットルとポリタンク4個×20=80リットル合計240リットルになりました。2100海里の航海で長引いたとしても24日間くらいは毎日シャワーを浴びても十分に生活できる量です。代わりに長らくお世話になった洗濯機を廃棄しました。ヒールや横揺れで船内の荷物が転げないようにいくつかの対策もしました。安全最優先で航海して行きたいと思います。

http://www.sailclear.com/

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 6日 (水)

うめぼしの整備

まずは宮原さんからもご指摘がありました船底の清掃を現地のダイバーにお願いしました。実際に潜って作業をして貰ったのは40分程度ですがかなりきれいになったのではないかと期待しています。費用は6000エスクードです。今回の10日間の航海で頑張ってくれたオーパイのNO3からぎーぎーと音がするようになりましたので分解して中身をチェックしたところロッドシャフトの付け根の固定リングが外れていました。前回修理と同様にエポキシ接着剤で固定してみました。これでまた復活してくれればうれしいのですが。復活すればNO4、NO5と併せて3本体制です。ステーやジブファーラー周りもチェックしましたが特に異常は見つからず少し油を注してみた程度です。船の揺れが大きい時にコクピット後ろのツナタワーから少しきしむ音がするのでチェックをしてみたところタワーの主要なつなぎ目のステンレス溶接部分が破断していました。2年前にスペインのカディスで溶接して貰った同じプレートの反対側部分です。さっそく手配しようとしましたが3月5日と6日はカーニバル(謝肉祭)のために店はほとんど閉まっているということで7日に修理に来てもらうことになりました。軽油補給22リットルで2400円です。バッテリーや風力発電機、太陽光パネル、AISなどは今の所うまく動いているようです。またトイレ、給水、海水、ビルジなどのポンプ類も動いています。プロパンガスの3kgタンクを370エスクードで購入しました。これで更に1カ月は持ちます。船外機のエンジンがかからなくなりましたので見よう見まねでキャブレターの清掃をしたところ動くようになりました。

クレイトンさんに潜って船底清掃をしてもらいました

Img_20190304_131329_r

オーパイのロッドのリング

Img_20190305_095536_r

Img_20190305_100306_r

エポキシでリングを固定したところ

Img_20190305_101655_r

ツナタワーのステンレス溶接破断部分

Img_20190305_124042_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 5日 (火)

ミンデロにて

ミンデロは北緯17度近辺に位置しており日本の近くでいうとフィリピンのルソン島あたりになります。この時期で夜は19度、昼間は23度くらいと過ごしやすい気候です。4日の朝のUTC10時にマリーナに着いたのですが現地時間では9時で日本とは10時間の時差があります。マリーナに着くとまずはマリーナ事務所にいき係留の手続きをします。3泊で4933エスクード(5670円)でした。そして今回のように別の国に到着した場合にはイミグレーションに行きます。入国手数料として500エスクード(又は5ユーロ)を取られました。次にATMで現地通貨を調達します。10000エスクードを引き出しました。そして現地SIMの販売店に行きます。6ユーロで1GB分のデータを使えるSIMを購入しました。これでやっとインターネットにアクセスすることができます。10日分のメールをチェックします。そして観光や買い物をすることもできます。艇に戻るとさっそく隣のフランス船のアストメントさんが話しかけてきてくれました。彼は今日3月4日はミンデロのカーニバルの日だと教えてくれ今日入港するのは運がよいということなのです。さっそくカーニバルを見物しその後現地の床屋で髪を短く切って貰いました。散髪料は300エスクード(約350円)で現地の人件費レベルを測るのにはよい指標になります。

Img_20190304_164013_r

カーニバルのパレード

Img_20190304_163003_r

https://www.youtube.com/watch?v=lvEu8_UnctM

半袖半ズボンの人が多い、カラフルな建物

Img_20190304_163021_r

Img_20190304_163255_r

Img_20190304_163410_r

次の行列が来るのを待つ人々

Img_20190304_163843_r

Img_20190304_165657_r

散髪してすっきりしました

Img_20190304_171820_r

カーニバル(謝肉祭)の本番は3月5日でした。カーニバルの行列行進は午後3時からマリーナ前をスタートして繁華街を抜け公園まで2kmほど続きました。

Img_20190305_150743_r

Img_20190305_151120_r

Img_20190305_151241_r

Img_20190305_151424_r

Img_20190305_152052_r

Img_20190305_152301_r

Img_20190305_152458_r

Img_20190305_152543_r

Img_20190305_155850_r

Img_20190305_161741_r

Img_20190305_161834_r

Img_20190305_162136_r

Img_20190305_162820_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 4日 (月)

ラスパルマスからカーボベルデのミンデロへ

2019年2月22日の朝8時にラスパルマスのマリーナを出航し3月4日の朝10時にミンデロのマリーナに到着しました。10日間と2時間(合計242時間)をかけて総走行距離909海里の航海でした。機走したのは初日の9時間とミンデロ入港時の2時間で合計11時間です。1日100海里と想定していたのですが実際には実走行距離がやや伸びたこともあり1日平均90海里となりました。出航日と入港日を除けば基本的には真追手中心の単調な航海の連続でしたのでそれほど難しい局面はありませんでしたが唯一トラぶったのは入港前に島と島の間の海峡を抜けようとしたとき風が急に強まりうねりも大きくなってオーパイのコントロール範囲を越えてしまったことです。やむなくメインセールを降ろすために艇を風に対して横向きにしたところ横波をまともに受けてコクピットに大きな波が入ってきて全身びしょ濡れになってしまいました。逆に途中の真追手の時は基本的にメインセールの2ポイントリーフだけで走りましたので特に操作することもなく暇な日々でした。それでも横滑りの揺れは結構大きくて船内で何か作業をしようとするとすぐに船酔いになってしまいます。毎日音楽を聴いて過ごしました。宮原さん今回も風予報とブログ対応ありがとうございました。

Capeverde

Capeverde1

Capeverde2

3月4日の朝日

Img_20190304_070355_r

鍋で炊いたご飯とうめぼし、お米と梅干は宮城さんに差し入れて頂いたものです。航海中に何度か鍋で炊いたご飯を美味しく頂きました。ありがとうございます。

Img_20190304_212117_r

| コメント (2) | トラックバック (0)

うめぼし航行状況 カナリア諸島~カーボベルデ<第10便>到着!

うめぼしから、 カナリア諸島~カーボベルデの航行状況<第10便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間3/4日 1906受信)

201903041000UTC Buji Tuita

2019年3月4日1000(UTC:世界標準時=日本時間-9h) 無事着いた。

とのこと

うめぼしはカナリア諸島グランカナリア島ラスパルマスからカーボベルデのミンデロに向けて航海していましたが、本日1000時(世界標準時) 日本時間では1900時にミンデロに無事着きました。

現地でインターネット環境が整ったら状況が直接アップされると思います。

AISでミンデロ港内のうめぼしが見えます。

AIS: https://www.marinetraffic.com/en/ais/home/centerx:-24.991/centery:16.887/zoom:17

宮原

しんやさん

コメントありがとうございます。なぜか返信ができませんのでここに書き込みます。

たしかにAISの地図を衛星写真のほうに切り替えると桟橋が見えますね。よりよい表示方法のご教示ありがとうございます。

うめぼしより

| コメント (1) | トラックバック (0)

2019年3月 3日 (日)

うめぼし航行状況 カナリア諸島~カーボベルデ<第9便>

うめぼしから、 カナリア諸島~カーボベルデの航行状況<第9便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間3/3日 1809受信)

201903030900UTC 173555N 0234593W Ato83mile Ima NE8m 2pon hansou 3kt Kaisei Kinou 1000 Kara Main Wo Hiki Gensoku Ima Starbo Tack

2019年3月3日0900(UTC:世界標準時=日本時間-9h)の現在位置は北緯17度35.55分、西経23度45.93分。あと83マイル。いま北東の風8m/s。2ポイントリーフ。帆走3 ノット。快晴。昨日1000からメインを引き減速。今スターボードタック。

とのこと

うめぼしはカナリア諸島グランカナリア島ラスパルマスからカーボベルデのミンデロに向けて航海中です。

0900UTCの現在位置は出発地グランカナリア島ラスパルマスの西南780マイル。北東の風8m/sにメインセールを2段縮帆しスターボードタックで南西へ3ノットで帆走中です。目的地ミンデロまではあと83マイル、今回の航程の9割を消化しました。追い風の順風が続いていてこのまま帆走すると夜半に目的地近くの陸地に接近しそうなので、メインシートを引いてわざと3ノットに減速しています。入港は明日の昼間に決めたようです。

現在位置: https://www.google.com/maps/place/17%C2%B035'33.0%22N+23%C2%B045'55.8%22W/@20.5296143,-20.5720144,5.99z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d17.5925!4d-23.7655?hl=ja

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

うめぼし航行状況 カナリア諸島~カーボベルデ<第8便>

うめぼしから、 カナリア諸島~カーボベルデの航行状況<第8便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間3/2日 1809受信)

201903020900UTC 185527N 0225420W Ato172mile Ima NE10=9m 2pon jib Makitori hansou 5kt Kaisei Port Tack@

2019年3月2日0900(UTC:世界標準時=日本時間-9h)の現在位置は北緯18度55.27分、西経22度54.20分。あと172マイル。いま北東の風10-9m/s。2ポイントリーフ。ジブセール巻取り。帆走5 ノット。快晴。ポートタック。

とのこと

うめぼしはカナリア諸島グランカナリア島ラスパルマスからカーボベルデのミンデロに向けて航海中です。

0900UTCの現在位置は出発地グランカナリア島ラスパルマスの西南690マイル。北東の風10-9m/sにメインセールを2段縮帆し、ジブセールも巻き取ってポートタックで南西へ5ノットで帆走中です。目的地ミンデロまではあと172マイル、今回の航程の8割を消化しました。追い風の順風が続いているのでこの数日はデイラン100マイル超えです。明後日夕方には目的地近くに到着しそうで、そのまま入港するか翌朝まで待つか迷っているようです。

現在位置: https://www.google.com/maps/place/18%C2%B055'16.2%22N+22%C2%B054'12.0%22W/@21.5825101,-23.0909021,5.99z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d18.921167!4d-22.903333?hl=ja

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 1日 (金)

うめぼし航行状況 カナリア諸島~カーボベルデ<第7便>

うめぼしから、 カナリア諸島~カーボベルデの航行状況<第7便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間3/1日 1810受信)

201903010900UTC 202297N 0213870W Ato284mile Ima NE10=9m2pon hansou 5kt Kaisei Kinou Hiruma ENE 7m 4kt Yoru 10m Uneri 2m

2019年3月1日0900(UTC:世界標準時=日本時間-9h)の現在位置は北緯20度22.97分、西経21度38.70分。あと284マイル。いま北東の風10-9m/s。2ポイントリーフ。帆走5 ノット。快晴。昨日昼間東北東7m/s 4ノット、夜10m/s。うねり2m。

とのこと

うめぼしはカナリア諸島グランカナリア島ラスパルマスからカーボベルデのミンデロに向けて航海中です。

0900UTCの現在位置は出発地グランカナリア島ラスパルマスの西南580マイル。北東の風10-9m/sにメインセールを2段縮帆して南西へ5ノットで帆走中です。昨日の昼間は東北東7m/sの風で艇速4ノット。夜は10m/sの風だったようです。この数日北東からの順風が続いているのでうねりが大きくなっているようです。目的地ミンデロまではあと284マイル、今回の航程の2/3を消化しました。追い風の順風が続いているので昨日、今日とデイラン100マイル超えです。

現在位置: https://www.google.com/maps/place/20%C2%B022'58.2%22N+21%C2%B038'42.0%22W/@20.1233979,-24.9102483,6z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d20.382833!4d-21.645?hl=ja

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月28日 (木)

うめぼし航行状況 カナリア諸島~カーボベルデ<第6便>

うめぼしから、 カナリア諸島~カーボベルデの航行状況<第6便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間 2/28日 1850受信)

201902280900UTC 215768N 0203472W Ato395mile Ima NE10=9m2pon hansou 5kt Kaisei Kinou 1800 NE 10m Port Tack Jib Makitori@

2019年2月28日0900(UTC:世界標準時=日本時間-9h)の現在位置は北緯21度57.68分、西経20度34.72分。あと395マイル。いま北東の風10-9m/s。2ポイントリーフ。帆走5 ノット。快晴。昨日1800UTCに風が北東10m/s。ポートタック。 ジブセールは巻き取ったまま

とのこと

うめぼしはカナリア諸島グランカナリア島ラスパルマスからカーボベルデのミンデロに向けて航海中です。

0900UTCの現在位置は出発地グランカナリア島ラスパルマスの西南470マイル。北東の風10-9m/sにメインセールを2段縮帆して南西へ5ノットで帆走中です。風向は北東、ポートタックです。風がまた少し強まりジブセールは巻き取ったままです。目的地ミンデロまではあと395マイルです。

現在位置: https://www.google.com/maps/place/21%C2%B057'40.8%22N+20%C2%B034'43.2%22W/@22.920547,-24.1994527,6.37z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d21.961333!4d-20.578667?hl=ja

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月27日 (水)

うめぼし航行状況 カナリア諸島~カーボベルデ<第5便>

うめぼしから、 カナリア諸島~カーボベルデの航行状況<第5便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間 2/27日 1806受信)

201902270900UTC 232883N 0193456W Ato500mile Ima NE6=7m2pon hansou 4kt Kaisei Kinou 2100 NE 7m Port Tack Jib Makitori@

2019年2月27日0900(UTC:世界標準時=日本時間-9h)の現在位置は北緯23度28.83分、西経19度34.56分。あと500マイル。いま北東の風6-7m/s。2ポイントリーフ。帆走4 ノット。快晴。昨日2100UTCに風が北東7m/sに変わったのでポートタックへジャイブし ジブセールは巻き取ったまま

とのこと

うめぼしはカナリア諸島グランカナリア島ラスパルマスからカーボベルデのミンデロに向けて航海中です。

0900UTCの現在位置は出発地グランカナリア島ラスパルマスの西南365マイル。北東の風6-7m/sにメインセールを2段縮帆して南西へ4ノットで帆走中です。風向が北北東から北東へシフトしたのでジャイブして現在はポートタックです。風が少し強まりジブセールは巻き取ったままです。目的地ミンデロまではあと500マイルです。

現在位置: https://www.google.com/maps/place/23%C2%B028'49.8%22N+19%C2%B034'33.6%22W/@25.1330673,-20.3746957,7z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d23.4805!4d-19.576?hl=ja

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月26日 (火)

うめぼし航行状況 カナリア諸島~カーボベルデ<第4便>

うめぼしから、 カナリア諸島~カーボベルデの航行状況<第4便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間 2/26日 1802受信)

201902260900UTC 243730N 0185001W Ato579mile Ima NNE6=5m 2pon hansou 3.5kt Kaisei Kinou 1800 NNE 5m Jibe Starbo Jib Makitori

2019年2月26日0900(UTC:世界標準時=日本時間-9h)の現在位置は北緯24度37.30分、西経18度50.01分。あと579マイル。いま北北東の風6-5m/s。2ポイントリーフ。帆走3.5 ノット。快晴。昨日1800UTCに風が北北東5m/sに変わったのでスターボードタックへジャイブし ジブセールは巻き取った、とのこと

うめぼしはカナリア諸島グランカナリア島ラスパルマスからカーボベルデのミンデロに向けて航海中です。

0900UTCの現在位置は出発地グランカナリア島ラスパルマスの西南285マイル。北北東の風6-5m/sにメインセールを2段縮帆して南西へ3.5ノットで帆走中です。ようやく予報通りの5m/s位の風が来ました。風向が東北東から北北東へシフトしたのでジャイブして現在はスターボードタックです。風が少し強まったのでジブセールは巻き取りました。目的地ミンデロまではあと579マイルです。全航程の約1/3を消化しました。

現在位置: https://www.google.co.jp/maps/place/24%C2%B037'18.0%22N+18%C2%B050'00.6%22W/@24.6272107,-21.0754668,7z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d24.621667!4d-18.8335?hl=ja

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月25日 (月)

うめぼし航行状況 カナリア諸島~カーボベルデ<第3便>

うめぼしから、 カナリア諸島~カーボベルデの航行状況<第3便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間 2/25日 1803受信)

201902250900UTC 253824N 0180677W Ato651mile Ima ENE4=5m 2pon hansou 3kt Kaisei Kinou Yoru Kaze Yowakatta Kion 19do=25do@

2019年2月25日0900(UTC:世界標準時=日本時間-9h)の現在位置は北緯25度38.24分、西経18度06.77分。あと651マイル。いま東北東の風4-5m/s。2ポイントリーフ。帆走3 ノット。快晴。昨日夜 風弱かった。気温19°~25°。

とのこと

うめぼしはカナリア諸島グランカナリア島ラスパルマスからカーボベルデのミンデロに向けて航海中です。

0900UTCの現在位置は出発地グランカナリア島ラスパルマスの西南210マイル。東北東の風4-5m/sにメインセールを2段縮帆して南西へ3ノットで帆走中です。予報では5m/s位の風が来そうでしたが強まらなかったようです。目的地ミンデロまではあと651マイルです。気温は19°~25°で過ごし易そうです。

現在位置: https://www.google.co.jp/maps/place/25%C2%B038'14.4%22N+18%C2%B006'46.2%22W/@24.8283993,-20.3440102,7z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d25.637333!4d-18.112833?hl=ja

おまけ情報: AIS船舶位置情報でうめぼしの状況をみることができます。ダフラ沖合にいる左下向きのピンクの矢印をクリックするとUMEBOSHIと表示され速度と進行方向も表示されます。

https://www.marinetraffic.com/en/ais/home/centerx:-19.6/centery:24.2/zoom:7

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月24日 (日)

うめぼし航行状況 カナリア諸島~カーボベルデ<第2便>

うめぼしから、 カナリア諸島~カーボベルデの航行状況<第2便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間 2/24日 1808受信)

201902240900UTC 262547N 0171594W Ato717mile Ima ENE3m2pon hansou 2kt Kaisei Kinou Yoru Kaze Yowakatta Iruka Kuru 

2019年2月24日0900(UTC:世界標準時=日本時間-9h)の現在位置は北緯26度25.47分、西経17度15.94分。あと717マイル。いま東北東の風3m/s。2ポイントリーフ。帆走2 ノット。快晴。昨日夜 風弱かった。イルカ来る。

とのこと

うめぼしはカナリア諸島グランカナリア島ラスパルマスからカーボベルデのミンデロに向けて航海中です。

0900UTCの現在位置は出発地グランカナリア島ラスパルマスの西南145マイル。東北東の風3m/sにメインセールを2段縮帆して南西へ2ノットで帆走中です。予報では5m/s位の風が来そうでしたが強まらなかったようです。目的地ミンデロまではあと717マイルです。

現在位置: https://www.google.co.jp/maps/place/26%C2%B025'28.2%22N+17%C2%B015'56.4%22W/@26.9311494,-17.3352971,8z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d26.4245!4d-17.265667?hl=ja

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月23日 (土)

うめぼし航行状況 カナリア諸島~カーボベルデ<第1便>

うめぼしから、 カナリア諸島~カーボベルデの航行状況<第1便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間 2/23日 1805受信)

201902230900UTC 272684N 0162914W Ato791mile Ima ENE3m 2pon hansou 3kt Kaisei Kinou 9jikan Kisou

2019年2月23日0900(UTC:世界標準時=日本時間-9h)の現在位置は北緯27度26.84分、西経16度29.14分。あと791マイル。いま東北東の風3m/s。2ポイントリーフ。帆走3 ノット。快晴。昨日9時間機走。

とのこと

うめぼしはカナリア諸島グランカナリア島ラスパルマスからカーボベルデのミンデロに向けて航海中です。

0900UTCの現在位置は出発地グランカナリア島ラスパルマスの西南70マイル。東北東の風3m/sにメインセールを2段縮帆して南西へ3ノットで帆走中です。昨日ラスパルマスを出たときは南東よりの順風だったので縮帆して西へ進み、グランカナリア島西側のブランケットを機走したようです。その後風向が東北東へシフトし軽風・快晴の下を南西へ帆走中です。目的地ミンデロまではあと791マイルです。

現在位置: https://www.google.co.jp/maps/place/27%C2%B026'50.4%22N+16%C2%B029'08.4%22W/@25.1205357,-19.3116612,7.01z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d27.447333!4d-16.485667?hl=ja

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月22日 (金)

ラスパルマスからカーボベルデのミンデロへ

2019年2月22日の朝8時前にラスパルマスのマリーナを出航し約830海里ほどの南西にあるカーボベルデのミンデロのマリーナに向かいます。1日100海里として8日間ほどの航海を想定しています。来週の後半は北東からの10m強の風が吹くようですので少しは早く着くかも知れません。その間はまた宮原さんのお世話になります。

出航前に水本さんから現地では調達が難しい大きな大根と生ハム、生ハムを挟んだビスケットを差し入れして頂きました。ありがとうございました。また北澤さんにはお忙しい中いろいろとお世話をしていただきました。厚く御礼申し上げます。

大根は航海中に半分を食べてしまいました

Img_20190307_085413_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月21日 (木)

出航準備

風予報によると明日22日は比較的穏やかな南東の風が吹くようですのでこの機会にラスパルマスを出航してカーボベルデのミンデロに向かいたいと思います。21日は出航のための準備を進めました。これまではEUの中のシェンゲン協定の国でしたので入出国の手続きはまったく何もしなくてよかったのですがカーボベルデはシェンゲン協定対象外の国ですのでスペインからの出国手続きが必要になります。そこで港の北の端にあるPolicia de Fronterasという事務所に行き出国の押印をしてもらいました。またマリーナオフィスで22日までの2日分8.36ユーロ係留費用を支払いました。そして近くのスーパーマーケットで約8日分くらいの果物や野菜などの食材とビールを調達して準備完了です。

22日朝9時の予報

Lasparmaspolice2_2

港の北東の端にあるPolicia de Fronterasの事務所

Lasparmaspolice

事務所の入り口は海側にありました

Lasparmaspolice1

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月20日 (水)

島内ドライブ

2月20日は宮原さん谷口さん他と一緒にレンタカーでグランカナリア島内のドライブに出かけました。グーグルマップのナビはなかなかの優れもので知らない土地でも何とか目的地まで行くことができます。島の南端にあるマスパロマス灯台までは約60kmですが高速道路に乗るとわずか50分程で到着します。ここは島内でも有数の観光地だということできれいなきめの細かい黄土色の砂浜が広がり多くのリゾート客が訪れていました。こちらのレンタカーはオートマではなくマニュアルチェンジのギアーで尚且つ左右のボタン類が日本国内と逆なので運転をしてれた谷口さんは相当気を遣っておられました。そしてビールも飲めないので疲れもひとしおだったことだと思います。運転ありがとうございました。

ヌーディストビーチの標識

Img_20190220_131053_r_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月19日 (火)

近視用眼鏡

先日の航海中にコクピットでの作業中にちょっとしたはずみでシートが眼鏡に当たり眼鏡を1000mの深さの海の底にプレゼントしてしまいました。元々かなり強度の近視なのですがいつもはコンタクトレンズで過しています。しかし長い航海の途中には結構ベッドに横になっている時間が長くコンタクトレンズを外して眼鏡で過すことが多くあります。先日もキャビンで休憩している時に急に風が吹きだし風力発電機の設定のために急きょコクピットに出て作業をしだしたのですがあいにく眼鏡バンドをしていなかったために落としてしまいました。そこでラスパルマスの街に出て眼鏡屋さんに行き店員の人にいろいろ教えて貰ったのですが近視用眼鏡を購入するためにはPrescription(処方箋)が必須だと言うことなのです。しかもコンタクトレンズをしている時はレンズを外して8時間以上経過しないと検査できないということなのです。そういうことでスペインでの近視用眼鏡の購入は手間がかかることがわかりました。そして発注してから3日後の今日やっと現物を手に入れることができました。

Img_20190219_162705_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月18日 (月)

来客

2月17日にF社ヨット部のメンバー4名(宮原さん、谷口さん、酒井さん、中島さん)が飛行機遅延の影響で1日遅れてラスパルマスに到着されました。さっそく17日の午後にはうめぼしに乗って湾内をクルージングして海からのラスパルマスの街の遠景を楽しみました。そして夕食は中島さんが探してくれた地元の有名ステーキ料理店El Novillo Precozでミディアムレアの肉をいただきました。18日には前回ラスパルマス訪問時に船検用のライフラフト整備をして頂いた水本さんがうめぼしに来られ懇談することができました。

Img_20190217_150555_r

Img_20190217_200419_r

Img_20190217_214102_r

Img_20190217_214127_r

Img_20190217_214036_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月17日 (日)

ラスパルマス在住の宮城さんのご来訪

2月17日は朝10時にうめぼしへ宮城さんが来られました。宮城さんには2年前にライフラフトの取り付け金具をステンレス溶接して作って頂きラフト取り付け用具一式も無償で提供して頂きました。今回も大量のキムチやお米、うめぼし、味噌汁の具などを差し入れして頂きました。本当にお世話になりっぱなしです。宮城さんはラスパルマスに長年住まわれておりお子さん4人お孫さん4人もラスパルマスや近くのスペイン領にお住まいとのことでどうもラスパルマスがお気に入りのようです。ラスパルマスはアフリカ大陸の北西の大西洋上に位置するスペイン領のカナリア諸島の中心都市です。ここは常春の島と言われるように年間を通して春のような気候が続くようで、2月中旬の今でも海水温20度で気温も20度という温かさです。手洗い洗濯も心地よくできます。衣食住のレベルもスペイン本国と同じように先進国並みですし物価も相対的に安く消費税も離島対策として優遇されています。街の治安も良く夜街中を歩いてもそれほど不安を感じないで済みます。このように私もラスパルマスはこれまで訪れた多くの寄港地のなかでもかなり素晴らしい所だと思っていますし宮城さんも同じような感覚なのかもしれません。

1192

| コメント (1) | トラックバック (0)

2019年2月16日 (土)

セウタからラスパルマスへ(続き)

パイロットチャートによれば2月のモロッコ沖はかなりの確率で北東や北の順風が吹くようですがあいにく今回は風が弱かったり違う方向からの風が多かったようです。2月8日朝の8時闇が明け始め明るくなってきた頃あたり一面の濃霧に包まれいるのにはびっくりしました。相対的に海水温が高かったためでしょうか。風も弱く8日は6時間、9日は10時間の機走をして少し沖に向かいました。9日夕刻から北寄りの風が吹き始め10日も良い風が吹き続けました。11日からは北東の風が10m強吹き始めメインセールを2ポイントリーフにしてジブセールは巻き取り真追手で走りましたが後ろからの2m近い高さのうねりのために横滑りの揺れにまたまた船酔いになってしまいました。14日は南7mの向かい風の中ランサローテ島の東側を機走8時間で走り抜けフエルテベントゥラ島との間の海峡を抜けて行きました。島と島の間の海峡は風の通り道になるため風が強くなることが往々にしてあります。メッシーナ海峡もそうでしたがここでも南東の風が急に強まり最大14mまでになりセールをリーフしていても6ノット強のスピードで走りました。変化の多い風の中200時間の航海中の機走時間は44時間、給油80リットル76ユーロでした。ラスパルマスのマリーナ係留料は5泊で31ユーロと格安です。

2月モロッコ沖のパイロットチャート

Pilot_2

海峡

Lasparmas3

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月15日 (金)

セウタからラスパルマスへ

ジブラルタル海峡の南岸にあるスペイン領セウタを2月7日の朝8時に出航しカナリア諸島グランカナリア島のラスパルマスに2月15日16時(現地時間15時)に着きました。総航海距離730海里、期間は8日間と8時間(合計200時間)かかりました。出航時は途中のランサローテ島に寄りたいと思っていましたが想定より時間が掛かってしまいましたので直接ラスパルマスまで行くことにしました。というのもイリジウム通信の航海支援でお世話になっている宮原大彦さんほか4名の皆さんが16日にラスパルマスまで来てくれることになっていてそれに遅れる訳にはいかないということで寄るのをやめにしました。今回航海でまず気になっていたジブラルタル海峡の潮流ですが朝8時に出航して一時間後の9時には第一の岬で逆潮4ノット、10時には第二の岬で逆潮3ノット、11時には第三の岬で逆潮2ノットという感じです。13時から14時頃には3ノット強の連れ潮を感じました。干潮が10時6分でしたのでそのあと3時間くらい経つと西流れが最大になると言うことでしょうか。東流れは強く長く西流れは弱く短いようです。タンジェ沖を16時頃に過ぎ大西洋に出て無事にエンジンを止めることができたのは夕日が沈む19時過ぎ頃でした。

Lasparmas1

Lasparmas

Lasparmas2

10日の夕日

Dscf7818_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

うめぼし航行状況 セウタ~カナリア諸島<第9便>到着!!

AIS(海上交通状況をリアルタイムで表示するシステム)によればうめぼしはラスパルマス港内の突堤のそばに速度0で表示さていますので、目的地へ着いているようです。インターネット環境が整えば現地から状況がアップされると思います。とりあえず速報です。

(日本時間 2/16日 0125掲載)

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

うめぼし航行状況 セウタ~カナリア諸島<第8便>

うめぼしから、 セウタ~カナリア諸島の航行状況<第8便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間 2/15日 1611受信)

201902150700 282810N 144735W Ato39mile Ima WNW4m 2pon Kihansou Kinou 10jikan Kisou Kaikyou Ha Kaze Tuyokatta

2019年2月15日0700(utc:世界標準時=日本時間-9h)の現在位置は北緯28度28.10分、西経14度47.35分。あと39マイル。いま西北西の風4m/s。2ポイントリーフ。機帆走。昨日10時間機走。海峡は風強かった

とのこと

うめぼしはアフリカ大陸北端にあるスペイン領セウタからカナリア諸島グランカナリア島ラスパルマス(当初の目的地ランサローテ島のマリーナカレロから変更しました)に向けて航海中です。

0700UTCの現在位置は目的地グランカナリア島ラスパルマスの東北東39マイル。西北西の風4m/sにメインセールを2段縮帆して南西へ機帆走中です。南の強風の中でランサローテ島とフェルテベントゥラ島の海峡を通過したあと風が変わったようです。この風が続けば15日の夕方には目的地到着しそうです。

現在位置: https://www.google.com/maps/place/28%C2%B028'06.0%22N+14%C2%B047'21.0%22W/@28.4686878,-15.3495097,9z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d28.468333!4d-14.789167?hl=ja

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月14日 (木)

うめぼし航行状況 セウタ~カナリア諸島<第7便>

うめぼしから、 セウタ~カナリア諸島の航行状況<第7便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間 2/14日 1604受信)

201902140700 290992N 131123W Ato32mile SE10m 2pon Calero Ni Yoranai Houkou

2019年2月14日0700(utc:世界標準時=日本時間-9h)の現在位置は北緯29度09.92分、西経13度11.23分。あと32マイル。南東の風10m/s。2ポイントリーフ。カレロに寄らない方向。

とのこと

うめぼしはアフリカ大陸北端にあるスペイン領セウタからカナリア諸島ランサローテ島のマリーナカレロに向けて航海中です。

0700UTCの現在位置は当初の目的地ランサローテ島プエルトカレロ(マリーナカレロ)の東北東32マイル。南東の風10m/sにメインセールを2段縮帆して南西へアビームで帆走中です。当初の目的地プエルトカレロのは寄らずに、ランサローテ島とフェルテベントゥラ島の海峡を抜けて約140マイル先のグランカナリア島ラスパルマスへ直接向かうようです。

現在位置: https://www.google.com/maps/place/29%C2%B009'55.2%22N+13%C2%B011'13.8%22W/@28.689688,-14.7753895,9z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d29.165333!4d-13.187167

上記イリジウムメールのあと通常のe-mailで以下が届きました。(日本時間 2/14日 1916受信)

「今ランサローテ島の東を通過中です。南の8mの風を機走ではしっています。インターネットを使えましたので風予報を確認しました。なかなか難しい風ですね。とりあえずカレロには寄らずにまっすぐラスパルマスに向かいます。夕刻には海峡を抜けられると思います。増田」

とのこと。

宮原

| コメント (2) | トラックバック (0)

2019年2月13日 (水)

うめぼし航行状況 セウタ~カナリア諸島<第6便>

うめぼしから、 セウタ~カナリア諸島の航行状況<第6便>がイリジウムメールで2通届きました。(日本時間 2/13日 1627と1733受信)

<1通目>

201902130700 307070N 120497W Ato112mile NE6m Fullmain Daitaiki Ni Sita Calero Ni Yoruka Mayoichuu

2019年2月13日0700(utc:世界標準時=日本時間-9h)の現在位置は北緯30度70.70分(??)、西経12度04.97分。あと112マイル。北東の風6m/s。フルメイン。代替機にした。カレロに寄るか迷い中。

<2通目>

201902130930UTC 300338N 0120903W Iridium Tanmatu Fuchou Mata Motoni Modosita

2019年2月13日0930(utc:世界標準時=日本時間-9h)の現在位置は北緯30度03.38分、西経12度09.03分。イリジウム端末不調。また元に戻した。

とのこと

うめぼしはアフリカ大陸北端にあるスペイン領セウタからカナリア諸島ランサローテ島のマリーナカレロに向けて航海中です。

0700UTCの現在位置は緯度の値が誤っているので不明ですが目的地まであと112マイルに来ています。風は昨日より少し弱まって北東6m/sとなり、メインセールの縮帆を解いて帆走中です。不調のイリジウム端末を代替機に交換しました。ランサローテ島のマリーナカレロに寄るか、その西南西約100マイルにあるグランカナリア島のラスパルマスを直接目指すか迷っています。

0930UTC発信のメールで現在位置がわかりました。、出発地セウタの南西約520マイル、モロッコの西岸沖合約100マイル。昨日のデイランは約120マイル、ランサローテ島のマリーナカレロまで残りは約100マイルで航程の約85%進んでいます。今後明日にかけて風向が時計回りにシフトして東から南東風に変わっていきます。クォーターからアビームになり明日にはランサローテ島南岸のマリーナカレロ(プエルトカレロ)沖合到着見込みです。

現在位置: https://www.google.com/maps/place/30%C2%B003'22.8%22N+12%C2%B009'01.8%22W/@30.9388802,-16.9587615,6.41z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d30.056333!4d-12.1505?hl=ja

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月12日 (火)

うめぼし航行状況 セウタ~カナリア諸島<第5便>

うめぼしから、 セウタ~カナリア諸島の航行状況<第5便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間 2/12日 1734受信)

201902120700UTC 312897N 0110076W Tanmatu Fuchou Ima0830 NE10m Kaisei Main 2pon Port Tack Nami1.5m Yokoyure Ato208mile

2019年2月12日0700(utc:世界標準時=日本時間-9h)の現在位置は北緯31度28.97分、西経11度00.76分。端末不調。今0830時。北東の風10m/s。快晴。メインセールは2ポイントリーフ。ポートタック。波1.5m、横揺れ。あと208マイル。

とのこと

うめぼしはアフリカ大陸北端にあるスペイン領セウタからカナリア諸島ランサローテ島のマリーナカレロに向けて航海中です。

現在位置は、出発地セウタの南西約400マイル、モロッコの西岸沖合約50マイル。昨日のデイランは約120マイル、残りは208マイルで航程の約65%進んでいます。昨日から続く北東の順風(強風?)にメインセールを2段縮帆して帆走中です。波が大きくなっており、ポートタックのランニングで横揺れが大きいようです。イリジウムの端末が不調のようで、このメールは1時間半遅れで送信されています。このペースが続けば明後日にはカナリア諸島ランサローテ島到着です。

現在位置: https://www.google.co.jp/maps/place/31%C2%B028'58.1%22N+11%C2%B000'45.6%22W/@32.124152,-11.4954307,7z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d31.4828!4d-11.012667

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月11日 (月)

うめぼし航行状況 セウタ~カナリア諸島<第4便>

うめぼしから、 セウタ~カナリア諸島の航行状況<第4便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間 2/11日 1656受信)

201902110700UTC 330595N 093791W Ima NE10m Kaisei Main Sail 2pon Ni Sita Kinou 20ji Kara Fukidasu SMS 3tu Arigato Ato327mile

2019年2月11日0700(utc:世界標準時=日本時間-9h)の現在位置は北緯33度18.10分、西経08度13.69分。いま北東の風10m/s。快晴。メインセールを2ポイントリーフした。昨日20時から吹き出す。SMS 3通ありがとう。あと327マイル。

とのこと

うめぼしはアフリカ大陸北端にあるスペイン領セウタからカナリア諸島ランサローテ島のマリーナカレロに向けて航海中です。

現在位置は、出発地セウタの南西約280マイル、モロッコの西岸沖合約50マイル。残りは327マイルで航程の約45%進んでいます。いまは北東の順風(強風?)にメインセールを2段縮帆して帆走中です。昨晩20時から良い風域に入りました。昨日は前半12H軽風、後半12H順風で100マイル進みました。これから3日間は今の順風が続き、デイラン150マイル位を見込めるので、今の風予報が変わらなければ14日にはカナリア諸島ランサローテ島到着です。

現在位置: https://www.google.com/maps/place/33%C2%B005'57.0%22N+9%C2%B037'54.6%22W/@32.2669074,-12.2340296,7z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d33.099167!4d-9.631833?hl=ja

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月10日 (日)

うめぼし航行状況 セウタ~カナリア諸島<第3便>

うめぼしから、 セウタ~カナリア諸島の航行状況<第3便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間 2/10日 1621受信)

201902100700UTC 341810N 081369W Ima N3m Kaisei Full Sail 2.5kt Kinou 10H Kisou SMS Tasukatta Ato427mile

2019年2月10日0700(utc:世界標準時=日本時間-9h)の現在位置は北緯34度18.10分、西経08度13.69分。いま北の風3m/s。快晴。フルセール 2.5ノット。昨日10H機走。SMS助かった。あと427マイル。

とのこと

うめぼしはアフリカ大陸北端にあるスペイン領セウタからカナリア諸島ランサローテ島のマリーナカレラに向けて航海中です。

現在位置は、出発地セウタの南西約170マイル、カサブランカの沖合約50マイルです。いまは北の軽風にフルセールで2.5ノットで帆走中です。昨日は無風だったので10H機走で約70マイル稼ぎました。あと427マイルです。うめぼしが居るところは高気圧があるので風向は良いのですがまだ弱いかぜ風しか吹いていません。このあと明日にかけて高気圧が弱まりつつ北西へ移動するので3日くらい北東の順風が続き距離を稼げる見込みです。

現在位置: https://www.google.com/maps/place/34%C2%B018'06.0%22N+8%C2%B013'41.4%22W/@35.0220745,-8.3936307,8.06z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d34.301667!4d-8.228167?hl=ja

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 9日 (土)

うめぼし航行状況 セウタ~カナリア諸島<第2便>

うめぼしから、 セウタ~カナリア諸島の航行状況<第2便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間 2/9日 1619受信)

201902090700UTC 345957N 070766W  Ima Mufuu Hare SMS4tu Arigatou Rabat Oki Made Kisou Suru

2019年2月9日0700(UTC:世界標準時=日本時間-9H)の現在位置は北緯34度59.57分、西経07度07.66分。いま無風。晴れ。SMS 4通ありがとう。ラバト沖まで機走する。

とのこと。

うめぼしはアフリカ大陸北端にあるスペイン領セウタからカナリア諸島ランサローテ島のマリーナカレラに向けて航海中です。

現在位置は、出発地セウタの西南西約105マイル、モロッコ西岸の沖合約40マイルです。いまは無風。晴れです。昨日から45マイルしか進んでいません。モロッコのラバト沖からカナリア諸島方面は13日まで北東の順風が続くことをSMSうめぼしのイリジウムあてに送ったので、これからそこまで機走します。

現在位置: https://www.google.com/maps/place/34%C2%B059'34.2%22N+7%C2%B007'39.6%22W/@34.9718299,-7.9471869,8.27z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d34.992833!4d-7.127667?hl=ja-JP

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 8日 (金)

うめぼし航行状況 セウタ~カナリア諸島<第1便>

うめぼしから、 セウタ~カナリア諸島の航行状況<第1便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間 2/8 1640受信)

201902080730UTC 352677N 062328W 1600UTC Tuuka Ima Mufuu Noumu Turesio 1kt SMS3tu Arigatou

2019年2月8日0730(UTC:世界標準時=日本時間-9H)の現在位置は北緯35度26.77分、西経06度23.28分。1600UTC通過。いま無風。濃霧。連れ潮 1ノット。SMS 3通ありがとう。

とのこと。

うめぼしは昨日朝(2月7日0700ごろUTC)にジブラルタルの対岸でアフリカ大陸北端にあるスペイン領セウタを出港してカナリア諸島ランサローテ島のマリーナカレラに向けて航海中です。

現在位置は、出発地セウタの西南西約60マイル、モロッコ西岸の沖合約15マイルです。ジブラルタル海峡は昨日午後おそく1600UTCに通過しました。いまは無風。濃霧。連れ潮 1ノットです。モロッコ西岸よりの南からの軽風と沖合の北西からの軽風の境目に居るようです。もう少し沖だしして岸から30-40マイル離れればこのあとしばらく北西~北東からの軽風が続く見込みです。今回の船出は穏やかな海況なので船酔いには悩まされていないようです。最後の1文はSMSでうめぼしのイリジウムあてに送った風予報のお礼です。

現在位置: https://www.google.com/maps/place/35%C2%B026'46.2%22N+6%C2%B023'16.8%22W/@35.1910466,-7.1388342,8.54z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d35.446167!4d-6.388?hl=ja

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 7日 (木)

セウタからカナリア諸島ランサローテ島のカレラへ

2月7日(木曜日)の朝8時過ぎにセウタのマリーナを出航し南西600海里強にあるカナリア諸島ランサローテ島のマリーナカレラに向けて航海を始めます。1日100海里だとすると6泊7日の行程になる予定です。ジブラルタル海峡の潮の流れを把握できていないところが不安な点です。10時6分が干潮なのですが一昨日の経験から海峡の潮の流れは11時から12時頃に西流れが最大になるのではないかと想定しています。そして今後はしばらくの間、宮原さんのリモートナビゲーションに頼りたいと思っています。よろしくお願いします。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 6日 (水)

モロッコ観光

2月6日は朝からモロッコの世界遺産テトゥアンの旧市街(メディナ)の観光に出かけました。朝9時半頃にマリーナを出て歩いて国境まで行きそのまま歩いてイミグレーションを通りスタンプを押してもらいました。歩道は比較的空いていましたが車道の方はかなり車が並んで渋滞していました。特にモロッコ側からセウタに入るほうの車道は1km以上の車列が連なっていました。国境を超えて少し歩くとタクシー乗り場がありテトゥアンまで相乗りで行きたいというとすぐにタクシーに連れて行かれ17ディルハムと言われ2ユーロを渡すとおつりをくれました。乗車席3列の普通乗用車にお客が6名乗り約45km1時間程のドライブです。道路はきれいに整備されており街路樹や街灯もありました。11時半頃にメディナの中心部に到着しさっそくスーク(市場)や街並みを見て歩きました。石作りのカラフルな家が立ち並び狭い路地が交錯する迷路のような街並みですが南欧の旧市街よりも明るい感じがしました。一つ一つの家は狭くそれほど豊かさは感じられませんでしたが清水が豊富で家の周りもきれいに清掃されており住んでいる人は明るくそれぞれの仕事に励んでいるという感じを受けました。何となく江戸時代の日本に似た雰囲気なのではないかと想像していました。帰りも2ユーロの乗合タクシーに乗ってセウタまで行き国境を越えてバスに乗りマリーナに2時過ぎに着きました。5時間5ユーロのテトゥアン観光の旅でした。

Tetouan

Tetouan2

Tetouan1

国境

Dscf7796_r

客6人乗りのタクシー

Dscf7797_r

テトゥアンの街並み

Dscf7799_r

Dscf7801_r

Dscf7800_r

Dscf7802_r

Dscf7803_r

城壁

Dscf7806_r

Dscf7807_r

セウタのマリーナに停泊中の巨大カタマランYANBOに乗っているKikeさんがツナの瓶詰を差し入れしてくれました。一昨年カーボベルデで一緒だったそうです。海の仲間はこんなところが素敵ですね。

Dscf7810_r

右がKikeさん

Dscf7809_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 5日 (火)

セウタに到着

2019年2月5日12時30分にセウタのマリーナに到着しました。当初は4日の夕刻くらいまでには着きたいと思っていましたが予想以上に時間が掛かってしまいました。その理由はいくつかあります。一つ目は3日の朝出航時は無風又は弱い風でしたが午後2時頃から風速10m程の西風が吹き出し夜まで吹き続けたことです。そのため西に向かうのを諦め南寄りのコースで半分漂っていました。二つ目は船底に着いた藻や藤壺の影響と思われますが機走の速度が1ノット位遅かったことがあります。そして3つ目はジブラルタル海峡の潮流です。地中海の塩分濃度の濃い海水は海底付近を西向きに流れ海面表面付近は塩分濃度の薄い大西洋の海水が東向きに流れることが多いようなのです。そのため向かい潮になる時間が多くなかなかスピードに乗れなかったように思われます。総航海距離は158海里、航海時間は51時間、機走時間36時間でした。給油60リットル50.5ユーロ。(昨年の半値)係留料は20.55ユーロ。

Photo

Ceuta

セウタにもやわれたうめぼし

Dscf7791_r

航海中は快晴でした

Dscf7790_r

セウタの街並み

Dscf7792_r

Dscf7793_r

Dscf7794_r

Dscf7795_r

Dscf7808_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 3日 (日)

アルメリマルからセウタへ

2019年2月3日の朝9時過ぎにアルメリマルを出航し西南西方面に140海里ほどのジブラルタル海峡の南側にあるスペイン領セウタに向かいます。一泊二日の予定で4日の夕刻には着きたいと思います。アルメリマルでは大変お世話になったフミさんが見送りに来てくれました。ありがとうございました。

フミさん仕事休みなのにありがとうございました

Dscf7787_r

出航直後のシェラネバダ山脈の雪

Dscf7788_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 2日 (土)

雨漏れ対策のバウカバー

アルメリマルのマリーナ敷地内にあるセールメーカーAnc-SailsColin Dixonさんに作成依頼していたバウのアカ漏れ防止用のカバーが出来上がってきました。カバーの周囲をマジックテープで艇に固定する方式です。出航した後に設置する運用で航海中のみ使用することになります。製作費280ユーロでした。また昨年の8月末から今年の1月末まで5か月間アルメリマルのマリーナに係留していましたのでハルの水面近くの部分にかなりの藻や藤壺が付着していました。ケルヒャーの高圧洗浄機とボートフックを使って水面近くだけは軽く付着物を落としました。しかし水面下の部分はまだ付着していると思われますのでどこかで清掃作業が必要です。

バウカバーを作ってくれたコリンさん(右)と仲間

Dscf7780_r

Dscf7786_r

ハルに付着した藻

Dscf7781_r

清掃後

Dscf7785_r

Dscf7784_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 1日 (金)

ラファエロさん宅でのパエリア昼食会

2月1日は14時にフミさんに迎えに来てもらってラファエロさん宅を一緒に訪問しました。ラファエロさん一家のパエリア昼食会に招待して頂いたのです。大きなパエリア用鍋に大きなエビ、イカ、あさり貝、ムール貝などがたくさん入っていてコロランテという黄色の着色材で真っ黄色に炊き上がったパエリアは辛味や塩気が少なく海鮮の出汁を中心に比較的薄味に仕上がっていて非常に美味しく頂くことができました。ビール、ワイン、サラダ、チーズ、イカ天、ムール貝などサイドメニューもあり食後にはプディングとブランデー入りコーヒーという至れり尽くせりの昼食会でした。

Dscf7782_r_2

左から娘のシルビアさん、ラファエロさん、奥さん

Dscf7783_r_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

風待ち

こちらは最低気温12度、最高気温16度と東京に比べれば暖かいはずですが西からの風速15m以上の強い風が吹き抜けていて夜は結構寒く感じます。日本にいた時と同じ厚手のジャンパーを羽織って丁度よいくらいです。30日から2月2日まではスペインの北に大きな低気圧があってそこに吹き込む強い風が続くようです。1日の午前中には風に加えて雨も降りました。風待ちの間に艇の確認や装備のチェックを進めています。ハンディVHF端末は電池を交換したら動くようになりました。オートパイロットのNO3のモーターを新品に交換しました。宮原さんからの提案でイリジウムのSMSの送受信のテストを行いました。こちらからの送信は英数字だけで一件160字まで送ることができます。受信は漢字を含む日本語の通信が可能で1件50文字まで受信でき更に受信料は無料です。AISも正常に動いているようですし確認した範囲では艇の装備については特にトラブルは無さそうです。いまのところ出航は2月3日を予定しています。

20190201_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月30日 (水)

うめぼしに戻ってきました

2019年1月29日に成田から日本を出国しヘルシンキ経由でマドリッドに入りました。ヘルシンキの雪の影響でマドリッド到着が2時間ほど遅れたほかにはさしたるトラブルもありませんでしたが飛行機の中に10時間以上缶詰になるのはいつもながら辛い行程です。日本との時差が8時間あるマドリッドに29日の22時15分に到着しメトロに乗ってアトーチャ近くのバスターミナルに行きそこから23時59分発の夜行バスに乗ってエルエヒドに着いたのが30日の朝の7時15分です。エルエヒドからローカルバスに乗り8時頃には無事にアルメリマルに着きました。2019年のうめぼし航海の再開です。

Img_20190130_212225_r

30日の夜20時から近くのタパスバーでフミさんとラファエロさんと一緒にワインとタパスを頂きました。フミさんにご馳走になってしまいました。ラファエロさんはセウタの出身だそうでセウタの街を紹介してもらいました。

| コメント (4) | トラックバック (0)

2018年11月18日 (日)

長距離航海懇話会小集合に参加

11月17日(土曜日)に東京夢の島マリーナで長距離航海懇話会小集合が開催され、「ドローンで自分のヨットを撮影したい!」というテーマで坂田和保さんのお話を伺いました。ドローンメーカー大手DJIの製品を例にとって機種選定のポイント(重量、飛行時間、コスト)、法規制、保険、操縦法、ヨットでの運用上の注意点など有意義かつ貴重な内容でした。自動姿勢制御については相当進化してきていると感じましたが、通信不良になることがままありその対応への配慮が重要であるということを学びました。またマストトップのチェックなど艇の整備にも応用が可能であるということも新たな気づきでした。

ドローンで撮影した集合写真

46397984_1516646361772050_702719901

| コメント (4) | トラックバック (0)

2018年10月16日 (火)

2018年の航海のまとめ

うめぼし航海は2014年に博多湾を出航してから沖縄、東南アジア、南アフリカを回って地中海に入りました。昨年の冬はトルコの南西岸にあるマルマリスのマリーナで越冬し今年の4月から航海を再開しました。今年の航海はこれまでのシングルハンドと異なりケロニアメンバーのベテラン横山さんに同乗して頂くことになり教えられることも多くそしてまた安全で安心の航海をすることもできました。航海ルートはマルマリスからクニドス、ディディム、クシャダスとトルコ西岸を北上しギリシャのサモス島、アモルゴス島、サントリーニ島、イオス島、ナクソス島、パロス島、ミコノス島、ティノス島、シロス島、アンドロス島、ケア島、エギナ島、サラミス島とエーゲ海の島々を巡りました。5月23日にアテネ近くのサラミス島のサラミナマリーナに艇を置いて一時帰国(横山さんは艇に滞在)し6月15日に戻ってきて航海を再開しました。コリント運河を渡りコリントス、パトラ、ケファロニア島、コルフ島を経由してモンテネグロのブドバ、コトルに寄りクロアチアのドブロブニク、コルチュラ、フヴァル島、ヴィス島、スプリト、トロギール、スクラディン、シベニクを巡りました。その後アドリア海を渡りイタリアのマンフレドニア、バーリ、ブリンディシを経由してメッシーナ、カターニア、シラクーサとシチリア島の南岸を回ってパレルモに入りました。そしてリパリ島、ストロンボリ島、アマルフィ、ソレントを経由してナポリ近くのトレデルグレコのマリーナに入りました。ここで8月15日に横山さんが艇を降りて帰国されました。その後サルディニア島のパラウ、コルシカ島のボニファシオ、メノルカ島、マヨルカ島、イビサ島を経由して8月30日にスペインのアルメリマルに着きました。マルマリスからアルメリマルまでの総航海距離は3287海里、航海時間は707時間、平均速度4.6ノット、機走時間607時間、軽油消費量1049リットル、平均1時間当たり1.7リットル消費です。今年の航海の総経費は約220万円で、その内訳は艇のメンテナンス費用55万円(内訳セール新調の残金21万円、上架セールドライブ修理10万円、バッテリー交換6万円、艇名板とメーター5万円、イリジウム利用料6万円その他7万円)、係留費用43万円(最高値はスプリトの一泊11700円)、燃料代21万円、飛行機代26万円、保険料13万円、食費等生活費56万円です。今年の航海も地中海の中だけで比較的のんびりとした観光中心のものになりました。そういうことで今年遭遇したトラブルは比較的少なく主なトラブルとしてはセールドライブのギアオイルの白濁、マリーナのもやいロープのプロペラへの巻き付き、浮遊ロープのプロペラへの巻き付き、荒天時のキャビン内への雨漏りなどです。地中海クルージングでは寄港地の選択が大切な要素の一つになります。マリーナに係留するかそれともアンカーリングするか。マリーナによっても係留料金には大きな差があります。そういう意味でもパイロットブックは必携の本だと思います。今年も各地でいろいろな人にお世話になりました。イズミルではJIKAD(日本イズミル文化友好協会)の中沢さんほか関係の皆さんに大変よくご対応頂きました。アテネ近くのサラミナマリーナではPaulさん他にお世話になりました。お陰様で艇を上架できセールドライブの修理をすることができました。そしてソレントやトレデルグレコではPaoloさん千晶さんご夫妻にご自宅でご馳走になったりマリーナに格安で係留させてもらったりとお世話になりっぱなしでした。そして長航会のアルメリマル大集合では大野さんフミさんほか参加された多くの皆さんにお世話になりました。ありがとうございました。

Photo

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月11日 (木)

スペイン国内観光

10月2日から10日まで妻の邦子がスペインに来て一緒に車でスペイン国内観光をしました。マドリッド、セゴビア、コルドバ、アルメリマル、グラナダ、トレドと回り10日にマドリッドの空港を無事に出国し、11日の朝8時に羽田空港に帰り着きました。マドリッドではてまりの関山さんご夫妻と会食をしました。またアルメリマルではフミさん、橋本さん、橋口さんといかりで美味しい鮨をいただきました。皆さんありがとうございました。来年1月29日の飛行機でアルメリマルに行き航海を再開する予定です。

関山さんご夫妻とマドリッドのラ・ボラにて(巨大ワインボトルが出てきました)

Dscf7685_r

アルメリマルのいかりを出たところで橋本さん、橋口さん、フミさん

Dscf7699_r

美味しいいかりのお鮨

Dscf7696_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月30日 (日)

ブエナビスタ(Buena Vista)でのクルージング

9月30日は橋本さん・橋口さんの42フィートカタマランのブエナビスタにご招待頂きデイクルージングに出かけました。出航時は晴天微風でしたが昼から風速5mほどの風が吹き艇速5ノットの帆走も楽しむことができました。5ノットの速度で帆走していてもワイングラスが倒れないという大型カタマランの乗り心地はすばらしいものでした。

Dscf7636_r

Dscf7637_r

42834237_1744819632295078_393148796

42845506_2184202275192306_411332728

42874282_2172426709640436_563432279

42960371_2228976044018970_261919004

42971945_696672577355112_1611658367

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月29日 (土)

長航会の貸し切りバスツアー

9月29日はフミさんのガイドによるアルメリア近郊のバスツアーに出かけました。まずはアルメリアの11世紀にアラブ人によって造られたアルカザバの城壁を眺め次にその北にある陶器工場のセラミカ・デ・アラビアを見学し、白い村が点々としているアルプハラ地方のなかの一つの小さな村オアネスを散策しました。そしてメゾン・ラ・ファブリクイラというレストランで昼食をとりBodegasというワイナリーでワインの試飲(2ユーロ)をして帰ってきました。

Photo

陶器工場アラビアの商品展示コーナー

Dscf7648_r

白い村オアネス

Dscf7652_r

ワイナリーBodegas

Dscf7656_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月28日 (金)

長距離航海懇話会の地中海大集合

9月27日から長距離航海懇話会の地中海大集合が始まりました。28日午前の会議では垣見さんの司会に始まり大野理事長の挨拶、フミさんの講演、現地中古業者と保険業者の講演がありました。現在把握できている範囲でヨーロッパに日本人艇が13艇いてそのうち現在アルメリマルに5艇が滞在しているそうです。今回の大集合の参加者は15名で日本からも7名参加されました。懇話会は長距離航海のための情報交換の場として設立され10年周年になります。10周年記念としての今回大集合は地中海のヨット市場やヨット保険の状況など地中海を航海している若しくはしようと検討されているかたにとって非常に有益な情報交換の場になったものと思います。

大野理事長からフミさんへ感謝状と記念品が贈呈されました

Dscf7645_r

27日夜の懇親会

Dscf7639_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月21日 (金)

バッテリー交換

9月21日スペインのアマゾンで購入(56400円)したバッテリー(12V 120Ah Deep Cycle)3台が届きました。購入に当たっては配達先の指定などを含めてフミさんに大変お世話になりました。しかしスペインのアマゾンの配送トラッキングシステムでは19日20時配達となっているものが実際に配達されたのは21日の12時です。やはり時間に対する感覚が日本とはかなり異なっているのでしょう。それでも配達のドライバーは親切で3台のバッテリーが一つのパレットに乗っていて82kgもある荷物を艇の前まで運んでくれました。前回は約2年前の16年8月に南アフリカのリチャーズベイで交換(約45000円)しています。使い方が荒っぽいせいなのでしょうか約2年毎に交換しなければいけなくなっています。もっともいつもは使っていないもう一つの予備のバッテリーは4年半前のものがいまだに元気な状態なのですが。交換するときに注意しないといけないことのひとつはバッテリーのサイズです。今回はまったく同じサイズのものを購入したつもりでしたが電線をつなぐボルトの太さと位置が微妙に違っています。バッテリーの配線は流れる電流が大きいので電線も直径5mm以上ある太いものが使われていて少しでも長さが異なると上手く繋がりません。今回はいろいろ四苦八苦した結果何とかこれまでの配線を使って交換することができました。

配送してくれたドライバー

Dscf7631_r

82kgある荷物

Dscf7632_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月19日 (水)

てまりの入港

9月19日(水)は12時前に関山さんご夫妻が乗っておられる「てまり」がアルメリマルに入港してきました。てまりはALUBAT OVNI435というアルミ製の豪華ヨットでこれまでの8年間で地中海、カリブ海、ヨーロッパ各地を航海してきましたがここアルメリマルで終止符を打って終わりにするそうです。今晩はさっそくフミさんの手配で慰労会をすることになっていますので8年間のお話を伺いたいと思います。

てまりのブログ

https://blog.goo.ne.jp/temari0408

Dscf7626_r

Dscf7627_r

てまり歓迎会(慰労会)ではタパスバーのハシゴになりました。2軒目のNauticoにて

Dscf7630_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月15日 (土)

アルメリマルでの越冬

今年の航海は今いるアルメリマルで終わりにすることにしました。これまではカナリア諸島のラスパルマスまで行ってそこで越冬するつもりでいたのですがラスパルマスのマリーナが満杯で予約できなかったことと、9月末にアルメリマルで長距離航海懇話会の秋の地中海大集合がありそれに参加しその後10月に妻がスペイン旅行に来ることになりその機会に妻と一緒に日本まで帰ることにしたためです。アルメリマルには8月30日から来年1月末まで5か月間お世話になることにして係留料113千円を支払いました。この間にいつもはなかなか手を付けきれない艇のメンテナンスや整理整頓、清掃などを少しずつ進めています。バッテリー4台のうちいつも使う3台が2年で駄目になったのでフミさんに手伝ってもらってスペインアマゾンから新しいバッテリーを安く購入したり、バウの海水漏れの対策としてバウカバーを新たに注文したりしています。また昨晩はフミさんにタパスバーに誘って頂き会食をしたり今日はマリーナ西側のレストラン「Latita」でパエリアをご馳走になったりとゆっくりした時間を過ごしています。来年は2月上旬にアルメリマルを出航しラスパルマスを経由してカリブ海に向かう予定です。

「Latita」にてパエリアをご馳走になりました(左からフミさん、アントニオさん、奥さんのマリベルさん)。マリベルさんはパエリア料理の名人だそうです。

Dscf7622_r

現地のセールメーカーのコリンさんにバウカバーを注文しました

Dscf7621_r

事前の型取りをしているところ

Dscf7619_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月11日 (火)

美帆メンバーの帰国

9月11日、美帆メンバー3名(辻村さん、野村さん、古賀さん)が帰国の途に就かれました。エル・エヒドの街のバスターミナルまでフミさんの車で送って貰いバスでマラガまで行きそこから飛行機で帰られるとのことです。アルメリマル滞在中は大変お世話になりました。毎晩のようにジャヌー45.2の美帆の広いキャビンでの夕食兼宴会に押しかけ美味しい料理をご馳走になり楽しくかつ興味深い話を聞かせて頂きました。お陰様で来年の概ねの航海計画が見えてきました。

ハッチを締めて下船する(左から)辻村さん野村さん古賀さん

Dscf7617_r

昨晩は辻村さんの誕生会兼さよなら会にハーバーマスターのアントニオ夫妻も

Dscf7616_r

野村さんお手製のちらし寿し

Dscf7615_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 9日 (日)

フミさん主催のパエリアパーティー

9月9日は14時からアルメリマルの東岸にあるレストラン「フラミンゴ」でフミさん主催の「美帆お別れ」のパエリアパーティーがありました。辻村オーナーの美帆に乗られている辻村さん、野村輝之さん、古賀道明さんが艇をアルメリマルに置いて日本に帰国されるということでのさよならパーティーです。野村輝之さんはシーガル号で世界一周や太平洋周回などをされた長距離航海のレジェンドです。そして古賀道明さんも太平洋横断をされたヨットの達人です。いろいろなことを教えて頂きました。

野村さんのホームページ

http://www38.tok2.com/home/yachtsman/

古賀さんのホームページ

http://tsuyotakalogbook.blog.fc2.com/

Dscf7611_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 2日 (日)

アルメリマルに滞在

8月30日からしばらくの間アルメリマルのマリーナに滞在して少し時間のかかる整備などに取り組みたいと思っています。9月1日はポンプの調子が今一歩だったトイレの全分解清掃をして何とか普通に動くようになりました。デッキからの水漏れ対策をしなくてはならないのですがこれが大仕事でなかなか手に着きません。

毎晩、辻村さんの美帆にお邪魔してご馳走になっています

1535838193883

フミさんのfacebook

https://www.facebook.com/fumi.hayashi.108?fref=pb&hc_location=profile_browser

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月30日 (木)

ポルトマンからアルメリマルへ

8月29日の朝7時にポルトマンの入り江からアンカーを上げて出航しました。天気は快晴、午前中は北東の風が3~5m、午後からは南西の風が3~5mほど吹く中を機帆走で走り、夜になってから少し帆走をしました。30日の朝3時40分から機帆走を開始して10時10分にアルメリマルのマリーナに到着しました。総行程119海里を27時間かけて走りそのうち帆走は3.5時間でした。給油ステーションで52リットル(70ユーロ)補給し満タンになりました。

Almerimar

Almerimar1

29日の午後は久々の釣果(小ぶりのかつお4尾)がありました

Dscf7603_r

アルメリマルのマリーナでは林フミさん、美帆の辻村さん、つよたかの古賀さんに出迎えて貰いました。

1535639708645

午後からフミさんの新車でエルエヒドとアルメリアの警察(VISA取得)連れて行ってもらいました

Dscf7604_r

アルメリマルに到着した30日の夜20時からフミさんにタパスバーにて歓迎会をして頂きました。(左から野村さん、私、フミさん、古賀さん、辻村さん)

1535700468238

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月28日 (火)

イビサ島のサントアントニからスペイン本土のポルトマンへ

8月27日(月)の朝8時10分にサントアントニのES Nauticマリーナを出航しアルメリマルに向かいました。風予報ではここ3日ほどは東または北の風が適度に吹くようですので風の様子を見ながら行けるところまで行ってみようと言う腹積もりです。11時頃から南東の風が4~5m程吹き出し帆走に切り替えました。27日の夜も時々弱まったりしながらも吹き続けて自動帆走にして翌朝の7時に起きると72海里走っていました。7時から機走を始め18時半にカルタヘナ近くのポルトマンという町の小さな入り江にアンカーリングをしました。ここまでの走行距離は137海里です。残りは120海里ほどあり2日は必要なのですがここで風予報を見ると明日29日の夜までは穏やかな風のようですが明後日30日の午後から31日にかけて東寄りの風が強まりそうです。どこかで風待ちをしないといけないかもしれません。

Portman

Portman1

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月26日 (日)

イビサ島のポルティナチュからサントアントニへ

8月26日(日)は早朝の2時頃アンカーから音が聞こえたのでコクピットに出てみると隣のカタマランと2mほどで並んでいます。GPSマップのスイッチを入れて確認すると70m位西に流されています。東の風が3~4m程吹いていますがそれほど強くはありません。水深は5mほどで深くは無いのですがチェーンの長さが足りなかったのかかかりが悪かったのか流されてしまいました。幸い月明かりもあり周りのヨットがぼんやり見えますのですぐにアンカーを上げて東へ50mほど移動して再度アンカーを入れました。今度は夜明けまで大丈夫でした。朝も少し強い風が吹いていてゆっくり朝食を済ませてから8時45分に出航しました。快晴で東の風が6~7mほど吹いています。帆走を2時間半ほど入れて13時15分に18海里ほど離れたサントアントニのマリーナに係留が完了しました。

Eivissa2

Eivissa3

Port IBに入るつもりが間違ってClub Nautic Sant Antoni(ES Nautic)に入ってしまいました(一泊48ユーロ)。でもなかなかよいマリーナです。給油39リットル=57ユーロでした。

Dscf7602_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月25日 (土)

マヨルカ島のソーイェルからイビサ島のポルティナチュへ(Soller to Portinatx)

8月25日(土)は朝の7時45分にソーイェルのマリーナを出航しイビサ島の北端にある錨泊地を目指しました。天気は曇りのち晴れ北寄りの風が3m~6m程適度に吹く中を機帆走で70海里を走り19時50分にポルティナチュの入り江の中にアンカーリングすることができました。エンジンを2200rpmで回し平均6ノットで12時間という急ぎ旅になってしまいました。

Eivissa

Eivissa1

アンカーリング地点からの景色

Dscf7599_r

Dscf7600_r

Dscf7601_r

| コメント (1) | トラックバック (0)

2018年8月24日 (金)

マヨルカ島のポリェンサからソーイェルへ(Pollenca to Soller)

8月24日(金)は朝の7時半にポリェンサのマリーナを出航し半島をぐるっと回って36海里走り15時半にソーイェルのマリーナに係留が完了しました。天気は快晴で風は弱くセールを上げたものの機走中心でした。途中、高気圧と高気圧の狭間にできる気圧の谷の帯にできると思われる積乱雲の細長い帯が南北に伸びているところに遭遇し、始め帯は西に動いていましたがそのうち消滅しその後また現れて今度は東に移動して行きました。帯の東側では弱い東風が吹き、西側では弱い西風が吹きました。マヨルカ島の北西岸は切り立った崖になっているところが多くまたところどころに深い入り江になっているところもありそこに係留しているヨットも多く見かけました。

Soller

Soller1

Formentor岬の灯台付近

Dscf7588_r

Dscf7590_r

Dscf7591_r

Dscf7592_r

北西岸の岩の多い海岸線

Dscf7593_r

24日11時のプレディクトウィンドの風予報

Soller2

ソーイェルのマリーナから街を望む(一泊27ユーロ)

Dscf7595_r

パルマまで連絡しているレトロ風の電車

Dscf7594_r

Dscf7596_r

夕食はタパスの盛り合わせ

Dscf7597_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月23日 (木)

メノルカ島のFornellsからマヨルカ島のポリェンサへ

8月23日(木)は朝の6時20分にFornellsのマリーナを出航し70海里ほどの距離のマヨルカ島のSollerを目指しました。デイランとしては距離が長いので快晴西の風が弱く吹く中機走2100rpmと少し急ぎ気味で走りました。9時頃に突然スクリューの回転数が落ちましたのですぐにエンジンを止めてペラルックからプロペラを確認すると黒っぽいものが引っかかっています。ボートフックを突っ込んで引き上げるとロープが上がってきました。しかしどうしてもプロペラから外れないので手の届く範囲のロープを切り取りエンジンをかけると何とかプロペラは回っています。とりあえずそのまま走ることにしてただ用心のためにSollerよりも近いポリェンサに向かうことにしました。16時半にポリェンサのマリーナに着き給油ステーションで給油(17リットル=25ユーロ)してマリーナ情報を教えて貰いました。そのまま公営のPort IBのほうのマリーナオフィスに行き手続きを済ませてから艇を指定の場所にもやいました(一泊24ユーロ)。そしてプロペラのロープを取り除くためにウェットスーツを着て潜りました。作業は簡単に5分程で終わり18時には今日の仕事を終えることができました。

総行程52海里

Pollensa

Pollensa1

ポリェンサのマリーナから

Dscf7581_r

プロペラに絡まったロープ

Dscf7580_r

ポルト・デ・ポリェンサの街並み

Dscf7582_r

Dscf7584_r

上陸用テンダーのたまり場、沖には錨泊のヨットがたくさん

Dscf7583_r

アンカーリングしているヨットの群れ

Dscf7585_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月22日 (水)

メノルカ島のマオン散策

8月22日(水)の朝は静かに明けました。前夜は絶好の錨泊地で風もなくまったく揺れを感じることなく爆睡していたようです。ゆっくり朝食をとってから8時過ぎにマリーナに移動しました。マリーナの入り口に給油ステーションがあり人がいます。そこでまずは給油することにして給油ステーションにもやいました。そこにいた人はこの付近のブイをヨット向けに貸し出す仕事をしている人でXaviさんといいます。今日の出会いはここから始まりました。Xaviさんに2つのマリーナ情報を教えて貰いVHFで問い合わせたところ一つは満杯でもう一つは10時から営業開始ということでした。間もなくすると給油ステーションの従業員が出勤してきて25リットル(40ユーロ)を入れてすぐにステーションを離れ10時までの時間待ちをしているとXaviさんがテンダーで寄ってきて自分のブイを使って10時まで待てと言います。ブイで10時まで待ってVHFで問い合わせたところ午後4時以降であればOKとの返事です。午後4時までは待てませんので断ってそのままマヨルカ島に行くことにしてXaviさんにお礼を言いに行くとまた自分でもう一度マリーナに確認を取ってくれました。そして4時まで自分のブイで待ってはどうかと言います。10時から4時までは仲間のIsaさんがマリーナまで送迎してくれるというのです。これに甘えて4時までXaviさんのブイにもやってメノルカ島の中心地マオンまで観光に行ってきました。夕刻Club Nautic Fornellsに移動し(一泊45ユーロ)欲しかった清水を補給することができました。Xaviさんはブイの使用料はいらないの一点張りです。ありがとうございました。

錨泊地から給油ステーション、ブイ1、ブイ2、マリーナと移動しました

Fornells

給油ステーションのXaviさん

Dscf7563_r

マリーナまで送迎をしてくれたIsaさん

Dscf7565_r

ブイから見たFornellsの街並み

Dscf7564_r

マオンの街並み

Dscf7571_r

Dscf7569_r

Dscf7567_r

Dscf7573_r

Dscf7575_r

Dscf7576_r

セントエスプラナーダ広場前のカフェレストランで(25ユーロ)

Dscf7577_r

メノルカ島は17世紀に70年間イギリスの支配下に在ったということでイギリスの文化が色濃く残っているというガイドブックの説明がありその内容を案内所の人に聞くと日当たりの良い出窓(地元では必要ない)が昔の建物に残っていたりハノーバー通りというようなイギリス風の地域名称がたくさん残っているということでした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月21日 (火)

コルシカ島からスペインのメノルカ島へ(到着)

8月19日朝7時55分にフランスのコルシカ島ボニファシオを出航し東へ245海里航海しスペインのバレアレス諸島のメノルカ島の北岸の入り江の中にあるFornellsの錨泊地に8月21日20時40分にアンカーリングが完了しました。2泊3日時間にして61時間の航海で良い風に恵まれエンジンを回した時間は16時間でした。

Manorca

Manorca1

途中積乱雲の列にまた遭遇しました

Dscf7561_r

Dscf7562_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月19日 (日)

コルシカ島からスペインのメノルカ島へ

8月19日は朝8時にフランスのコルシカ島ボニファシオを出航し240海里ほど東にあるスペインのバレアレス諸島のメノルカ島に向かいます。3泊4日の航海を予定しています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月18日 (土)

サルディニア島のパラーウからコルシカ島のボニファシオへ(Palau to Bonifacio)

8月18日(土)は朝の8時20分にパラーウの港からアンカーを上げて17.5海里北西にあるコルシカ島のボニファシオに向かいました。快晴無風の中、国立公園のラ・マッダレーナ諸島を通り過ぎ、風が強いと言われるボニファシオ海峡を横切って行きました。ボニファシオ海峡では前線のような細長い入道雲の列を通り過ぎるときに雷と大粒の雨に見舞われましたが特に風は吹かずに12時に無事にボニファシオ港のPort de Plaisanceにもやいをとることができました。

Palau1

Palau2

ラ・マッダレーナ諸島のスパルジ島

Dscf7547_r

ボニファシオ海峡かかる前線のような細長い入道雲の列

Dscf7548_r

Dscf7549_r

丘の上に建ち並ぶボニファシオの町

Dscf7552_r

Port de Plaisanceにもやわれたうめぼし(一泊21.5ユーロ)。ここで軽油80リットル(129ユーロ=約16800円)を補給し、プロパンガス45ユーロを購入、ビール、ワイン、飲料水、果物など食材を調達しました。

Dscf7553_r

Dscf7554_r

丘の上から眺めたPort de Plaisance

Dscf7556_r

丘の上から南東方面を臨む

Dscf7559_r

ボニファシオの町

Dscf7557_r

Dscf7558_r

夜は色が変わるライトアップがあり夜中の1時まで音楽が鳴り響き賑やかでした

Dscf7560_r

コルシカ島南部は深い入り江や島が多くヨットにとっては絶好のクルージングポイントのようです。またボニファシオの港は入り江観光の拠点になっており数多くの観光船が出入りしています。サルディニア島側の国立公園ラ・マッダレーナ諸島を含めヨットでクルージングするにはなかなか良いところだと思われます。しかし風はやや強いことが多いかもしれません。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月17日 (金)

Torre Del Grecoからサルディニア島のPalauへ

8月15日の6時にペッペさんが見送りに来てくれました。あいにくの雨の中ですが7時に無事に出航することができました。横山さんペッペさん出航対応ありがとうございました。雨は降っていますが風は南東から風速5mほど吹いているので7時半にはエンジンを止めて帆走しました。しかし10時半には雨も止みましたが風も無くなり機帆走に切り替えました。途中16時にはヴェントテーネ島、20時にはポンツァ島を通過しました。そして24時半まで機走しその後は16日の朝の6時まで帆走し(浮遊し)明るくなると機走をしました。16日は快晴で無風または微風で機走し夜は同様(浮遊)です。17日朝4時に機走を始め18時にサルディニア島北端のパラーウ(Palau)のマリーナに到着しました。しかしマリーナは空きがなく外のブイにもやいました。しかしこのブイも19時過ぎに追い出され近くにアンカーリングして無事今日は錨泊することになりました。

総行程234海里(二つに分割されていて見にくくて申し訳ありません)

Sardegna1

Sardegna4

サルディニア島北部は島に囲まれた良いエリアがあります。

Sardegna2

Palauのマリーナが満杯で赤白バルーンにもやう

Sardegna3

そこも追い出されてすぐ隣に錨泊

Palau

15日朝の6時に雨の中見送りに来てくれたペッペさん

Dscf7531_r

19時半にTella Pottaを通過

Dscf7532_r

20時にポンツァ(Ponza)島を通過

Dscf7536_r

久しぶりのフルメインセール

Dscf7537_r

16日の夕日

Dscf7542_r

17日18時半のPalauのブイから

Dscf7543_r

Dscf7544_r

Dscf7546_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月15日 (水)

横山さんの帰国とTorre Del Grecoからの出航

8月15日の午後の飛行機で横山さんが帰国されます。約4か月間同乗頂きありがとうございました。お陰様でその間は楽しくかつ安全に航海をすることができましたしいろいろと教えて頂くこともたくさんありました。またおいしい食事も作って頂きました。朝の7時に横山さんはうめぼしを下船され同時にうめぼしはサルディニア島へ向けて220海里ほど2泊3日の航海に旅立ちます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月14日 (火)

お客様の来訪

8月14日はお昼前にうめぼしを係留させて貰っているマリーナの持ち主のクラブLega Navale ItalianaPresidentSig. Salvatore D'Urzo(サルバトーレ ドゥルゾ)さんがうめぼしを訪ねて来られました。Paoloさんの計らいでドゥルゾさんの了解を貰って係留させて貰っています。ドゥルゾさんはLega Navale Italianaのバージを持って来られうめぼしに寄贈して頂きました。またこちらからは長距離航海懇話会のバージ(Japan Ocean Cruising Club)のバージと日本国旗を贈呈しました。午後からはPaoloさんと娘のサラちゃんがこられましたので打ち合わせをしてこれまでにお世話になった御礼として手書きのお礼状を手渡しました。

Lega Navale Italianaのホームページ

http://www.leganavale.it/strutture/torre_del_greco

PresidentSig. Salvatore D'Urzo(サルバトーレ ドゥルゾ)さんとうめぼし船上にて

Dscf7528_r

地元の新聞に出たようです。PaoloさんによればTorre Del Grecoは真珠やサンゴの輸入で日本と関係が深い面があるとのことです。

https://www.ilmattino.it/napoli/cronaca/dal_giappone_alle_canarie_fanno_tappa_porto_corallino_cerchiamo_compagnia_proseguire_tour-3910671.html

後日また別の記事が出たようです(Paoloさんがメールで送ってくれました)

Img_9660

夕刻20時頃にPaoloさんのお父さんとお兄さん(Gaetanoさん)がうめぼしに来られました。

Dscf7530_r

お礼状(Paoloさんはこの漢字を含むレターを読むことができました)

Lega Navale Italiana

 小型の木造ヨット「うめぼし」に乗っている増田 潔と横山 孝です。

このたびはマリーナを利用させて頂きありがとうございました。

「うめぼし」は2014年8月に日本を出航し、台湾、フィリッピン、マレーシア、タイ、スリランカを経由してインド洋を横断し南アフリカを回ってジブラルタル海峡を通ってイタリアまで来ました。

Torre Del Grecoでは「うめぼし」をマリーナに温かく迎えて頂きそして滞在させて頂きありがとうございました。皆様のご配慮に深く感謝申しあげますとともにご好意に厚く御礼申しあげます。

お陰様にてカプリ島やソレントの美しい景色を堪能させて頂き、ポンペイやエルコラーノではすばらしい古代遺跡を訪ねることができ、ナポリの街の懐の深さを感じることができました。

今後は大西洋と太平洋を渡り日本まで航海していく予定です。

増田 

横山 

2018年8月14日


| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月13日 (月)

ナポリの観光(5日目)

8月13日(月)は午前中からナポリのフニコラーレに乗ってヴォメロの丘の国立サン・マルティーノ美術館に行きました。その後斜面を徒歩で下りトレド通りのピッツェリアで昼食をしてからサン・ドメニコ・マッジョーレ教会を見て帰ってきました。

ヴォメロの丘にあるカメオ工房

Dscf7519_r

Dscf7517_r

ジョバンニさんは3代目で兄弟5人で経営しているそうです

Dscf7518_r

国立サン・マルティーノ美術館

Dscf7525_r

Dscf7520_r

Dscf7521_r

トレド通りの横丁

Dscf7526_r

サン・ドメニコ・マッジョーレ教会

Dscf7527_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月12日 (日)

ナポリの観光(4日目)

8月12日(日)は昼前にナポリの街に出てスカッパ地区のピッツェリアTrianonでマルゲリータを食べました。そして午後から国立考古学博物館に行き、帰りにドゥオーモの中に入って見て帰ってきました。

Dscf7507_r

Dscf7506_r

Dscf7505_r

8ユーロのマルゲリータ

Dscf7504_r

Dscf7503_r

Dscf7502_r

国立考古学博物館

ファルネーゼのヘラクレス

Dscf7508_r

ファルネーゼの皿

Dscf7509_r

ファルネーゼの雄牛

Dscf7510_r

アレクサンドロ大王の戦い

Dscf7511_r

ネオと妻の肖像

Dscf7512_r

ドゥオーモ

Dscf7515_r

Dscf7516_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月11日 (土)

ナポリの観光(3日目)

8月11日(土)は朝からナポリの観光に出かけました。サン・カルロ劇場のガイド付き見学、王宮の内部見学、トレド通りのピッツェリアでマルゲリータを食べ、フニコラーレ(ケーブルカー)に乗ってヴォメロの丘に登りサンテルモ城からナポリの旧市街や港の素晴らしい眺望を見てきました。

ムニチーピオ広場

Dscf7487_r

サン・カルロ劇場

Dscf7488_r

Dscf7490_r

王宮内部の劇場

Dscf7492_r

王宮の部屋

Dscf7493_r

王宮内の礼拝堂

Dscf7494_r

王宮の中庭

Dscf7495_r

4ユーロのマルゲリータ

Dscf7496_r

サンテルモ城からベネディット・クローチェ通りが中央駅に向けてはっきり見えます

Dscf7499_r

サンテルモ城からの景色

Dscf7497_r

| コメント (1) | トラックバック (0)

2018年8月10日 (金)

ナポリの観光(2日目)

8月10日(金)も午後からナポリの街の観光にでかけました。ヌオ-ヴォ城、ガッレリア、卵城を見て帰ってきました。

ヌオーヴォ城

Dscf7479_r

ガッレリア

Dscf7481_r

卵城

Dscf7482_r

卵城からの眺め

Dscf7484_r

Dscf7486_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

トレデルグレコ港のレガ ナバレのマリーナ(Lega Navale Italiana)

Paoloさんの紹介で現在係留させて貰っているマリーナはLega Navale Italianaというマリーナで地元密着型のクラブのようです。Torre Del Grecoの港の中にはたくさんのポンツーンがありますがそれぞれ別の組織が管理しているようで、Lega Navale Italianaは入口から2つ目のポンツーンを持っているようでその現地管理者がぺっぺさんだといことです。このクラブのホームページを見ると青少年向けの活動が活発なように見えます。今日お昼にPaoloさんが再度マリーナまで来てくれて打ち合わせをしました。その結果上手くいけば8月15日までここに係留させて貰えそうです。

http://www.leganavale.it/nazionale/homepage

http://www.leganavale.it/strutture/torre_del_greco

ベスビオ山の前にもやわれたうめぼし

Dscf7473_r

Dscf7476_r

マリーナ管理者のぺっぺさん

Dscf7477_r

港の高い岸壁

Dscf7478_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 9日 (木)

ナポリの観光

8月9日(木)は午後からナポリの街の散策に出かけました。トレニタリアの列車でトレデルグレコ駅からナポリ中央駅まで行き駅からスカッパナポリ方面に歩いていきました。ドゥオーモ、サンパオロ・マッジョーレ教会、サンタ・キアーラ教会などを見て、その次に王宮のあるプレビシート広場に行きました。帰りはR2のバスに乗って中央駅まで戻りまた列車で帰ってきました。

ドゥオーモ

Dscf7461_r

サンパオロ・マッジョーレ教会

Dscf7462_r

サンドメニコ広場とサンドメニコ・マッジョーレ教会

Dscf7463_r

Dscf7464_r

サンタ・キアーラ教会の奥にあるクラリッセのキオストロ

Dscf7466_r

王宮

Dscf7470_r

パオラ聖堂

Dscf7471_r

サンタ・ルチアからベスビオ山を望む

Dscf7472_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 8日 (水)

カプリ島の観光

8月8日(水)はカプリ島の観光に出かけました。ソレントまで列車に乗っていきそこから高速フェリーに乗ってカプリ島の港マリーナ・グランデに9時半頃に着きました。港からミニバスに乗って細くて急な坂道を登ってアナカプリまで行きそこでバスを乗り換えて青の洞窟まで行くのですがバスの揺れが大きく座っていても体を飛ばされないようにするのが大変なくらいでした。洞窟前では岩場の階段を下りて行きお客4人程を乗せられる小さな手漕ぎボートに乗って洞窟内に入ります。洞窟内は結構広く船頭さんの歌を聴きながら洞窟内を二周回って貰いました。その後アナカプリ、カプリの街を散策して帰りはマリーナ・グランデからトレデルグレコに直行するフェリーで帰ってきました。

カプリ島までの行きのルート(帰りは電池切れで残っていませんでした)

Anacapri

青の洞窟

Dscf7448_r

Dscf7454_r

アナカプリ地区のサン・ミケーレ教会

Dscf7456_r

Dscf7455_r

アナカプリからマリーナ・グランデを臨む

Dscf7457_r

カプリ地区のウンベルト一世広場

Dscf7458_r

展望台から

Dscf7459_r

Dscf7460_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 7日 (火)

エルコラーノとポンペイ遺跡の観光

8月7日(火)は朝ゆっくりとうめぼし内で朝食をとってから9時半頃に出かけました。エルコラーノ遺跡までは徒歩40分程度で行くことができました。エルコラーノ遺跡はポンペイと同じく紀元79年のベスビオ火山の噴火で埋もれてしまったのですがポンペイは火山灰に埋もれたのに対してエルコラーノは溶岩に埋もれたために発掘は大変でしたが木材や布や食品などの保存状態が良く見るべきものが多くあるということです。午後からはポンペイまで電車で行き紀元79年の往時を偲んできました。

エルコラーノ遺跡

Dscf7437_r

Dscf7434_r

Dscf7436_r

ポンペイ遺跡

Dscf7445_r

Dscf7446_r

Dscf7444_r

うめぼしのAISシステムは生きているようです。

Torredelgreco3

| コメント (0) | トラックバック (0)

«ソレントからトレデルグレコへ(Sorrento to Torre del Greco)