« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月31日 (土)

クラビーボートラグーンにて

2015年10月31日は今日も午前中はキャビンの底にあるチェーン10mと臼井さんから昨年8月に頂いた飲料水6本を引っ張り出し底の部分の清掃をしました。ここは電気と水がありかつ船が揺れませんので艇の内部の清掃をするにはもってこいの環境です。チェーンは現在の25mに10mを継ぎ足し35mにする予定です。やはりアンカーはチェーンでないと安心できません。飲料水はまだ賞味期限内でしたので使ってしまいます。午後からはレンタルバイクを借りてクラビーから南へ50kmほど離れたクロントム温泉に行こうとしましたが、5kmほど手前から道が極端に悪くなり泥でバイクが滑り危険になってきましたのであきらめて帰ってきました。今日はハロウィーンだということでマリーナでも生バンド演奏があってパーティが開催されるようです。

レンタバイクで40kmほど南まで来たら嵐に遭遇しました

Img_7887_r
この店でセンレックナーム(40バーツ)を食べました
Img_7888_r

| コメント (1) | トラックバック (0)

2015年10月30日 (金)

クラビーボートラグーンについて

2015年10月30日はクラビーボートラグーンでゆっくり過ごしました。とはいえ朝からいろいろな積荷を引っ張り出して動作確認や清掃などをしました。まずケルヒャーを久々に引っ張り出してテンダーをひっくり返して清掃し船外機の動作確認と清掃、ハルやデッキの一部を清掃しました。またポータブル発電機の動作確認と清掃をしました。お昼はマリーナのレストランでゆっくり食事をして午後からは自転車で6km離れたマーケットまで買い物に行ってきました。クラビーボートラグーンはクラビータウンから30kmほど南東側に離れたところにあり周りには何もない相当の田舎です。また海からも川を2マイルほどさかのぼった奥まったところにあります。しかしポンツーンはしっかり整備され電気水道はもちろん艇のメンテナンス設備も整っています。マリーナ職員のサービスも行き届いていて警備も十分で安心感があります。ここで11月5日から艇を上架し整備する予定です。足立社長に4日から11日まで来ていただきます。その間は併設されたコンドミニアムに宿泊予定です。10月29日から11月28日までの1か月間の係留料は8569バーツ(約3万円)です。

久々に引っ張り出した高圧洗浄機ケルヒャー

Img_7885_r
携帯発電機も動作確認をしました
Img_7886_r
陸置きヤードの中の整備関連の建屋

Img_7881_r

陸置きヤードの艇
Img_7879_r
Img_7880_r
整備用品店の内部

Img_7873_r
Img_7874_r
Img_7877_r
Img_7878_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月29日 (木)

ピーピー島からクラビーボートラグーンへ

2015年10月29日は朝の7時15分にピーピードン島を出航し北東に20マイルほど離れたクラビーボートラグーンを目指しました。予報通り朝から東の風が8m前後吹きクローズホールドで半分くらいまで行きました。前半は5kt程度後半は4kt程度しかでません。その後風が北東に振れ真向いになってきたこともあり、またクラビーは入口付近に浅いところがあるということで11時の満潮に間に合うように途中から機走に切り替え12時にボートラグーンのポンツーンにもやいをとることができました。ここで隣のバースに1926年製造の6mクラスが泊まっていてセドリックさんとジョンさんが丁度練習に出航しようとしていました。この艇でキングスカップに参加するそうです。レースで一緒に走るのが楽しみです。

前半はクローズホールド、後半は機走

Kouskikurabi
早朝のピーピードン島

Img_7863_r

途中に見えた小島

Img_7864_r

クラビーボートラグーンのオフィス棟

Img_7871_r

もやわれたうめぼしと後ろにコンドミニアム

Img_7872_r

となりのバースの6mクラスとセドリックさん
Img_7867_r

出航直前のジョンさん

Img_7866_r

Img_7868_r
Img_7869_r

テンダーに引かれて出航する6m
Img_7870_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月28日 (水)

プーケットのチャローン湾からピーピー島へ

2015年10月28日は朝の8時にアンカーを上げてピーピー島に向けて出航しました。風予報通りに東の風が7~8m吹いています。そしてチャローン湾を出るころには10m以上に吹きあがってきて波も1.5m程度と久しぶりの船酔いかげんになってきました。しかし10時過ぎ頃から次第に風も弱くなり波も収まってきましたので助かりました。東の風で真上りなのでそのまま機走で25マイルを走り12時半にアンカーリングをしました。ピーピー島は南北2つの島からなり北側の大きい島がピーピードン島、南側の小さい島は無人島でピーピーレイ島です。この島はザ・ビーチという映画のロケが行われたということで有名だそうです。うめぼしはピーピードン島の中ほどロ・ダラム湾の奥にアンカーリングしました。2つの島は両方とも断崖絶壁が多いのですがその隙間にはきれいなビーチもあります。

中央がピーピーレイ島

Img_7841_r

ピーピードン島の南側

Img_7844_r

アンカーリングポイントからの眺め

Img_7850_r
Img_7848_r

Img_7856_r

Img_7857_r

夜中の1時まで歌とダンスミュージックが大きく聞こえていました
Img_7862_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月27日 (火)

プーケットのチャローン湾から出航準備

2015年10月27日はまたテンダーでプーケットヨットクラブにいきゆっくりと昼食をいただきました。風予報によると今週は東風が吹き続けるようです。北東モンスーンの時期はもうすぐという感じです。ただここからクラビーに行くのには向かい風になってしまいます。どうせ向かい風ならせっかくの機会ですのでクラビーにいくついでに少し南に回り道ですがピーピー島に寄って行こうと思います。風向がうまくいけばセーリングの時間も長くとれるかもしれません。ということで今日は出航準備をして明日の朝25マイルほどの距離をピーピー島に向けて出航したいと思います。午後早めにスーパーまで行き2日分の食糧を仕入れてその後テンダーをデッキの上にあげてしまいました。しかし今日も夕刻から雨模様で天気は良く変わります。

サービス精神旺盛なPamさん

Img_7837_r
ピープ(カーサロン)の花を庭からとってきてくれました
Img_7838_r
お昼はグリーンカレーです
Img_7839_r

ピーピー島とクラビーの位置関係

Photo

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月26日 (月)

イミグレーションでデポジットの支払い

2015年10月26日の月曜日は朝からソンテオというバスに乗ってプーケットタウンのイミグレーションまで行ってきました。タイに船で入国した場合、船は6か月間滞在できるのですが人は30日しか滞在できません。キングスカップ終了までは60日程度のビザが必要になりますが期間が足りません。そこで途中一度日本に帰国することにして再度入国すればまた30日の滞在ができるという算段です。しかし、船をタイ国内に置いて出国する場合は2万バーツのデポジットをイミグレーションに払う必要があるということで今日はその手続きに行きました。イミグレーションはタウンの南東の端の方にあるのでモーターサイというバイクのタクシーを50バーツで利用しました。ちょっとした移動には安くて大変便利です。この処理には帰国の飛行機の予約が必要で丁度予約した飛行機の確認書を持っていたので助かりました(ここで既に半分は出国手続きをしたような感じです)。そのあとキングスカップの参加料3万バーツを送金するためにバンコク銀行に行き手続きを済ませました。タイ国内の送金でしたのでこちらも比較的簡単に済みました。そのあとオールドタウンの一角にあるカフェでレッドカレーとトムヤムヌードルを昼食にとり、オールドタウンを散策して帰ってきました。

プーケットタウンのイミグレーション

Img_7822_r
結構混んでいました
Img_7821_r
バンコク銀行のプーケット支店
Img_7823_r

昼食をとったカフェ

Img_7825_r
Img_7826_r
レッドカレー
Img_7827_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月25日 (日)

クラビーでの整備の概要

2015年10月25日は昨夜北東の風と強い雨が降り続いたのでテンダーに相当量の雨水が溜まっていました。洗面器とスポンジで汲み出したのですが真水なので洗濯には使えるのではないかと少しもったいない感じがしました。今後は雨水活用についても検討したほうが良いように思います。昼前にテンダーで突堤までいきチャローン湾界隈を徒歩で散策しました。サンライズ通りをロータリー(ピーチガーデンサークル)まで行き右側に曲がってすぐの点心専門店で昼食をとり、スーパー24hrsで買い物をして帰ってきました。クラビーでの上架整備の内容はボトムの清掃船底塗装、ハルの傷の手当とニス塗、デッキのチークやマホガニー材の清掃と艶出し、エンジンの総点検、セールドライブギアオイルに海水が混入している点の整備、キャビン内トイレの固定と床整備、風力発電機の設置、太陽光パネルのやバッテリーの点検、スパー類の点検などを予定しています。今回の整備でうめぼしは一応の完成形に近くなると思っています。

点心専門店にて

Img_7819_r

ワンタンスープ
Img_7818_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月24日 (土)

プーケットヨットクラブでののどかな一日

2015年10月24日は午前中に洗濯機を修理しました。脱水槽の底部にある回転停止のブレーキを利かないようにして、またふたと連動している安全スイッチが接触不良だったのを修正してつながるようにしたところなんとか動くようになりました。簡単な配線中心の機械はまだ操作ができますがこれが電子回路やICになると手の施しようがなくなります。そのあと昼食を外で食べようと今日はテンダーでプーケットヨットクラブのテンダー用ポンツーンまで行きました。さっそく上陸してカウンターでビールを飲んでいるといつの間にか潮が引いて泥の浜が見えてきて水ははるか沖の方にしかありません。また潮が満ちてくるまで帰れないとあきらめてカウンターでビールと食事とiphoneとでのどかなひと時を過ごしました。カウンター内のタイの女性は愛想よくサービスしてくれました。ついでなのでクラブの水道を借りて水40リットルも調達してきました。4時半頃には潮も満ちてきてうまく艇まで帰ることができました。今後の予定についてもいろいろ思案しました。この後プーケットからクラビーに行き11月4日から11日までクラビーで上架整備をします。11日から27日まで日本に一時帰国し、12月4日から12日までプーケットのカタビーチでキングスカップに参加予定です。一応スピリットオブクラシックというクラスで参加申し込みをしました。ただ6艇以上参加艇がいないとクラスが成立しないので他艇の状況次第になります。その後、年内にスリランカまで行って今年は終わりにしたいと思っています。

Img_7815_r

クラブハウスのレストラン
Img_7816_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月23日 (金)

カタビーチ散策

2015年10月23日は午前中にスーパー24hrsの近くにあるクリニックに行きました。実はランカウイからプーケットに向けて航海中の夕刻に赤ブイに係留しようとして作業中に右足中指を強打して指が腫れあがりました。骨折しているかもしれないと思い足指を固定して動かないようにしていたら3日ほどで腫れは引いてきました。現在はそっとしていれば痛みもなく特に問題なさそうなのですが一応念のためレントゲンで確認してもらいました。結果は特に異状なしということで一安心しました。航海中は結構打ち身や生傷などが絶えないので用心はしているのですがこのようなことが時々おこります。今回も大事に至らずに済んでよかったと思っています。海外で初めて病院に行きましたが非常に親切でスピードも速く安心感がありました。料金も600バーツ(約2000円)とレントゲン2枚にしては格安でした。そのあとレンタバイクを借りてカタビーチ方面のドライブにいきました。チャローン湾から西へ6kmほど行くとキングスカップの運営本部になるカタビーチリゾート&スパという大きなホテルがあります。そこで昼食をとって周りを散策して、帰りはプーケット島の南側を通って帰ってきました。その帰りに一つ事件が起こりました。警察官が10人位で検問チェックをしていて免許証を見せろと言われたので日本の免許証を出したら国際免許証不所持ということで罰金500バーツをとられてしまいました。わけのわからない書類をくれて今日一日はこの紙があれば運転できると言われました。次回帰国時には国際免許証を取るようにしたいと思います。

レントゲンを撮ってもらったクリニック

Img_7786_r

カタビーチリゾート&スパの入り口
Img_7798_r
Img_7799_r

浜辺から見たホテル
Img_7795_r

カタビーチ

Img_7794_r
Img_7801_r

カロンビューポイントから3つのビーチを望む
Img_7804_r

プーケット島最南端のプロムテープ岬

Img_7811_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月22日 (木)

チャローン湾界隈の散策

2015年10月22日は午前中に突堤の先端付近にある給油所で水40リットルと軽油20リットルを補給しました。両方で494バーツ(約1700円)ということでした。やはりマレーシアに比べると少し高くなっている感じです。また洗濯機の脱水漕が回らなくなったので修理しようと試みましたがうまくいきませんでした。また明日の朝トライアルしてみます。午後からはチャローン湾の突堤から徒歩で近場を散策しました。町を歩いているとタイの人々はきれい好きのように感じます。真っ白な服を颯爽と着て歩く人もいればレンタルバイクを石鹸水できれいに洗い上げている人もいたり、それぞれの店の前は掃き清められていてゴミが落ちていません。またマッサージの店や散髪屋、カフェ、バーなども多く店の女性がよく声をかけてきます。きれい好きでサービス精神が旺盛なところは日本人の感覚とマッチするところが多いのかもしれません。突堤からサンライズ通りを西に歩いてロータリーを左に折れてしばらく行くと左手に24hrsという大きなスーパーマーケットがありました。ここで多くの食材を調達することができそうです。タイはいろいろな種類の食材が豊富でそれを比較的容易に調達できるのだと感じました。さっそくマンゴー、ドゥク、リンゴ、玉ねぎ、にんじんなどを買って帰りました。またロータリーから北東側に歩いて行ったところにあるプーケットヨットクラブにも顔を出してみましたが、思ったよりもこじんまりした雰囲気でした。明日の夜7時からクラブの定例パーティーがありキングスカップ運営のメンバーもたくさん来るからと誘われましたがちょっと思案中です。

突堤の先端付近にある給油所、ここで水の補給も可能です

Img_7784_r

ロータリーを左に行ったところにある大きなスーパーマーケット
Img_7774_r

プーケットヨットクラブ、テンダー用ポンツーンもあります

Img_7780_r
Img_7781_r
Img_7782_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月21日 (水)

タイへの入国手続き

2015年10月21日は朝テンダーを降ろし、テンダーで突堤の先端にあるプーケットヨットコントロールセンターに行きました。そこにはヨットに必要な手続きがすべてできるように各役場の出先が揃っていました。まずインフォメーションに行き基本情報の登録をし、次にハーバーマスターに行き入港手続き、次にイミグレーションに行き、次にカスタムに行き、最後に検疫のオフィスに行き必要書類を書いて終わりです。事前にWebで登録していたことや先方が処理に慣れていることもありすべての処理が1時間程度で済みました。特筆すべきことはハーバーマスターでAISのチェックがあったことです。タイではプーケットへの入港に際してAISの設置が義務付けられておりその信号チェックが行われたことです。私も初めて自分のAISが実際に電波を出しているのを確認することができました。イミグレーションでは300バーツを払い30日の滞在許可がもらえました。カスタムでは艇の滞在許可が6か月もらえました。従って艇はタイに置いたまま私が一度タイ国外に出れば2か月の滞在が可能と言うことです。但し、艇を置いて国外に出るときは2万バーツ(約6万円)のデポジットをイミグレーションに一時的に払う必要があるそうです。このような情報はヌーンサイトに書いてあるのですが実際にやってみてそうだとわかりました。

http://www.noonsite.com/Countries/Thailand/Countries/Thailand?rc=Formalities

入国処理がすべて完了したのでそのあとは安心してプーケットタウンまでソンテオというバスで出かけて行きラサダ通りとラノーン通りを散策して帰ってきました。

突堤の先端にあるテンダー溜まり

Img_7766_r
突堤の先端にあるプーケットヨットコントロールセンター

Img_7765_r
ハーバーマスターと一緒に

Img_7764_r

ソンテオというバスでプーケットタウンまで30分程度でした
Img_7768_r

プーケットタウンの街並み

Img_7770_r
Img_7771_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

ランカウイからプーケットへ

2015年10月18日の朝10時15分に出航し、予報通り南西の風ですが3m前後と弱く午後からは更に弱くなり機走4時間全部で約30マイルを走り、17時40分にコ・アダンの島と島の間の赤いブイに係留しました。赤いブイの情報はクダットで隣に係留していたロンさんに教えてもらったものですがまさに正確な位置にありました。水深は10m前後ありますがはっきりと海底のサンゴ礁の様子が見えます。ここはもうタイ領ですがこの文章ではマレーシア時間を使います。翌朝19日は7時に出航し、午前中は風弱く機走、午後から西の風が3mから5m吹き出しリーチングで帆走、17時半にコ・ロックノックの赤いブイにもやいました。この日のレグは約40マイルで機走5時間です。ここもダイビングスポットのようでパンのかけらを投げるとたくさんの魚が寄ってきていました。翌朝20日は7時20分に出航しましたが、西の風弱く機走中心で走り、午後から嵐に入ったときに少し吹きましたがその後北西の風になり機走に切り替え、18時15分にプーケットのチャロング湾にアンカーリングすることができました。この日のレグは約60マイルで機走9時間です。当初予定していたコ・ラッチャ・ヤイへの寄港は風向き悪く取りやめにしました。トータル130マイルを3日間デイランだけで走りました。このあたりは漁船や漁網が多く昼間でもウォッチを欠かせませんでしたし回避行動もままありました。

コ・アダンの赤いブイの場所

Photo_2

Img_7746_r
Img_7748_r
コ・ロックノックの赤いブイの場所
Photo_3

Img_7753_r
Img_7757_r
プーケットでの係留場所

Photo

プーケットの係留場所から

Img_7761_r
Img_7762_r

チャローン湾にアンカーリングされたうめぼし

Img_7772_r

今回久しぶりにトローリングをしたらシイラが釣れました

Img_7759_r
海水ポンプの水で洗い流しながら一次処理をして冷蔵庫へ
Img_7760_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月20日 (火)

うめぼし航行状況 ランカウイ〜プーケット<第四便> プーケット到着!

うめぼしからランカウイ〜プーケット航海の<第四便> がイリジウムメールで届きました。(日本時間 10/20 1921受信) 無事プーケットに到着したそうです。

1815ni Ao Chalong Ni Anchoring Simasita 074939999N 098211594E Fune Ga Komiatte imasu

2015年10月20日1815(現地時間)Ao Chalongにアンカリングしました。現在位置は、北緯07度49.3999分、東経98度21.1594分。船が混み合っています。
とのこと。

現在位置はプーケット島南岸の湾の中、SUAN PALM VILLAGEという場所の沖合約500mです。

現在位置: https://www.google.co.jp/maps/place/7%C2%B049'24.0%22N+98%C2%B021'09.6%22E/@5.9583246,98.6800524,7z/data=!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

うめぼし航行状況 ランカウイ〜プーケット<第三便>

先程、うめぼしからランカウイ〜プーケット航海の<第三便> がイリジウムメールで届きました。(日本時間 10/20 1508受信)

201510201400 073280N 0983622E Mokutekichiwo Phuket Ao Chalong Ni Henkou 14jimaeni W No Kaze 8m Fukidasi 2pon Close De Hansouchuu 5kt Ato 21mile

2015年10月20日1400(現地時間)の現在位置は、北緯07度32.80分、東経98度36.22分。目的地をPhuket Ao Chalongに変更。14時前に西の風8m/s吹き出し2ポイントリーフのクローズホールドで帆走中。5ノット、あと21マイル。
とのこと。

現在位置は当初の目的地Ko Racha Hyaiの東約15マイル、西風で真上りになるため目的地を変更したようです。いまプーケットの南東約20マイルなので5ノットだとあと4時間、明るいうちに到着するよう祈りましょう。
宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

うめぼし航行状況 ランカウイ〜プーケット<第二便>

先程、うめぼしからランカウイ〜プーケット航海の<第二便> がイリジウムメールで届きました。(日本時間 10/20 0907受信)

201510200800 071297N 0990088E Kesa0720 Syukkou WS3m Kihansouchuu Ko Racha Hyai Made 46mile Kumori Nami Nasi Sakubanha Yokuneta
2015年10月20日0800(現地時間)の現在位置は、北緯07度12.97分、東経99度00.88分。今朝0720出港。南西の風3m/s。機帆走中。Ko Racha Hyaiまで46マイル。曇、波なし。昨晩はよく寝た。
とのこと。

現在位置は、プーケットの南東約50マイル、Ko Rok Noiという小さな島の西岸沖合約3マイルです。
宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月19日 (月)

うめぼし航行状況 ランカウイ〜プーケット<第一便>

先程、うめぼしからランカウイ〜プーケット航海の<第一便> がイリジウムメールで届きました。(日本時間 10/19 1843受信)

1730ni Roknok No Aka Bui Ni Moyaimasita 07121871N 099039053E Kyouha W No Kaze Yowaku Kisou5jikan Hare Namimasi

1730(現地時間)にロックノックのアカ(赤?)ブイにもやいました。現在位置は、北緯07度12.1871分、東経99度03.9053分。今日は西の風 弱く、機走5時間。晴れ、波なし。

とのこと。

現在位置は、プーケットの南南東約55マイル、Ko Rok Noiという小さな島の東岸沖合約200mです。

現在位置: https://www.google.co.jp/maps/place/7%C2%B012'11.2%22N+99%C2%B003'54.3%22E/@7.0832067,99.462243,9z/data=!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月18日 (日)

ランカウイからプーケットへ

2015年10月18日は急きょ出航することにしました。プーケットまでの風の週間予報を見ると水曜日以降は北西の風が多くなりそうで、今日から火曜日までに概ねのところを走ってしまったほうがよいように思えたためです。朝一でプーケットのWebチェックインを入力し、イミグレーションなど3か所でチェックアウトの手続きをし、10時に出航予定です。プーケットまで170マイルほどを3泊4日で行くつもりです。今日はコ・アダンまで30マイル走り、島と島の間にブイをとり、明日はコ・ロック・ノックまで50マイル、明後日はコ・ラッチャ・ヤイまで60マイル、21日はプーケットまで20マイル弱です。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月17日 (土)

出航準備

2015年10月17日はいろいろな野暮用を済ませました。水と軽油の補給、洗濯、Wifi用のSIMの期限が切れたのでその延長手続き、食料と酒の買い出しなどです。昼前にバイクを借りて近くのスーパーに行くとブタンガスのカセットボンベが1本4.2RM(約130円)で売っていたので12本購入しました。テイオマンでは1本400円、ペナンでも200円程度でしたのでだいぶ安くなりやっと日本並みになりました。プリペイドSIMは1週間500MBで10RM(300円)でした。その後艇に戻り、ペラの藤壺取りと船底の簡単な清掃をしました。ペラには既に小さな藤壺がかなり付いていました。また船底の水面付近には緑色の苔のような海藻が付いていましたのである程度落としておきました。これでプーケットまでの航海の準備はほぼ完了です。来週月曜日か火曜日に出航したいと思っています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月16日 (金)

ロイヤルランカウイヨットクラブ

2015年10月16日は8時過ぎにシンガベサール島の浜辺近くのアンカーリングポイントのアンカーを上げて出航しました。大林さんの「ぼらぼら」にお別れの挨拶にいくと夜間アンカーリング中に自動的にランプが点滅する優れものを譲って頂きました。昼間は太陽光で充電し夜間は赤い光が点滅します。うめぼしがアンカーリングしているときにマスト灯を点けていないのを見て危ないからと心配して頂いたのです。お気遣い頂きほんとうにありがとうございます。今日は最初にクアの南側にあるロイヤルランカウイヨットクラブに行きました。大林さんに紹介して頂いた松浦さんに会うためです。松浦さんは北九州にお住まいですが最近の13年間はランカウイヨットクラブに係留しているヨットCIMAを中心に一人で暮らしておられるそうで御年80才です。80才とは思えない元気さでお会いするなりタイやマレーシアの人の日本に対する感情には複雑なものがあるという持論をお伺いしました。またちょうど一週間前からここに係留しておられるAKITSUSHIMAⅢの松下さんにもお会いすることができました。松下さんはセイルインドネシアに参加してオーストラリアのダーウィンからここまで来たそうです。そしてここマレーシアに来年春まで艇を置いて来週には日本に帰るとのことです。そのあとどこに行かれる予定ですかとお伺いしたら何と船籍をマレーシアに変更してこの近辺に係留し、タイやマレーシア近辺をセーリングして終わりにしたいということでした。日本のヨットマンがマレーシアにたくさんおられ、そして長らく生活しておられる状況を見て、まだまだ私にはわからないマレーシアの魅力があるのだろうと思った次第です。その後クアの街を散策しマーケットで食材を仕入れ、スコールの待ち時間に床屋で散髪をして17時半にテラガに戻ってきました。

Photo_2

大林さんから譲って頂いた優れもののランプ

Img_7743_r
ロイヤルランカウイヨットクラブの新設工事中のポンツーンのうめぼし

Img_7723_r

松浦さんのCIMA

Img_7729_r

松浦さん(右)と松下さん

Img_7728_r

松下さんのAKITSUSHIMAⅢ

Img_7725_r

松下さんの奥さん
Img_7726_r

ロイヤルランカウイヨットクラブの様子

Img_7724_r
Img_7727_r
松下さんにもやいを解いてもらい見送ってもらいました
Img_7730_r

クアのフェリー乗り場の横のテンダー用ポンツーン(3RMですが安心です)

Img_7734_r
Img_7735_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月15日 (木)

大林さんとヨット「ぼらぼら」

2015年10月15日は北九州に在住の大林さんがレバックマリーナにおられるということで会いに行こうと思い朝の8時にテラガを出てレバックに向かいました。大林さんはレバックマリーナに愛艇「ぼらぼら」を係留していて今週一週間日本から奥さんとともに来てクルージングを楽しんでおられるそうです。大林さんは長距離航海懇話会のメンバーで2年前にライフラフトを譲って頂いた縁があります。レバックに着いて大林さんにご挨拶をして小畑さんの話をすると、大林さんが小畑さんに会いたいと言うことですぐに両艇でテラガに向かいました。テラガに着いて小畑さんを含めいろいろと近況を話し、昼食は昨日と同じイタリアンマーレ・ブルーでハッピーアワーのサービスを頂きました。そこで事件が起きました。大林さんご夫妻とゆったりとした昼食を済ませて午後2時前に艇に戻ると小畑さんがテンダーに乗ってうめぼしの横にいます。うめぼしが走錨して岸から5mのところまで流されているのを小畑さんが見つけテンダーで元の位置まで引っ張ってきたということです。小畑さんはうめぼしの命の恩人です。ありがとうございました。その後2時半にぼらぼらとともにテラガを出てランカウイ島の南のシンガベサール島の静かな浜辺に来ています。今晩はここにアンカーリング宿泊の予定です。

http://blogs.yahoo.co.jp/buboo8811

夕刻暗くなるまでヨットぼらぼらで夕食をご馳走になっていました。

レバックマリーナのヨットぼらぼら

Img_7693_r
Img_7692_r
大林さんご夫妻
Img_7694_r

午後からシンガベサール島へ

Photo
テンダーで一気に上陸
Img_7709_r
Img_7708_r
シンガベサール島の唯一の住人とその家
Img_7707_r
Img_7703_r

夕刻ぼらぼらの船上にて

Img_7714_r
ぼらぼらから見た夕日とうめぼし
Img_7713_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月14日 (水)

テラガハーバーにて

2015年10月14日は昨晩の雨によるためか涼しい夜明けでした。いつも通り5時半ころの夜明け前に起きだし果物からはじめ昨日屋台で買ってきたビーフンの炒め物やいつもの自家製野菜スープなどをしっかりと食べました。その後エンジンチェック、燃料や水補給など定例のしごとを済ませ11時前頃にテンダーでハーバーに出かけました。まず軽油20リットル(ランカウイで合計60リットル)を購入し清水タンク20リットル×2本を満タンにして免税店でビール1ケースとワイン3L×2本を調達するなど野暮用を済ませ、ハーバーの西側の一角にあるイタリアンレストランマーレ・ブルーに行きました。今日は64才の誕生日なのですが誰もいないのでここで一人ビールでお祝いをしました。この季節の特徴なのかランカウイでは北の風とともに山で雲が発達しスコールとなって強烈に強い雨が短時間に降ります。マーレ・ブルーにいる間2時頃まで強烈な雨が降り続きテンダーが雨水で沈むのではないかと心配するほどでした。そのあとはからっと晴れて暑くなりましたが雲行きは不安定でしたので午後は艇に戻りワインを片手にゆっくりとすごしました。

イタリアンレストラン マーレ・ブルーにて

Img_7678_r
Img_7680_r
レストランの前は豪華クルーザーが並んでいます
Img_7677_r
クルーザーもかすむほどの土砂降りのスコール
Img_7685_r
テンダー置き場とテンダー(何とか浮いていました)
Img_7687_r
Img_7688_r

艇のコクピットに屋根とテーブルを設置してみました
Img_7690_r
Img_7689_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月13日 (火)

ケーブルカーで展望台へ

2015年10月13日は9時過ぎにテンダーで昨日夕刻にここに到着したカタマランNONBIRIまで挨拶にいきました。誘われるままにお茶をご馳走になってしばらくお話をさせていただきました。小畑さんの剣道のお友達で川口さんご夫妻と林さんご夫妻の5名でペナンから1泊2日でここまで来たそうです。途中はべたなぎで気持ち良く航海できたとのことでした。ここで小畑さんに島内観光ならケーブルカーに行くのがいいと教えてもらいそのままハーバーのポンツーンにテンダーを着けて昨日借りたバイクに乗りランカウイ島の西の端にあるケーブルカー(SKYCAB)に行きました。テーマパークオリエンタルビレッジの入り口にバイクをおいてビレッジの中をしばらく歩いていくとケーブルカー乗り場があります。乗車券35RMを買って乗ろうとするとドームシアターに案内されて宇宙の創生と火星にあるジェットコースター体験試乗の映像をみせられました。あまりにリアルで迫力がありかつ急降下や急回転が続くので息をつめながらも船酔いしやすい私は少し気分が悪くなりそうでもありました。映像が終わりほっとしてシアターを出るといよいよケーブルカーです。6人掛けの小さなCABに乗り込むとこれがまた急こう配で眼下ははるか下に緑の木々が小さく見えやや高所恐怖症ぎみの私はまたまた震え上がってしまいました。それでも自然の絶景の素晴らしさにまさるものはありません。高度700mの山頂の展望台からは北に急峻な山々の連なりが見え南東側にはテラガハーバーやレバック島などきれいな海と陸の重なりを望むことができました。そのあとはバイクで飛行場の南側にあるパンタイチェナンの免税店までアルコール類を買い出しに行きました。

NONBIRIの上でくつろぐ川口さん(右)と林さん

Img_7655_r
NONBIRIの全員にご挨拶(右端が小畑さん)
Img_7656_r

オリエンタルビレッジの入り口
Img_7676_r_2
同じCABに乗ったマレーシアの若い観光客
Img_7659_r
テラガハーバー(テラガ湾の左上から2番目がうめぼし)
Img_7670_r
北側の山々の連なり
Img_7668_r
前のCABが真下に見えます
Img_7673_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月12日 (月)

ランカウイのテラガハーバーにて

2015年10月12日は午前中にテンダーに船外機をセットしてテラガハーバーのポンツーンまで行きイミグレーションほか3か所にチェックイン(入港届)の手続きをしました。ハーバーの目の前の時計台のある黄色い洒落た建物の中に3か所とも入居しておりしかもそれぞれが手続きに慣れており非常にスムーズに速く手続きを終えることができました。また、ハーバー前のガソリンスタンドで軽油20リットルを39RMで購入しました。もう一缶買おうとしたら1日1回だけと言われ明日買うことにしました。やはり何らかの規制があります。またポンツーンで水40リットルも調達できました。その後免税酒屋でSKOLビール1ケースを40RM(約1200円)で購入し久しぶりに冷蔵庫がビールでいっぱいになりました。午後からは24時間で30RM(約900円)のレンタルバイクを借りて近くのパダンマシラット村まで買い物に行ってきました。クランやペナンの空はもやがひどくてHAZE被害でしたがランカウイの空は真っ青で一日のうちに何度も短いスコールがきます。海の水も比較的きれいで潜ってみてもいいかなという感じです。

イミグレーションほかが入っている黄色い時計台ビル

Img_7653_r

Img_7651_r

慣れた対応のイミグレーション係官

Img_7649_r

テラガハーバーの奥にあるレストラン街とホテル
Img_7652_r

ハーバーに隣接しているガソリンスタンド
Img_7623_r

ハーバー前のテンダー用ポンツーン
Img_7625_r
ハーバー入口から
Img_7626_r
Img_7628_r

レンタバイク

Img_7657_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月11日 (日)

ペナンからランカウイへの航海2日目

2015年10月11日の朝は静かな夜明けでした。昨晩はほとんど風が無くときどき艇がブイにぶつかって大きな音をたてていましたが艇の揺れは少なくゆっくり休むことができました。朝の7時は北東の風が3mほど吹いていましたのでまず最初にメインセールを上げて次にブイの舫いを解いてすぐに走り始めました。エンジンをかけないで出航するのははじめてです。しかしこの風も9時過ぎには止んでしまいあとは機走でテラガハーバーまで走り14時にハーバー内にアンカーリングしました。約30マイルの航海です。今日も漁船や漂流物が多く常時ウォッチ体制でした。

ランカウイの南端バラール島、リアス式海岸のように切り立って入り組んでいます

Img_7614_r
Img_7615_r

大きなマリーナがあるレバック島
Img_7618_r_2

テラガハーバーの外にアンカーリングしています

Photo_2

ランカウイの切り立った山とテラガハーバー
Img_7620_r_2

テラガハーバーの外にアンカーリングしたうめぼし

Img_7629_r

うめぼしからみた夕日19時
Img_7633_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月10日 (土)

ペナンからランカウイへの航海

2015年10月10日は朝から洗濯や水の補給、荷物のキャビン内への収納など出航準備をしました。そして10時少し前に発注していた整備用品の残りをショップマネージャーのERIC LEEさんが持ってきてくれました。これで出航できます。ハーバーで毎日仕事をしている多くのクルーメンバーや小畑さんほかに見送られて10時50分にペナンのマリーナを出航しました。いつものどんよりとしたもやのかかった空ではありますが今日は太陽が少し見えています。無風で海面は鏡のように静かですが、潮の流れが強く南に向かって2ノット近くありそうです。ペナン大橋のすぐ手前を東に向かって恐る恐る進みましたが最も浅いところで2.9mでした。今日は一日中北西の風でしたので機走で45マイル強走り19時過ぎの日も落ちて暗くなりかけた頃にパヤール島の南側のブイをつかまえて海上係留することができました。航海中は漁船が網を引いているのを避けたり大きな流木を避けたりなかなか気を抜けないウォッチでした。

Ericさんが届けてくれました

Img_7606_r_2

これからくぐるペナン大橋
Img_7607_r

Img_7609_r
世界遺産ジョージタウンの遠景
Img_7612_r_2

パヤール島のブイ

Photo

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 9日 (金)

出航準備

2015年10月9日は朝からジョージタウンに行きイミグレーションなどいつもの3か所の事務所を回って出航手続きを済ませてきました。明日10日の朝10時にランカウイのテラガヨットハーバーに向けて出航する予定です。UFOの小畑さんももう一つのカタマラン「NONBIRI」に現地日本人のお客さんを乗せて明後日の朝にランカウイに向けて出航予定だそうです。ランカウイで日本人艇「LEV」「NONBIRI」そしてうめぼしの3艇が揃ってアンカーリングすることになりそうです。また小畑さんは「NONBIRI」で12月にタイのプーケットで開催されるキングスカップに参加予定とのことです。当方もうめぼしでなんとか参加できないかと模索中です。話は変わりますがバツウバンのマリーナ事務所に行きこれまでの係留費用の精算をしてもらいました。9月25日の夕刻にここに来てはじめはアンカーリングでしたが28日からポンツーン係留で10月10日までの合計が168RM(約5000円)でした。どういう計算をしているのかわかりませんが異常に安い費用です。

マリーナに大きなトカゲがいました。船に上がってくることもあるそうです。

Img_7566_r

Img_7568_r
Img_7569_r
Img_7570_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 8日 (木)

本間さんご夫妻のLEV出航

2015年10月8日は午前10時半の満潮に合せて本間さんご夫妻の乗るLEVがバツウバン(ペナン)のマリーナを出航して行きました。ランカウイまで2~3日かけて行きしばらく滞在してまた戻って来るそうです。ペナン大橋の手前を橋に沿って東に行きマレー半島に近いところにある橋脚の高いところをくぐり抜けて北に向かいます。ここ数日は夜に弱い北風が吹き日中は晴れて南寄りの風が吹く良い天気が続いていますので良い航海ができることでしょう。うめぼしも明後日の朝に同じルートを通って行きたいと思っています。本間さんご夫妻にはペナンやランカウイについての多くの貴重な情報を教えて頂きました。ありがとうございました。ランカウイでまたお会いできることを楽しみにしています。

本間さんのLEV(ハルの緑色がきれいです)

Img_7597_r
Img_7598_r
Img_7601_r
Img_7602_r
ペナン大橋の横を通っていきます
Img_7604_r

また、今日は先日購入した整備用品をマリーナで受け取りました。残念ながら一部の品は明日の配送になってしまいました。

配送員と受け取った品物
Img_7605_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 7日 (水)

ヘビ寺観光

2015年10月7日は自転車でマリーナの南側にサイクリングに出かけました。ツインタワーマンションなどの高層ビル群を抜けて海沿いのサイクリングロードをしばらく走るとイオンなどがあるクイーンズベイに出ます。更に南に下ると今度は大きな工場地帯にでました。低層の大きな建屋がいくつもあり電子精密産業の工場群のようです。その工場群の中の一角にヘビ寺がありました。1850年に建てられた中国儒教寺院でヘビが守護神として祀られており生きたヘビと一緒に記念写真も撮れるようです。そしてその隣にはまだ新しいインドヒンズー教の立派な寺院がありましたので中を少し参観させてもらいました。

マリーナのすぐそばにあるツインタワーマンション

Img_7584_r

マリーナ近くの高級マンション群(中央奥にイオンが見えます)
Img_7585_r

ヘビ寺の正面
Img_7587_r

Img_7590_r
Img_7589_r
ヘビ寺のとなりの立派なヒンズー教寺院
Img_7591_r
Img_7592_r
Img_7593_r
Img_7594_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 6日 (火)

ペナン島北側の高級リゾート地域

2015年10月6日は自転車でジョージタウンのコムタバスセンターまで行きそこから101番のバスに乗ってペナン島の北西側の一番奥の町テロッ・バハンまで行きました。途中バスの車窓からはペナン島北側海岸沿いの美しいビーチと高層マンション群を見ることができました。さすがのペナン島もテロッ・バハンまで来ると高層建築のコンドミニアムもなく静かな港町の雰囲気に包まれていました。そして帰りはバスを途中のタンジュン・トコンの街で降りてStraits Quay Marinaに寄ってきました。ここは高級高層マンションやショッピングモールなどに囲まれた高級マリーナでした。

テロッ・バハンの街の入り口

Img_7574_r

ピクチャープラントのモニュメント
Img_7573_r
町の一番奥の渡し船のりば
Img_7571_r
テロッ・バハンの街並み
Img_7572_r
Straits Quay Marina
Img_7582_r
Img_7578_r
Img_7581_r
Img_7576_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 5日 (月)

船底塗料その他の調達

2015年10月5日(月曜日)は午前中から自転車でジョージタウンまで出かけました。足立さんに作ってもらった上架整備用の材料を調達するためです。足立さんから指示された整備用部材リストは以下です。

1, Bottom paint blue seajet033 or Equivalent Micron Extra 2gallon or 8LTR

2, Interprotect 750ml 1BTL

3, Perfectionplus 750ml 2BTL

4, Retarder thinner NO9 1LTR 1BTL

5, Epoxy thinner NO7 1LTR 1BTL

6, West system 105 4LTR and Hardener 1BTL 1set

7, Teak deck cleaner 1set

ジョージタウンに入っていくつか店を訪ね3軒目の店がジョージタウンの南東側のPengkalan weld通り沿いにあるPen Marineというヨット用品のショップでした。この店でくだんのリストを見せたところすぐに大丈夫だと言ってくれました。船底塗料はMicron Extraが4リットル45千円と高かったのでJOTUNのものにしましたがそれ以外はほとんど指定のものを購入することができました。8日の14時に今いるマリーナまで届けてくれることになりました。これで11月4日から11日までのクラビーでの上架整備に当たっての部材調達関係の不安はだいぶ軽減されました。

購入品のリスト(合計で10万円ほどになりました)

Img_7563_r
購入した店の名刺

Img_7564_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 4日 (日)

ヘイズ(HAZE)

2015年10月4日も朝から濃いもやが立ち込めています。海からの湿気った空気が南風に乗って吹き寄せることでできるものだと思い込んでいましたがどうも違うようです。小畑さんの話ではヘイズ(HAZE)なのだそうです。インドネシアのスマトラ島での山焼きや山火事による煙が原因でできるもやで以下に詳しく出ています。

http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/article/1143418820210664901

マレーシア環境省のウェブサイトのAPI指数では今日のペナンは172だそうです。

http://apims.doe.gov.my/v2/

今日も大型スーパーテスコまで買い物に行き、カセットガスボンベを買ってきました。一本210円と日本で買うよりも倍くらいします。プロパンガスをカセットボンベ3連結にして便利になりましたが価格は高くなりました。でも3本で10日くらいは持ちますので1日当たり60円程度で済んでいます。

ロティを買って帰って夕食にしました

Img_7562_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 3日 (土)

ハラール

2015年10月3日の土曜日は自転車で近くの大型スーパーのテスコまで買い物に出かけました。テスコではノンハラールのコーナーがあり豚肉やアルコール類はそこで売られていますが今日はビールのコーナーのレジの人がいなかったので普通のレジでビールを買ったところレジの人がいやな顔をしてビールに触りたくないという雰囲気がありありでした。マレーシアではハラールを尊重しないといけないなと改めて感じた瞬間でした。そしてスーパーからの帰り道に道路に青いテントを張って多くの人がビールや焼豚を食べているところに差し掛かりました。聞いてみるとお葬式だと言います。青と白と黒の幕を張って参列者に料理をふるまっているのだそうです。マレーシアでも華人の社会ではハラールはまったく関係ないのです。今日は小畑さんから和風おでんの差し入れがありおいしくいただきました。また小畑さんのバイクをお借りして近くのガソリンスタンドまで軽油を買いに行きました。同じスタンドで買うのですが日によって価格が異なります。ペナンで合計80リットル買いましたが最初の20リットルは39RM、次の20リットルは36RM、次も36RM、そして今日は38RM。マレーシアでは39RMが公定価格になっているので、いずれにしても最安値ではあるので特に不満はないのですがなぜ同じスタンドで日によって価格が異なるのかはよくわかりません。これで燃料も合計200リットルになりましたし出航の準備は整いました。

大型スーパーTESCO

Img_7556_r
ノンハラールの表示

Img_7560_r
道路にテントを張ってお葬式があっていました

Img_7559_r
小畑さんから頂いたおでん
Img_7557_r
今日も南寄りの風が吹き濃いもやに包まれています

Img_7558_r

夕方からポンツーンの上でパーティーです。右がUFOです。

Img_7561_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 2日 (金)

ジョージタウンまでサイクリング

2015年10月2日は久しぶりに晴れの良い天気になったので洗濯ものを干したまま、自転車でジョージタウンまで行ってきました。マリーナから海岸沿いに自転車専用道路が整備されていて信号もほとんどなく非常に快適にサイクリングすることができ、ジョージタウンの一番北の端のコーンウォリス要塞まで約9kmをゆっくり走って40分前後で行くことができました。インフォメーションセンターによって情報を仕入れ歴史的建造物が多い町の東側地区を回ってその一角にあるThe Royale Bintang Penangというホテルのレストランでフレンチを食べて帰ってきました。

外側から見たコーンウォリス要塞

Img_7542_r
Img_7543_r
ジョージタウンの北側の海岸の景色
Img_7544_r
カジノ客船の広告
Img_7545_r
ホテルのレストランで

Img_7550_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 1日 (木)

バツウバンマリーナの艇

2015年10月1日と既に10月になり今年も残すところ3か月になってしまいました。時のたつのは速いものです。今日のペナンのマリーナは気温30度前後で一日中どんよりとした曇り空というか重たい霞がもたれかかっていて今にも雨が降り出しそうでなかなか降り出さない天気でした。そのような曇り空の中でマリーナ管理担当のアノアさんがバツウバンマリーナ内を案内してくれました。マリーナ全体はそれほど大きくはないのですが、世界中の国からいろいろな国のヨットが集まってきていてカラフルで静かなヨット溜まりの様子を見ることができました。そのなかで日本人所有の艇がUFO(小畑さん)、LEV(本間さん)、Wanderlustと3艇もありました。皆10年以上このマリーナに係留しているそうです。そのなかでWanderlustのオーナーは今は大阪に帰っていて体調がすぐれず艇を売りにだしているそうです。りっぱなクラシックタイプの丸いハルのヨットで、艇の中身の状態はよくはわかりませんがこのマリーナに係留できるだけでも相当な値打ちがあると思われます。そして今晩はLEVの本間さんご夫妻に料理持ち寄りで「うめぼし」に来ていただき歓談することができました。

マリーナ管理のアノアさん

Img_7536_r
Img_7537_r
売りに出ているWanderlust
Img_7538_r
Img_7539_r

うめぼしにお越しいただいた本間さんご夫妻
Img_7540_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »