« 2016年3月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

イーストロンドンからポートエリザベスへ

2016年8月30日の朝の9時半にイーストロンドンのバッファローリバーヨットクラブを出航しました。昨日はどこにも行かずに艇の中でゆっくり休養しました。朝港を通り抜けて海に出るとまたすぐにクジラが出迎えてくれました。イーストロンドン沖にはクジラが住んでいるようです。海に出ると予想に反して南西の風が8m前後吹いておりそのまま機走で15時半まで走りました。15時を過ぎてやっと東の風が吹き出したので風が強くなるのを待ってメインセールをフル展開し真追手で帆走を開始しました。この風は翌日の3時頃まで続き夜の間に60海里ほど距離を稼ぐことができました。明け方には無風となり6時から機走を開始して40マイル14時にポートエリザベスのアルゴアベイヨットクラブのポンツーンにもやいをとることができました。ちょうどポンツーンで釣りをしていたディーンさんがもやいを取ってくれ、またいろいろとマリーナの状況も教えてくれました。今回のルートは南アフリカの南東端の曲がり角に当たり多くの大型船が航行していました。夜になってAISをパソコンに表示してみると常に10隻以上の大型船が行きかっています。昨晩の内に3隻とかなりのニアミスがありました。AISがあっても近づいてくると怖いものです。

もやいを取ってくれたディーンさん

Img_8761_r
ALGOA BAY YACHT CLUBのポンツーンにもやわれたうめぼし
Img_8762_r
Img_8763_r

水道と電気の設備があります。水道は使えそうです。
Img_8764_r

ALGOA BAY YACHT CLUB
Img_8766_r

オフィスは今日はすでに閉まっていました
Img_8767_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

うめぼし航行状況 南ア リチャーズベイ~ポートエリザベス<第7便>到着!!

うめぼしから、南ア リチャーズベイ~ポートエリザベス 航海の<第7便> がeメールで届きました。(日本時間 8/31 2127受信)

14時にポートエリザベスのポンツーンにもやいをとることができました。
今日は6時から14時まですべて機走でした。増田

とのこと。

日本時間21時に無事ポートエリザベスへ到着したようです。

落ち着いたら現地から詳しい状況がアップされると思います。

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

うめぼし航行状況 南ア リチャーズベイ~ポートエリザベス<第6便>

うめぼしから、南ア リチャーズベイ~ポートエリザベス 航海の<第6便> がイリジウムメールで届きました。(日本時間 8/31 1328受信)

201608310600 335818S 0262496E Ima Mufuu 0600yori Kisoukaisi Mada Yoake Mae Sakuban Wa 1730ni 2pon Ni Sita

2016年8月31日0600(現地時間=日本時間-7H)の現在位置は南緯33度58.18分、東経26度24.96分。いま無風。0600より機走開始。まだ夜明け前。昨晩は1730に2ポイントリーフにした。

とのこと。

現在位置は、ポートエリザベスの湾口東端の約20マイル沖合、ポートエリザベス港の東約50マイル。状況が変わらなければ機走10H程度で目的地ポートエリザベス港到着と思います。

現在位置: https://www.google.co.jp/maps/place/33%C2%B058'10.8%22S+26%C2%B024'57.6%22E/@-33.6808907,25.9928722,9z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d-33.969666!4d26.416?hl=ja

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

うめぼし航行状況 南ア リチャーズベイ~ポートエリザベス<第5便>

うめぼしから、南ア リチャーズベイ~ポートエリザベス 航海の<第5便> がイリジウムメールで届きました。(日本時間 8/31 0010受信)

201608301700 333010S 0272391E 0930shukkou 1530made Kisou E4m=6m Sinro SW5kt Hare Uneri1m Namisizuka Konban Wa Full Main De Iku

2016年8月30日1700(現地時間=日本時間-7H)の現在位置は南緯33度30.10分、東経27度23.91分。0930出港、1530まで機走。東4m/s~6m/sの風。進路南西、5ノット。晴れ。うねり1m、波静か。今晩はフルメインで行く。

とのこと。

現在位置は、風待ちで寄港したイーストロンドンの南西約40マイル。目的地ポートエリザベスの東約90マイル。風向きもよくなり、ポートエリザベスまでほぼ1日の行程です。

現在位置: https://www.google.co.jp/maps/place/33%C2%B030'06.0%22S+27%C2%B023'54.6%22E/@-33.5016615,25.1572892,7z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d-33.501666!4d27.3985?hl=ja

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月30日 (火)

イーストロンドンからポートエリザベスへ

2016年8月30日はイーストロンドンからポートエリザベスに向かう予定です。今日の風予報では朝のうちは南西の弱い風ですが昼前から東、北東に変わって明日いっぱい北寄りの風が吹くようです。従って朝の10時頃に出航し130海里を航海し明日の朝にはポートエリザベスに着く予定で行きます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月29日 (月)

リチャーズベイからイーストロンドンへ

2016年8月27日の朝の8時過ぎに予定より少し遅れてリチャーズベイを出航しました。遅れたのはGPSマップを使っているアンドロイドPADの電源が入らなかったためです。3台目でやっと電源が入りGPSを起動させてうまく動くことが確認できたので出航しました。2台が動かなかった原因は5か月間放置したことによるバッテリー切れでした。出航するとすぐに北東の風が10m前後吹き出しメインセールをフルに上げてポートタックで走りだしました。ほとんど真追手でしたのでジブセールは少し出してみたもののシバーするばかりですのですぐにファーラーで巻き込んでしまいました。風は予想以上に徐々に強くなり強い時は風速計が16mを示すようになりました。追手で16mですので実際にはそれ以上吹いているものと思われます。午後2時頃には更に強まりそうでしたのでメインセールを2ポイントリーフにしました。それでも7ktから8ktのスピードがでています。きっと連れ潮が相当強かったのではないかと思います。波も高まってきて後ろからだけではなく時々横からも来ます。そのためたまにですが真上に突き上げられるような揺れもあります。5か月ぶりの航海ということもあって船酔いが激しく27日の午前中から28日の午前中まで水だけしか喉を通りませんでした。天気は雲一つない快晴が続き風も北東の風が28日の夜中12時まで一貫して吹き続けました。おかげさまで40時間で280海里ほどを走ることができました。しかしその後西に振れ3時には南に4時には南西に振れて8mから10m吹き出しました。ポートエリザベスに向かうのに真正面の風でしたので一旦イーストロンドンに寄って休憩していくことにしました。29日の夜明けの6時過ぎから機帆走を開始して40海里あまり走り13時過ぎにイーストロンドンのバッファローリバーヨットクラブのカタマランComfortably Numbのブライアンさんに声をかけてもらい横抱きさせてもらいました。イーストロンドンの手前10マイルから3マイルのあたりでは風も無くなり静かな海で1時間近くクジラウォッチングを楽しむことができました。明日は朝から出航しポートエリザベスに向かう予定です。

イーストロンドンのバッファローリバーヨットクラブのカタマランに横抱きされたうめぼし

Img_8753_r_2
Img_8749_r
Img_8750_r
なかなか撮れないクジラの写真
Img_8742_r_2
Img_8746_r
Img_8744_r
Img_8745_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

うめぼし航行状況 南ア リチャーズベイ~ポートエリザベス<第4便>

うめぼしから、南ア リチャーズベイ~ポートエリザベス 航海の<第4便> がイリジウムメールで届きました。(日本時間 8/29 1319受信)

201608290600 325647S 0284380E S6m SinroWSW6kt 0600kara Kihansou Sakuya2400 0300 0400 Ni Kaze Fureru

2016年8月29日0600(現地時間=日本時間-7H)の現在位置は南緯32度56.47分、東経28度43.80分。南6m/sの風。進路西南西、6ノット。0600から機帆走。昨夜2400 0300 0400に風振れる。

とのこと。

現在位置は、出発地リチャーズベイの南西約320マイル。コーヒーベイとイーストロンドンの中間の沖合約20マイル。ポートエリザベスまでの行程の約2/3消化したところです。昨晩風向が変わり上りになったようですが、機帆走に切り替えて南ア東岸を順調に南下中のようです。

現在位置: https://www.google.co.jp/maps/place/32%C2%B056'28.2%22S+28%C2%B043'48.0%22E/@-31.3130602,26.851338,7z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d-32.941166!4d28.73?hl=ja

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

うめぼし航行状況 南ア リチャーズベイ~ポートエリザベス <第3便>

うめぼしから、南ア リチャーズベイ~ポートエリザベス 航海の<第3便> がイリジウムメールで届きました。(日本時間 8/29 0008受信)

 

201608281700 320879S 0293531E NNE5m=6m SW7kt Kaisei Tenki Antei Nami1m Fukisoku Hiruma Wa Full Main Ima 2pon Turesio Hayai@

2016年8月28日1700(現地時間=日本時間-7H)の現在位置は南緯32度08.79分、東経29度35.31分。北北東北5m/s~6m/sの風。進路南西、7ノット。快晴、天気安定。波1m、不規則。昼間はフルメイン、今は2ポイントリーフ。連れ潮速い。

とのこと。

現在位置は、出発地リチャーズベイの南南西約240マイル。コーヒーベイの沖合約20マイル。ポートエリザベスまでの行程の約1/2を消化したところです。相変わらず追い風を受けて艇は南南西へ快走中のようです。

現在位置: https://www.google.co.jp/maps/place/32%C2%B008'47.4%22S+29%C2%B035'18.6%22E/@-32.1464954,27.3472891,7z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d-32.1465!4d29.5885?hl=ja

宮原

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月28日 (日)

うめぼし航行状況 南ア リチャーズベイ~ポートエリザベス <第2便>

うめぼしから、南ア リチャーズベイ~ポートエリザベス 航海の<第2便> がイリジウムメールで届きました。(日本時間 8/28 1308受信)

 

201608280600 310876S 0303981E Kaze NE7m=8m Sinro SSW 6kt @ kaisei nami1m Fukisoku Kinou Hajime Full Main 14jikara 2pon Jib Wa Dasazu Funayoituduku

 

2016年8月28日0600(現地時間=日本時間-7H)の現在位置は南緯31度08.76分、東経30度39.81分。北東7m/s~8m/sの風。進路南南西、6ノット。快晴。波1m、不規則。昨日はじめフルメイン、14時から2ポイントリーフ、ジブは出さず。船酔い続く。

とのこと。

現在位置は、出発地リチャーズベイの南南西約170マイル。ダーバン沖を通過しダーバンの南南西約60マイルの沖合約20マイル。ポートエリザベスまでの行程の約1/3を消化したところです。追い風を受けて艇は南南西へ快走中。やはり船酔いに悩まされているようです。

現在位置: https://www.google.co.jp/maps/place/31%C2%B008'45.6%22S+30%C2%B039'54.6%22E/@-31.4391501,27.9053001,7z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d-31.146!4d30.665166?hl=ja

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

うめぼし航行状況 南ア リチャーズベイ~ポートエリザベス <第1便>

うめぼしから、南ア リチャーズベイ~ポートエリザベス 航海の<第1便> がイリジウムメールで届きました。(日本時間 8/28 0011受信)

201608271700 293807S 0313878E NE10m=16m Sinro SSW 6kt=7kt Kaisei Nami2m Fukisoku@

2016年8月27日1700(現地時間=日本時間-7H)の現在位置は南緯29度38.07分、東経31度38.78分。北東10m/s~16m/sの風。進路南南西、6~7ノット。快晴。波2m、不規則。

とのこと。

現在位置は、出発地リチャーズベイの南南西約60マイル。リチャーズベイとダーバンのちょうど中間辺りの沖合約20マイルで、追い風を受けて艇は南南西へ快走中のようです。乗組員は久々の航海の初日と大きめの不規則な波で船酔いに悩まされているかもしれません。

現在位置: https://www.google.co.jp/maps/place/29%C2%B038'04.2%22S+31%C2%B038'46.8%22E/@-31.5072822,28.1307081,7z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d-29.6345!4d31.646333?hl=ja

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月27日 (土)

リチャーズベイを出航

2016年8月27日はいよいよ出航です。天気予報では今日の土曜日から今度の木曜日まではおおむね北の風が適度に吹き天気も晴れが続くようです。朝の7時過ぎには出航したいと思います。行先はイーストロンドンかポートエリザベスを考えています。うまくいけば4日ないし5日くらいで着けると思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月26日 (金)

出航準備

2016年8月26日は昨日から借りているレンタカーでHennyさんに連れられて朝から出航手続きに出かけました。イミグレーションに行き、ズールーランドヨットクラブに行き、ツシガジヨットクラブに行きましたがなかなか進みません。どうも5か月間スモールクラフトハーバーに居座っていたことが揉めているようです。ツシガジヨットクラブの事務員がポートオーソリティに書類をメールで送って交渉してくれてやっと許可がでることになったようです。12時にズールーランドヨットクラブに行き、イミグレーション、カスタム、ポートポリスと回って最後にまたズールーランドヨットクラブに行き合計5カ所の押印を貰ってやっと2時半にすべての手続きが完了しました。その間午前中の待ち時間に町に買い物に行き食料やワイン、ビール、エンジンの不凍液5リットルなど重たいものを調達することができました。レンタカーを空港まで返しに行き艇に戻って衣類の洗濯をしてエンジンの不凍液が錆びで茶色になっていたのを水で2回洗い流し新しい不凍液3.5リットルに入れ替えました。これで出航準備万端整いました。夕方6時前にズールーランドヨットハーバーに係留しているヨットからクリスさん(スイス人)とオルガさん(ロシア人)の二人が来てHennyさんを入れて4人で明日からの航海の壮行会をやってくれました。オルガさんが焼いた大きなパンケーキを持ってきてくれました。
Img_8738_r_2
Img_8736_r
Img_8737_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月25日 (木)

シュルシュルウエ・ウンフォロージ動物保護区

2016年8月25日は南アフリカに来て初めての観光ということで朝の4時半から起きて準備をしました。6時40分にHennyさんのBMWで空港まで行きそこで昨晩予約を入れておいたレンタカーを借りました。韓国の車メーカーKIAのPICANTOという小さな車で保険などフルオプションの基本料が2日間で1126ランド(約8400円)でした。そして7時40分には空港を出てHennyさんの運転で約100kmほど北にあるシュルシュルウエ・ウンフォロージ公園の動物保護区に向かいました。途中ドライブインのKFCに寄ったりしながら9時20分には動物保護区の入り口に着き手続きをしました。レンタカーでそのまま入場するということで大人二人で305ランド(約2300円)で済みました。入るとすぐにインパラの家族が道路を横切っているのに出会い感激しました。しかしそのあとはあちこちの水辺などを回ったのですがなかなか動物に出会えずに2時間ほどが経過し今日は運が悪かったのかなとあきらめかけたころ11時半過ぎに道端で草を食べている大きなアフリカゾウに出会い夢中でシャッターを切っていました。そして続けて大きなキリンやシマウマ、サイ、水牛、バッファロー、猿などに連続して遭遇しました。ビッグ5のうちライオンとヒョウには会えませんでしたがアフリカゾウ、サイ、バッファローに会えたのは運が良かったとHennyさんから教えてもらいました。13時前に公園内の休憩所でオーストリッチミートのハンバーガーを食べて16時前はハーバーに帰ってきました。広大な公園の中を車で50km以上走り回って動物を探すというのは正に現地の言葉でいうGEMEそのものだと思いました。

Hennyさんはキャンパーを売ってBMW1000ccを買っていました

Img_8689_r

借りた小型レンタカー(運転はHennyさん)
Img_8694_r

公園の入り口
Img_8696_r

公園に入ってすぐに出会ったインパラ
Img_8701_r
Img_8715_r
Img_8729_r
Img_8731_r
Img_8732_r
Img_8725_r
Img_8708_r

| コメント (1) | トラックバック (0)

2016年8月24日 (水)

バッテリー交換ほかの整備

2016年8月24日(水曜日)は一日中晴天で風も弱く蒲団干しに最適の一日でした。朝から洗濯をして蒲団やマットレスなどをデッキ上に置いたりブームに引っかけて太陽の光を存分に吸い込ませました。こちらは冬場でも天候が安定しているときは良い天気が続くようでこれから一週間程度は晴れが続くようです。午前中にバッテリー屋さんがきてACデルコ31Sというバッテリー3台を設置してくれました。これで従来からあるACデルコM31MF1台と併せ4台のバッテリーがフル稼働してくれることでしょう。費用はバッテリー3台で5832ランドと事前の調査費120ランドを合わせて5952ランド(約44200円)でした。ついでにバッテリー屋さんの車で軽油を買いにガソリンスタンドまで連れて行ってもらい軽油100リットル(1200ランド=8900円)を調達することができました。これでほぼ出航準備が整いましたので天気予報を見ながら出航日程を設定し8月27日(土曜日)の朝リチャーズベイを出航しイーストロンドンまで行くことにしました。4日程度の航海になると思います。一昨日の夜に向かいのヨットクラブに係留しているケープタウンから来たカタマランのアンドルーさんに南アフリカの寄港地の情報を教えてもらいましたのでその情報に基づきまずは係留場所がありそうなイーストロンドンに行くことにしました。午後からオートパイロットのテストをしたところ前から使っていた一本が上手く動いてくれないようです。ケープタウンに着いたら再度チェック修理をしてもらおうと思います。

Img_8687_r
Img_8686_r

Img_8688_r

ケープタウンからきたスキッパーのアンドルーさん

Img_8651_r

左端がアンドルーさんのカタマラン

Img_8647_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月23日 (火)

船底の清掃と塗装

2016年8月23日は朝5時半に起きて朝食を作って食べ今日の上架整備作業に備えました。それでも6時半にトイレに入っているとさっそくHennyさんが声をかけてきてうめぼしの陸電をはずしもやいを解けと言ってきます。食器も洗わないまま大慌てでエンジンをかけてもやいを解き艇の移動を開始しました。7時前にはもうスロープにもやいをかけてうめぼしを固定していました。7時半にはキールが底に着いてハルが少しずつ浮き上がってきました。そして隣のレストランから電気と水道を借りてケルヒャーの高圧洗浄機が使えるようにセットアップをしました。そうこうするうちにデニスさんが来ました。Hennyさんが当日の手伝いということで手配してくれた助っ人で日当は180ランド(約1350円)です。デニスさんはさっそく高圧洗浄機を使って浮いてきたハルの洗浄をはじめました。そして11時半にはキール、セールドライブ、ラダーを含めて洗浄が終わりました。プロペラには相当量の藤壺や海藻類がついていました。11時半からマスキングテープを張りデニスさんが船底塗料を塗り始めました。私はペラクリンのプライマーを塗り12時にはクリアを塗り終えました。船底塗料は5kg缶の半分しか残っていませんでしたのでハルやキールの一部は塗りきれない部分が残りました。そして12時半にはすべての作業が終了していました。あとは潮が満ちてくるのを待つだけです。ということでローラーとトレイ購入費とデニスさんの日当合計2000円で船底清掃ができあがりました。

Img_8652_r
Img_8653_r
Img_8654_r
Img_8659_r
Img_8661_r
Img_8664_r
Img_8666_r
Img_8673_r
Img_8677_r

Img_8678_r
Img_8679_r

Img_8682_r
Img_8681_r
Img_8683_r
Img_8684_r

| コメント (1) | トラックバック (0)

2016年8月22日 (月)

艇のメンテナンス

2016年8月22日の朝は久しぶりの快晴無風で始まり蒲団でも干そうかという気になったのですが9時頃から南西の風が吹きはじめ黒い雲に覆われてきて30ノット(15m)以上の冷たい風が吹き続けました。そのため昼でも20℃前後しかなく肌寒い一日になりました。相変わらず変化の激しい天気模様が続いています。今日は9時にバッテリー屋が来ると言うことで朝からバッテリーボックスを開けて準備しようとしたところバッテリーボックスがゴキブリの巣になっていることがわかり大騒ぎになりました。急きょHennyさんにBMWでスーパーまで行ってもらいゴキブリ退治用のスプレーを買ってきてもらいました。スプレーの威力は大したもので今日だけで20匹以上が捕獲できました。キャビンの床下に缶ビールを1ダースほど保管していたのですが全部錆びて破裂し中身が空になっていました。どうもビールに酔ったゴキブリが大繁殖したものではないかと思われます。バッテリーはNO1とNO3の2台がくたびているという診断でした。ということで予備として使っていないNO4以外の3台を交換することにしました。またやっと上架整備のスケジュールが見えてきました。Hennyさんの考えは満潮時に係留場所のすぐ近くにあるスロープに艇を入れて固定しそのまま干潮時まで待つことにより艇をキールでスロープ上に浮き上がらせようということのようです。今日現地を下見して隣のレストランから水道水と電気を借りる許可を貰ってきました。天気予報と干満のタイドチャートを見ながら検討し明日実施することにしました。朝の7時の満潮時にスロープに艇を入れます。干満差は1.5mです。船底の整備がどうなるかは明日の楽しみです。

ゴキブリの巣になっていたバッテリーボックス

Img_8646_r
Hennyさんに買ってきてもらったコッコローチキラー
Img_8645_r
明日艇を入れて浮き上がらせるスロープ
Img_8648_r
Img_8649_r
係留してあるうめぼしから見たスロープ(中央)
Img_8650_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月21日 (日)

船内の清掃

2016年8月21日は前夜からの雨が降り続け明け方には気温が17℃まで下がり船の中にいても蒲団の中の温かさが心地よく感じられました。雨は午前中にはあがり昼間は24℃と過ごしやすい天気になりました。冬場は天気の変化のサイクルが短いようで雨と晴れが日替わりでやって来るようです。今日は午前中に艇の中の清掃と洗濯をして午後からはケルヒャーの高圧洗浄機を出してデッキの清掃や自転車のパンク修理などをしているとあっという間に時間が過ぎていきます。清水ポンプの力が少し弱っているようなので分解清掃を試みましたがなかなかうまく分解できず清掃するところまでいきませんでした。明日はバッテリー屋に来てもらってバッテリー交換をするつもりです。まだ上架整備の段取りができておらずもうしばらくはここに滞在することになりそうです。

ケルヒャーの高圧洗浄機

Img_8644_r

ハルのよごれは良くは見えませんが
Img_8642_r

Hennyさんのモーターボートに横抱きされているうめぼし
Img_8643_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月20日 (土)

艇の装備や備品

2016年8月20日も艇の状況確認を継続しました。昨日、陸電と水道水が使えるようになりましたのでエアコンの稼働チェックをしました。エアコンの吸水口かその近くでアカ漏れをしていたのでその近辺のホースバンドを締めなおしてスイッチを入れたところポンプは動いていて海水は汲み上がって来るものの排水口から水がでてきません。そこで排水口のホースを外してそこから逆に息を吹き入れてみましたところ初めは詰まっているようでしたがしばらく吹き続けると少し通るようになりました。再度ホースをつないでスイッチを入れたところうまく冷却水がハルの外に出てくるようになりました。どうも熱交換器の入り口付近に何かが詰まっていたようです。アカ漏れのほうは止まったようです。うまく動かなくなったオートパイロットはHennyさんがズールーヨットクラブのNel’s Marineに修理に出してくれていました。Nel’s Marineはケープタウンまでオートパイロットを送って点検をしてくれましたが特に悪いところは見つからなかったということでした。修理費542ランド(約4020円)を払ってNel’s Marineから2本のオートパイロットを持ち帰ってきました。足立ヨットから新たに1本のST2000を72700円で購入して持ってきましたのでST2000の3本だての運用になります。まだ稼働確認はできていません。HF無線機も調子が悪かったのでオークションで中古IC-706を30000円で調達して持ってきました。イリジウム端末もオークションで15000円で購入して持ってきました。2台体制です。また個人用イーパブResQLink+も足立ヨットから49000円で購入して持ってきました。南アフリカではカセットガスボンベがあまり流通していないことがわかりました。ボンベの買い置きが無くなったので買おうとしましたがどこにも売っていません。隣に係留しているクルーザーのDionさんに車に乗せてもらって10kmほど離れたGAMESTOREというホームセンターでようやく購入することができました。21本で840ランド(約6300円)と日本の3倍近い価格でした。これでやっと料理をすることができるようになりました。夕刻からHennyさんがきてビールとワインでミニパーティを開きました。

ST2000の3台体制

Img_8636_r

HF無線機(左下)

Img_8640_r

イリジウム2台体制
Img_8639_r
個人用イーパブ
Img_8627_r
Img_8626_r

Hennyさんがお箸に挑戦
Img_8641_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月19日 (金)

艇の状況確認とメンテナンス

2016年8月19日金曜日、リチャーズベイは曇りときどき晴れ、まずはうめぼしの状況を確認しました。エンジンはHennyさんが毎週1回動かしてくれていましたので何の問題も無く一発始動でした。小型船外機も月に一度動かしてくれたそうで多分問題ないと思われます。ハルの状況は外から見ただけですが表面が薄く緑色になっているだけで藤壺や海藻はあまり着いていないようです。しかし、今後の航海のことを考えると万全を期したほうがよいので上架整備をする方向で検討します。水ポンプ類は清水ポンプ、海水ポンプ、ビルジポンプは一応動きました。しかしトイレのポンプがまったく動きません。さっそくトイレから外して分解してみますとモーターの軸受け部分が錆びついてまったく回らない状態でした。そこでモーターを分解して清掃したところ何とか回るようになりました。モーターの分解はやったことがなかったのでHennyさんに助けてもらい実施しました。整流子のところにあるカーボンブラシはバネで飛び出てくる構造になっていて組み立てるのが難しいのですが、カーボン部分を釣り糸で両側に引っ張って組み立てた後に、行って来いになっている釣り糸をそっと引き抜くと言う素晴らしいアイデアで上手く組み立ててくれました。一応動くようになりましたがモーターのカバー部分も錆でぼろぼろになっている状態ですのでJABSCOのモーターとポンプのセットを35000円弱で近くのズールーヨットクラブにあるショップで購入することにしました。スリランカの漁船にぶつけられて曲がったままになっていたスタンションはHennyさんがきれいに新品に交換してくれていました。料金はHennyさんの工数もいれて1480ランド(約11000円)ということです。交換した部品は在庫の最後の一本だったそうで手に入って運が良かったと言っていました。セールもきれいに修理されていました。ジブセールのリーチの青いカバー部分は新しいカバーになっていました。メインセールのマスト側のボルトロープとスライダー部分は上手く補修していただきました。メインセールのセールカバーとビミニトップは縫い糸のほつれた部分の縫い増しをしてもらいました。これであと1年か2年は持ってくれるのではないかと思います。修理をしてくれたのはDam Dakkies Canvas Proというところで11692ランド(約87000円)でした。

モーターの分解清掃をしているHennyさん

Img_8628_r
カーボンブラシ部分をはずしたところ
Img_8629_r

新しくなったスタンション

Img_8637_r
Img_8638_r
新しいカバーになったジブセールのリーチ部分
Img_8634_r
Img_8635_r
メインセールのラフ側のボルトロープとグルーブスライダー
Img_8631_r
Img_8632_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月18日 (木)

日本からリチャーズベイへ

ブログを長い間お休みにして申し訳ありませんでした。2016年8月18日の現地時間18時半頃(時差7時間)に南アフリカのリチャーズベイに係留してあるうめぼしに戻ってきました。ということでまたブログを再開したいと思います。母の容体がよくないということで3月17日に急きょ日本に戻り、看病を続けましたが6月7日に息を引き取りました。そして49日と初盆の法要も終わりまた航海を続けることにしました。8月17日21時成田発のエチオピア航空ボーイング787で香港経由でアジスアベバに飛び、そこで777に乗り換えヨハネスブルグに行きボンバルディアのプロペラ機でリチャーズベイまで28時間の長い旅でしたが、機内で日本語が上手いカメルーンのサッカー選手と話したりリオオリンピックの帰りとおぼしき選手がいたりで飽きない旅でもありました。リチャーズベイの空港にはHennyさん手配のタクシーが待ってくれていました。なんと運転手はスモールクラフトハーバーで隣に係留している大型クルーザーのオーナーのHansさんでした。ということで空港からハーバーまでは見知らぬ土地での夜の移動でしたが安心していくことができました。こちらは真冬ですが夜でも気温は20度と比較的過ごしやすい気候です。ハーバーではHennyさんが待っていてくれ、さっそくHennyさんの艇でワインを飲みながら再会を喜び、うめぼしの状況など話が尽きませんでした。そしてその日はそのあとは何もせずシャワーだけ浴びて21時にはバタンキューと寝ていました。

| コメント (3) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年9月 »