« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月26日 (土)

今年の航海について

うめぼし航海は2014年8月に博多湾をスタートし沖縄まで行き2015年に沖縄から東南アジアのタイまで行きました。2016年はタイからインド洋を渡り南アフリカを経由して大西洋を北上しカーボヴェルデまで9800海里を航海しました。これまでの合計で約15000海里を航海したことになります。2016年1月にタイのクラビーを出航しプーケット経由でスリランカのゴールまで1142海里、ゴールからモルジブのガンまで590海里、ガンからセーシェルのヴィクトリアまで1100海里、ヴィクトリアからマダガスカルのエルビルまで700海里、エルビルからマジュンガまで180海里、マジュンガから南アフリカのリチャーズベイまで1150海里を航海しました。リチャーズベイには3月に到着しここに艇を置いて5か月間日本に帰りました。8月に航海を再開しリチャーズベイからイーストロンドン、ポートエリザベス、セントフランシスベイ、モッセルベイ、サイモンズタウンを経由しケープタウンまで南アフリカの沿岸各都市に寄港しながらインド洋側から大西洋側まで921海里を航海しました。9月23日にケープタウンを出航しセントヘレナ島まで1700海里、セントヘレナからアセンション島まで700海里、アセンションからカーボヴェルデのミンデロまで1620海里を南大西洋から赤道を越えて北大西洋まで航海しました。ミンデロには11月7日に到着しました。今年この間に航海に携わった期間は約5か月間(日本に滞在した期間は7か月間)でその中でも実際に航海していた時間は合計で2223時間で9800海里を平均速度4.4ノットで航海しています。エンジン稼働時間は330時間で軽油630リットル(約6万円)を消費しました。係留費用はクラビー3万円、リチャーズベイ6万円、ミンデロ7万円その他を合わせて合計20万円弱になりました。艇のメンテナンス費用はセール補修8万円、オーパイ購入8万円、バッテリー交換5万円、PLB購入5万円、無線機やイリジウム端末購入費などを含め合計39万円弱かかっています。イミグレーション関連費用8万円、飛行機代26万円、飲食費生活費その他45万円、保険料21万円で航海関連の総合計で165万円かかりました。今年の航海の特徴は長距離の航海が多かったことです。その間の航海に関するトピックスと航海中の食生活に関するトピックスについて少し記載します。長距離航海の場合には基本的に帆走が中心になります。というのも機走で走ることができる距離には限界があるからです。いつも軽油を200リットル(燃料タンクに100リットルと携帯タンク5本に100リットル)積んでいますがこれで走れる距離は400海里程度しかありません。風が吹いているときは帆走しますが無風になると機走します。無風になるとオートパイロットが使えなくなり自動操縦ができなくなるからです。逆に近距離航海の場合は機走が中心になります。クラビーからプーケットの42海里やサイモンズタウンからケープタウンの56海里などはその典型で昼間の明るいうちに必ず目的地に到着したいので時間的に確実な機走で行きます。遠洋航海では夜間のウォッチは1時間から2時間に1回程度するだけであとは寝ます。ウォッチはGPSマップで針路や速度に異常が無いか、AISで近くに大型船がいないか、風向や風速に変化はないかを確認して終わりです。最近はレーダーはあまり使っていません。AISで大型船の動向を把握できるからです。小型漁船などは遠洋の夜間にはいないという前提です。風向や風速に変化がなければ何もしないでオートパイロットの自動操縦に任せきりになります。私が嵐と呼んでいるスコール性の突風はいつ来るかわかりませんので夜間は基本的にメインセールは2ポイントリーフにしています。長距離航海中の食事は普段とそれほど変わりはありません。毎朝ヨーグルト、果物、ジュース又は牛乳、チーズ、パン又は麺などを食べます。昼食はトマト、リンゴ、玉ねぎ、ジャガイモ、カボチャなどを煮たスープに魚や肉、ハムと各種麺を加えて食べています。夕食は飲み物にチーズやビーフジャーキー、サラミなどをつまみにしてカレーやシチュースープにスパゲティなどを食べています。缶詰は肉、魚、カレーやシチュー缶、果物などを30個ほど積んでいます。果物はバナナ、パイナップル、パパイヤ、ぶどう、ミカンなど現地で採れるものを中心に食べています。野菜も各種積んでいますし卵やコンパウンドケーキのようなものも長持ちしますので積んでいます。コーンフレークやオートミールも保存食として便利ですので積んでいます。冷凍冷蔵庫は2台積んでいますが冷凍庫利用のニーズが少ないので両方とも冷蔵庫で運用しています。20日程度の航海であれば冷蔵庫だけで十分に対応可能だということです。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月17日 (木)

ミンデロに艇を置いて一時帰国

2016年11月17日はうめぼしをマリーナミンデロに置いて私は日本に帰ることにしました。長期の不在になるために艇の位置をポンツーンから離して沖側になるようにもやいを設定しコクピットには予備のもやいロープを置きビルジをすべて汲み出すなど準備をしました。そしてマリーナのバースマネージャーと受付窓口の人に留守中のことを頼み緊急連絡先などを確認しました。あとはまた戻るときまでうめぼしが無事でいてくれることを祈るだけです。ミンデロから空港までタクシーで10km約10分、空港からリスボンまで4時間、リスボンではホテルに一泊しリスボンからモスクワ経由で20時間のフライトになります。正月を日本で過し次は1月下旬から2月頃に戻ってきて航海を再開する予定です。

係留艇がいなくなったポンツーンと今日も来ている大型クルーズ船

Dsc_1168_r

ミンデロの山とマリーナ事務所

Dsc_1167_r

| コメント (9) | トラックバック (0)

2016年11月16日 (水)

ARCラリー艇の出航

2016年11月16日の朝はこちらではめずらしいほとんど風のない静かな夜明けで気温は25度布団から出るとちょっと肌寒く感じる乾燥した気候です。それでも昼間は暖かく半袖半ズボンで十分です。今日はARCラリー参加艇の出航が予定されていましたが生憎の微風で午前中は皆出航を見合わせていました。昼前にやっといつもの北東の風がそよそよと吹き出し12時から一斉に出航していきました。MASAYUMEという名前の80フィート以上の木造艇や70フィートのカタマランなど大型艇が揃って出航しセールを張っている様子は壮観なものがあります。ペドロ夫妻が乗る50フィート強の艇OASISも私のお手製のスープを持って出航して行きました。マリーナはまたがらがらになりましたが多分近くにアンカーリングをしていた船が何艇か戻ってくるのではないでしょうか。

青いハルが70フィートカタマラン(手前の52フィートが小さく見える)

Dsc_1159_r
Dsc_1160_r
Dsc_1165_r
Dsc_1161_r
Dsc_1162_r

近くにアンカーリングしている艇のテンダーがフローティングバーの横に着艇

Dsc_1158_r_4

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月15日 (火)

うめぼしのメンテナンス状況

2016年11月15日はうめぼしの艇の最近のメンテナンス状況についての話です。ミンデロに着いてからインバータが使えなくなりました。陸電があるのでとりあえずは差支えないのですが原因を調査したところインバータ本体が動いていませんでした。一応分解して中身を見てみましたが集約された電気回路はまったく手の着けようがありません。やむを得ず交換することにしました。壊れかけているトイレのモーターポンプアセンブリとオートパイロットST-2000の4代目、そして2KW正弦波インバータを足立ヨット造船に発注して次回こちらに来るときに持ち込むことにしました。またガスコンロ用のブタンガスカセットがミンデロでは売っていません。やむを得ず3kgのプロパンガスタンクとレギュレータを買ってきて設置しました。タンク、レギュレータ、ガス、ホースセットで2500円程度でしたのでカセットを買うよりも安くついたと思います。これでカセットガスとプロパンガスの二本立てになりましたのでバックアップの意味を含めて安心できるようになりました。カセットガスは3本690グラムで10日位持ちますのでプロパンガス3kgあれば40日位は持つのではないかと思っています。エアコンはコンプレッサーと海水ポンプは動き暖房はできるのですが冷房が動かないままです。気象FAXはドイツのハンブルグの電波を受信することができました。しかしなぜ南アフリカで南アフリカの電波を受信できなかったのかは不明のままです。

壊れた2KWインバータ

Dsc_1154_r
新たに設置したプロパンガス(右側は3連カセットボンベ)
Dsc_1157_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月14日 (月)

ジブラルタルまでのルート

2016年11月14日は大西洋高気圧の勢力が弱まったことで北東の風も少し弱くなりマリーナの中は静かな夜明けを迎えました。BARBADOS50のラリー艇が出航して行ったあとのマリーナはがらがらの状態でしたが昨日にはARCのラリー艇も71艇のうちのほとんどが到着してまたマリーナのバースは満杯になり多くのクルーメンバーが忙しそうに行きかっていました。また昨日はペドロがうめぼしに来てくれて地中海へ向かうための情報を教えてくれました。大西洋に低気圧ができたときに南寄りの風が吹くのでその時を狙って来年の1月か2月頃にまずカナリア諸島のグランカナリア島のラスパルマスに向かいます。ラスパルマスのマリーナが安くて設備もよいし大きいので受け入れ可能性も高いと言うことです。その次は風次第ですがマデイラ諸島のポルトサント(Porto Santo)にいきます。また場合によってはモロッコのモハメディアのマリーナに寄港するのもよいと言うことです。モロッコはアフリカ諸国の中では数少ない治安の良い国で寄っても問題ないということでした。そして風が良ければ直接ジブラルタル海峡の南側つまりアフリカ大陸にあるスペイン領のセウタに向かいます。これでジブラルタルまでの概ねの計画が見えてきました。またペドロはATLANTIC ISLANDSという本の抜粋をたくさんコピーしてくれました。しかしペドロからは冬の低気圧の風なので時には30~40ノットの風が吹くと言って脅されました。通常ルートを逆行するわけですので多少のリスクはやむをえないと思って用心して行きたいと思います。

ARCラリー艇で溢れかえるミンデロマリーナ

Dsc_1155_r

Dsc_1158_r_3

Dsc_1159_r
Dsc_1143_r
Dsc_1142_r

| コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月13日 (日)

イミグレーション関連手続きその2

スリランカは事前にオンラインビザ申請(35USD)が必要であることと現地エージェントを経由することを求められました。エージェントはWindsorreefにお願いし費用は入出国費用を含めて225USDでした。ゴールの港の前に午前11時に到着して港に入ろうとしたらVHFで港の外の海岸寄りにアンカーリングして待つように指示されました。13時に軍の検疫担当の船が来て船内をチェックして入港が許可されました。入港してポンツーンに係留後にエージェントの担当者が艇にきてイミグレーションの担当が来るのを待ち船上で手続きをしました。その後エージェントに連れられイミグレーション、カスタム、ヘルスの3か所で手続きをしました。エージェントがすべて案内してくれ街中まで連れて行ってくれましたので非常に楽でした。

モルジブは48時間以内の滞在はエージェント不要だということでガンの港に直接乗り入れました。ところがイミグレーションの場所も判らず近くにいた人々に大いに迷惑をかけました。コストガード、ポートヘルス、カスタム、イミグレーションの4部門の人に艇まで来てもらって入国処理を済ませました。翌日は土曜日でしたが出国手続きをする必要があり4部門を廻ろうとしましたが事務所はお休みの所が多くそれぞれの部門に出勤をお願いして対応してもらいました。費用は16000円程度でしたがエージェントがいるときは頼んだ方がよほど良いと反省しきりでした。セーシェルは首都のヴィクトリアで入出国手続きをしました。入港してVHFで呼びかけるとヘルス、カスタム、イミグレーション、セキュリティの4部門の人がパイロットボートでうめぼしまで来てくれて入国処理は完了しました。出国手続きは4か所の事務所を廻ったのですが最後のイミグレーションでパスポートを戻してくれません。押印して渡すのは明日の朝出航時にコーストガードの岸壁で渡すと言うのです。翌朝艇を出航して指定された岸壁に行くと3人の人影がみえますが10m以上の風が吹いていてうまく岸壁に近づけません。港の内側のコーストガードの艇に横抱きすることで必死の思いでやっとパスポートを受け取ることができました。費用は約8000円程度でした。マダガスカルはノシビーで入国手続きをしました。上陸するとすぐにロメオというエージェントが寄ってきてあとはロメオに任せきりになりました。ポリス、イミグレーション、カスタムを廻り7200円程度支払い、ロメオにも2200円程度支払いました。マジュンガではイミグレーションとポートキャプテンに行き2000円程度支払い出国手続きは終了しました。南アフリカはリチャーズベイのスモールクラフトハーバーで入国手続きをしました。ポリスが係留場所を指定してくれイミグレーションに連絡をしてくれましたのでQフラグを掲げて艇で待ちましたがいつになっても来てくれません。現地で知り合ったHennyさんに車でイミグレーションとカスタムの事務所まで連れて行って貰って手続きをしようとしたところカスタムは受け付けてくれましたがイミグレーションは艇で待つようにと言って受け付けてくれませんでした。結局2日後丸々49時間待ってやっとイミグレーションの係官がきてくれて手続きが完了しました。Noonsiteによれば8日間待たされたケースもあるようです。費用は無料でした。リチャーズベイから出航するときはズールーヨットクラブが申請者になってイミグレーション、カスタム、ポートポリスの3か所を回る必要がありましたがHennyさんが車で連れて行ってくれましたのでうまく行きました。その後ケープタウンまで各地に寄港しましたが手続きは不要でした。ケープタウンではロイヤルケープヨットクラブで出国手続きをしました。ポートコントロール、カスタム、イミグレーションの3か所に行く必要がありましたがヨットクラブの車で連れて行ってくれましたので簡単に終えることができました。ヨットクラブに手数料250ランド(1750円)を払いました。セントヘレナでは入国時にポートオーソリティとイミグレーションで約7000円を支払い、出国時に同じ2か所を廻って手続き完了です。アセンションでもポートコントロールとポリスで4600円を払って入出国ともに手続きできました。アセンション島については事前にメールで入国許可申請書を送りました。またセントヘレナとアセンションでは健康保険証の提示を求められました。カーボベルデのミンデロではマリーナオフィスで受付を済ませ徒歩10分ほどのポートオフィシャルズ、イミグレーションの事務所で5ユーロ(600円)を支払い入国手続きが完了しました。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月12日 (土)

イミグレーション手続きその1

2016年11月12日はイミグレーション関連について少しまとめてみたいと思います。と言いますのも私自身が事前調査不足のまま行き当たりばったりで行ったために結構手間が掛かったり時には相手や周りの人に迷惑をかけてきたのではないかという反省の意味も込めて今後の参考になるようメモにしておこうということです。昨年日本を出てから入国した国は台湾、フィリピン、マレーシア、ブルネイ、タイ、スリランカ、モルジブ、セーシェル、マダガスカル、南アフリカ、セントヘレナ、アセンション、カーボベルデの13か国です。まず台湾ですが、今でもどうすべきかよくわからないというのが実感です。

http://fujitsuyacht.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-0891.html

にも書きましたがMT-NETへの登録は今でも私には難しそうです。Noonsiteによると各港にサポートしてくれる人がいるようですのでその人に事前に連絡して対応してもらうようにするのがよいと思われます。基本的にイミグレーションとコーストガードの2つの部署の処理が必要で両方とも無料です。ただ碧砂漁港のブライアンさんに頼んだように代理人をたてるとその費用が掛かります。次にフィリピンですがプエルトガレラで入国しプエルトプリンセサで出国しました。入国処理ではイミグレーションの係官に12000円程度支払いましたが出国処理は無料でした。事前の情報では港ごとに手続き費用がことなる(係官次第)ようで定まった費用規定はないようですし領収書ももらえませんでした。Noonsiteの以下の記事のFeeの部分にも似たようなことが書いてあります。

http://www.noonsite.com/Countries/Philippines/PuertoPrincesa/Countries/Philippines?rc=Formalities

カスタムには結局一度もいかずじまいでした。次にマレーシアですが基本的にイミグレーション、カスタム、ジャバタンラウトの3か所で手続きが必要で費用は無料です。マレーシアでは国内の移動であっても港に着く毎に必ずこの3か所を訪問することが必要でした。ブルネイはマレーシアと基本的に同じです。タイはプーケットで入国と出国手続きをしました。事前にオンラインチェックインシステムへの入力が必要でまたAISの搭載も求められました。手続きはハーバーマスター、カスタム、イミグレーションの3部門に行くことが必要ですが実際にはピアーの先の一つの建物にすべて入っていて非常にスムーズに処理できました。費用は800バーツ(約2400円)でした。

http://www.noonsite.com/Countries/Thailand/Phuket

| コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月11日 (金)

ミンデロの街の散策

2016年11月11日の朝のミンデロはいつも通り風が強いものの24℃と暖かい気温のなかで夜が明けていきました。今日は晴れて太陽が顔を出していますので午前中からミンデロの街の散策に出かけてみました。とはいえまずは一昨日から調子の悪い胃の具合を見てもらうために街のクリニックにいきました。海外航海に出かけて医者にかかるのはこれで2回目になります。受付を終えて30分ほど待たされましたが医者は丁寧に私の説明を聞いてくれて食事の内容など対応方法を説明し薬も処方して20分程の時間をかけてくれました。非常に親切な医者という印象で診察料は約2000円です。そのあと薬局で払った薬代は800円でした。マリーナは街の中心部にありますので歩いて3分で中心街です。ミンデロの街は人口7万人ほどの比較的小さな街ですが街中は人通りが多く活気が感じられます。昔のポルトガル風のパステルカラーの家並みが続くきれいな街でもありますし街頭広告やネオンサインなども少なく昔の時代にタイムスリップしたような印象です。昨日は10万トン3000人の乗客が乗る大型クルーズ船も来ていて多くの人が訪れる観光地でもあるようです。

マリーナの前のロータリーにある大きな鷲のモニュメント

Dsc_1126_r
パステルカラーの家々
Dsc_1145_r
Dsc_1146_r

11月10日にミンデロに来航した10万トン大型クルーズ船

Dsc_1141_r

11月12日はAIDAcaraという38000トン乗客1100人のクルーズ船がきていました

Dsc_1150_r

| コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月10日 (木)

今年の航海距離について

2016年11月10日は2016年の航海ルートを振り返ってみました。1月13日にうめぼしを長期に預けていたタイのクラビーからプーケットに42海里を移動し出国手続きや食料の買い出しをして1月15日にプーケットを出航しました。

15日プーケット ⇒スリランカのゴール    :11泊1100海里

30日ゴール   ⇒モルジブのガン      : 6泊 590海里

2月7日ガン   ⇒セーシェルのビクトリア  : 8泊1100海里

18日ビクトリア ⇒マダガスカルのヘルビル : 7泊 700海里

28日ヘルビル  ⇒マジュンガ         : 2泊 180海里

3月3日マジュンガ⇒南アフリカのリチャーズベイ:11泊1150海里

ここまでのインド洋航海の合計は45泊4820海里(+クラビーからの42海里を入れると4862海里)になります。その後リチャーズベイで5か月ほどお休みをして8月27日に出航しました。

リチャーズベイ  ⇒イーストロンドン     : 2泊 340海里

イーストロンドン ⇒ポートエリザベス     : 1泊 130海里

ポートエリザベス ⇒セントフランシスベイ   : 0泊  55海里

セントフランシス ⇒モッセルベイ       : 1泊 140海里

モッセルベイ   ⇒サイモンズタウン     : 1泊 200海里

サイモンズタウン ⇒ケープタウン       : 0泊  56海里

南アフリカを大西洋側に渡るのに5泊と2日で921海里になります。 9月23日にケープタウンを出航してセントヘレナに向かいました。

ケープタウン   ⇒セントヘレナ島      :15泊1700海里

セントヘレナ   ⇒アセンション島      : 7泊 700海里

アセンション   ⇒カーボベルデのミンデロ  :18泊1620海里

大西洋の北上は40泊4020海里でミンデロに11月7日に到着しました。これらを合計すると90泊9803海里になります。航海日数は約3か月で単純に割ると一泊109海里ということになります。所要時間は2223時間で24時間で割ると92日強になります。9803海里を2223時間で割ると平均で4.4ノットの速度になります。エンジン稼働時間は330時間ですので航海時間のうちの15%はエンジンが動いていたことになります。

タイから南アフリカのリチャーズベイまでインド洋横断

Photo

南アフリカをインド洋から大西洋へ

Photo_2

大西洋を北上
Photo_3

| コメント (1) | トラックバック (0)

2016年11月 9日 (水)

ラリー参加艇の出航

2016年11月9日のマリーナは早朝から人の往来がたくさんあり出航前のあわただしさを感じました。昨晩は18時からマリーナ内のフローティングバーでBARBADOS50ラリーの出航前のフェアウェルパーティーが開催されて賑わっていました。18時半頃に行ってみるとカウンターに座るや否やリスボンから来ているペドロさんに声をかけて頂きペドロさんのテーブルでビールをご馳走になりながらいろいろと話を聞かせてもらいました。ペドロさんご夫妻はラリーとは別に単独でこれからカリブ海に行き現地で息子や娘や孫を呼んでみんなでカリブ海クルージングをする予定だということです。ラリー艇は今朝9時から順次出航ということで私も見送りに行ってみましたが艇ごとにかなり時間差があり午前中くらいにかなりの艇が出発しました。クルーが来るのを数日待ってからという艇もあり昼過ぎても10艇くらいはまだ残っています。ポンツーンにはラリー主催者のジミーコーネルも見送りにきており私も挨拶をして地中海に行くのに適している時期はいつかを聞いたところ冬の1月から3月にかけては時々大西洋に低気圧が発生してそのときは数日間南西の風が吹くことがあるのでその風を待つのが良いと教えてくれました。

リスボンからきたペドロさんとリタさんご夫妻

Dsc_1128_r_2

Img_20161108_183244_r
今朝艇を見せてもらいました
Dsc_1129_r
Dsc_1134_r
ジミーコーネルさんと
Dsc_1132_r

| コメント (3) | トラックバック (0)

2016年11月 8日 (火)

カーボヴェルデのマリーナミンデロ

2016年11月8日の朝は心地よい暖かさと静かさのなかで明けてきました。昨夜は久しぶりのマリーナで艇の揺れも少なく航海の疲れもあったせいかぐっすりとよく眠ることができました。カーボヴェルデのサンヴィセンテ島にあるマリーナミンデロは非常によく整備されたマリーナで、ほとんどの艇がポンツーンに槍付けされ効率的に多くの艇が停泊できるようになっています。電気水道が各艇に行き渡るように配備され入退場のキーロックを含めてセキュリティもしっかりしておりこれまで訪問してきたマリーナのなかでも最高レベルにあると感じます。11月7日から来年1月7日までの2か月間の係留費は72000円ですので費用的にもまずまずと言う感じです。そういうこともあってか来訪するヨットも非常に多いように感じます。丁度今ジミーコーネル(ワールドクルージングの著者)がオーガナイズするラリーBARBADOS50の33艇が来訪していて 33艇が明日の朝の9時から順次スタートする予定のようです。

http://cornellsailing.com/sail-the-odyssey/barbados-50/route-schedule/

そして入れ替わりにARCのラリー艇が入ってきます。ARCは9日から16日まで約70艇分のバース予約をしているそうです。

https://www.worldcruising.com/arc/arcitinerary.aspx

ということでうめぼしも昨日このマリーナに着いたときには予約がいっぱいで入れないと断られたのですがいろいろ交渉してみるとマリーナオフィスの横の狭い場所を用意してくれ運良く係留することができた次第です。昨日はその後10分程歩いてイミグレーションまで行き午前中には手続きが完了していました。今の時期はヨーロッパやカナリア諸島方面からくるラリーがたくさんあるように北東の風が安定して吹く時期のようで地中海を目指すには最悪の風です。そういう状況ですのでうめぼしもしばらくここに係留して私も日本に一時帰国して休養したいと思います。

マリーナオフィスのすぐそばの一等地に係留されているうめぼし

Dsc_1118_r
Dsc_1119_r
Dsc_1120_r
BARBADOS50に参加している各艇
Dsc_1124_r
Dsc_1125_r_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 7日 (月)

アセンション島からカーボヴェルデ島へ

2016年11月7日は朝の9時40分(UTC)現地時間で8時40分にカーボヴェルデのマリーナミンデロのポンツーンにもやいを取ることができました。このマリーナは全艇槍付けですがテンダーの支援艇がいてサポートしてくれるので安心でした。今回の航海は距離1620海里、10月20日から11月7日までの18泊でこれまでの最長期間となりました。航海は風によって大きく3つのフェーズに分けることができます。第一は10月20日から26日までの南東風10m前後が吹き続けた期間、第二は26日夕刻から11月1日朝までの赤道無風帯とスコール性嵐の期間、第三は1日から7日までの北東からの北半球貿易風の期間です。第一フェーズは予定通りに吹きましたが第二、第三フェーズは予想より風が弱く少し日数がかかりましたが全体としては安定した良い天気に恵まれたと思います。第三フェーズでは北東の風を受けてできるだけ北に向かうというのぼりの風でしたが風の強さによっていろいろ工夫すると風向に対して90度よりも10度くらいはあまりスピードを落とさずに風上に向かう走り方ができたように思います。エンジン稼働時間は全部で33時間で使用した軽油は30リットルでした。1900rpmでの機走と1500rpmでの充電がほとんどです。航海機器関係ではオートパイロットのNO2が不調で不安でしたがNO3がよく頑張ってくれました。夜間バッテリーも風力発電機が上手く回れば十分まかなえることがわかりましたし、エルマシステムもそこそこ役に立ってくれたように感じます。PLAN2NAVを動かしているアンドロイドPADが充電問題やGPS連携でもたついていましたが今回アンドロイドフォンを使ってみたところうまく行きましたので次回からはフォンを中心に運用したいと思います。AISとPCの連携もうまく行くようになりました。気象FAXが使えないのが引き続き問題です。清水の使い方も工夫をして心配が少なくなりました。毎日シャワーを浴びるのですが足元にたらいのようなものをおいて頭から全身を石鹸で洗ってちょろ水で流すと一回3リットルくらいで済むようになりました。また洗濯用水もペットボトルに入れて別に用意することにしました。150リットルの清水タンクに100リットル残っていました。途中で補助タンクから30リットル追加しましたので今回の航海では80リットルの使用だったことになります。食事もヨーグルト、オートミール、卵など日持ちのするものをうまく組み合わせることで20日くらいはしのげそうな感じです。風のない時は艇の整備に力を入れました。ツナタワーのネジのゆるみの締め直し、ステーのピンの補充調整、ビルジポンプの清掃、スイッチの修理などなどです。しかし、18日間も狭い艇の中だけにいると運動不足にもなりますしもううんざりという感じがしないでもありません。最後になりましたが宮原さん今回も長期にわたってブログ対応ありがとうございました。厚く御礼申し上げます。

| コメント (2) | トラックバック (0)

うめぼし航行状況 アセンション島~カ-ボヴェルデ<第35便>到着!!

うめぼしから、アセンション島~カ-ボヴェルデ<第35便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間 11/7 1845受信) 無事到着しました。

0940 Buji Pontoon Ni Keiryuu Nagai Kikan Arigatou Gozaimasita

2016年11月7日0940(UTC:世界標準時=日本時間-9H) 無事ポンツーンに繋留。長い期間ありがとうございました。

とのこと。

目的地カ-ボヴェルデ(ミンデロ)へ、今日 11月7日0940UTCに無事到着しました。入国手続などが落ち着いたら、詳しい状況が届くと思います。

宮原

| コメント (3) | トラックバック (0)

うめぼし航行状況 アセンション島~カ-ボヴェルデ<第34便>

うめぼしから、アセンション島~カ-ボヴェルデ<第34便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間 11/7 1503受信)

201611070600 164598N 0250866W NE7=9m main jib tomo leaf abeam 0410 18mile Kara Kisou Sinro NE Ato11mile

2016年11月7日0600(UTC:世界標準時=日本時間-9H)の現在位置は北緯16度45.98分、西経25度08.66分。北東の風7m/s~9m/s。メインセール、ジブセールともに縮帆しアビーム。0410 18マイルから機走。進路北東。 あと11マイル。

とのこと。

現在位置は、目的地カ-ボヴェルデ(ミンデロ)の南西11マイル。カ-ボヴェルデの群島を通過し目的地ミンデロがある島の西岸沖合約5マイルを北上中です。昨晩は北東からの順風~強風に、セールを縮帆してアビームでが距離を稼いでいます。昨夜は47マイル距離を稼ぎました。 今日、11月7日UTC午前中に目的地に到着の見込みです。

現在位置: https://www.google.co.jp/maps/place/16%C2%B045'58.8%22N+25%C2%B008'39.6%22W/@16.6058515,-25.3311006,8z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d16.766333!4d-25.144333

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

うめぼし航行状況 アセンション島~カ-ボヴェルデ<第33便>

うめぼしから、アセンション島~カ-ボヴェルデ<第33便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間 11/7 0310受信)

201611061800 155958N 0244869W NE7=9m 0740 2pon he mokuhyou ni mukete chokusin kaisei naminoyure ookii 1700 jib 3bunno1 Ato58mile@

2016年11月6日1800(UTC:世界標準時=日本時間-9H)の現在位置は北緯15度59.58分、西経24度48.69分。北東の風7m/s~9m/s。0740 2ポイントリーフへ。目標に向けて直進。快晴、波の揺れ大きい。1700 ジブセール1/3。あと58マイル。

とのこと。

現在位置は、出航地アセンション島の北北西1563マイル、目的地カ-ボヴェルデ(ミンデロ)の南南東58マイル。カ-ボヴェルデの群島の中を通過中です。今日 日中は北東からの順風~強風に、セールを縮帆してアビームでが距離を稼いでいます。今日は73マイル距離を稼ぎました。 このペースが続けば明日、11月7日UTC中に目的地近辺に届きそうです。

現在位置: https://www.google.co.jp/maps/place/15%C2%B059'34.8%22N+24%C2%B048'41.4%22W/@15.6759224,-26.1078867,6z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d15.993!4d-24.8115

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 6日 (日)

うめぼし航行状況 アセンション島~カ-ボヴェルデ<第32便>

うめぼしから、アセンション島~カ-ボヴェルデ<第32便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間 11/6 1511受信)

201611060600 145888N 0240869W 2000kara ENE6=8m ga fukidasu 0240mufuu kisou 0510made 0510NE6=8m sinro315do abeam hare Ato129mile@

2016年11月6日0600(UTC:世界標準時=日本時間-9H)の現在位置は北緯14度58.88分、西経24度08.69分。2000から 東北東の風6m/s~8m/sが吹き出す。0240無風、機走0510まで。0510北東の風6m/s~8m/s、進路315度、アビーム、晴れ。あと129マイル。

とのこと。

現在位置は、出航地アセンション島の北北西1492マイル、目的地カ-ボヴェルデ(ミンデロ)の南南東129マイル。カ-ボヴェルデの南側の群島の中を通過中です。昨晩は一時無風の時もありましたが北東からの良い風が吹いたようです。順風のときはアビーム、無風の時時々機走して距離を稼いでいます。昨晩は57マイル距離を稼ぎました。 このペースが続けば明日、11月7日UTC中に目的地近辺に届きそうです。

現在位置: https://www.google.co.jp/maps/place/14%C2%B058'52.8%22N+24%C2%B008'41.4%22W/@15.5322621,-24.3811735,6.61z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d14.981333!4d-24.144833

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

うめぼし航行状況 アセンション島~カ-ボヴェルデ<第31便>

うめぼしから、アセンション島~カ-ボヴェルデ<第31便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間 11/6 0314受信)

201611051800 140572N 0234595W Hiruma ENE1=6m 0910=1050 to 1130=1220 wa kaze yowaku kisou Kaisei Nami sizuka ENE3=4m 3kt teidoga ooku nakanaka susumanai Nonbiri iku Ato186mile@@@@

2016年11月5日1800(UTC:世界標準時=日本時間-9H)の現在位置は北緯14度05.72分、西経23度45.95分。昼間 東北東の風1m/s~6m/s。0910~1050と1130~1220は風弱く機走。快晴、波静か。東北東の風3m/s~4m/s。艇速3ノット程度が多くなかなか進まない。のんびり行く。あと186マイル。

とのこと。

現在位置は、出航地アセンション島の北北西1435マイル、目的地カ-ボヴェルデ(ミンデロ)の南南東186マイル。カ-ボヴェルデの南側の群島まであと約50マイル。北東の風が弱まり、時々機走しながら距離を稼いでいます。今日 日中は43マイル距離を稼ぎました。

現在位置: https://www.google.co.jp/maps/place/14%C2%B005'43.2%22N+23%C2%B045'57.0%22W/@14.0100779,-23.5241337,6z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d14.095333!4d-23.765833

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 5日 (土)

うめぼし航行状況 アセンション島~カ-ボヴェルデ<第30便>

うめぼしから、アセンション島~カ-ボヴェルデ<第30便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間 11/5 1512受信)

201611050600 133042N 0232006W 1630=1830kisou NE3m sinro300do abeam 2000NNE5=6m 0300juuden kisou 0440=0520kaze yowaku kisou Hare Nami sizuka Ato229mile@

2016年11月5日0600(UTC:世界標準時=日本時間-9H)の現在位置は北緯13度30.42分、西経23度20.06分。1630~1830機走。北東の風3m/s、進路300度、アビーム。2000北北西の風5m/s~6m/s。充電機走0440~0520。風弱く機走。晴れ、波静か。あと229マイル。

とのこと。

現在位置は、出航地アセンション島の北北西1392マイル、目的地カ-ボヴェルデ(ミンデロ)の南南東229マイル。セネガルの沖合約370マイル。カ-ボヴェルデの南側の島まであと約70マイル。夕方吹いていた北東の風が弱まり夜半は北北西からの向かい風が吹いています。時々機走しながら距離を稼いでいます。昨夜は37マイル距離を稼ぎました。

現在位置: https://www.google.co.jp/maps/place/13%C2%B030'25.2%22N+23%C2%B020'03.6%22W/@15.8660929,-24.7625556,6z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d13.507!4d-23.334333

宮原

| コメント (2) | トラックバック (0)

うめぼし航行状況 アセンション島~カ-ボヴェルデ<第29便>

うめぼしから、アセンション島~カ-ボヴェルデ<第29便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間 11/5 0312受信)

201611041800 130282N 0225152W NE3=4m abeam sinro300do noborenai 1200kara kisou1h 1630=imamo kisou Kaisei gogo kumori Nami sizuka Ato266mile@

2016年11月4日1800(UTC:世界標準時=日本時間-9H)の現在位置は北緯13度02.82分、西経22度51.52分。北東の風3m/s〜4m/s、アビーム。進路300度、上れない。1200から機走1時間。1630~今も機走。快晴、午後曇り。波静か。あと266マイル。

とのこと。

現在位置は、出航地アセンション島の北北西1355マイル、目的地カ-ボヴェルデ(ミンデロ)の南南東266マイル。セネガルの沖合約370マイル。カ-ボヴェルデの南側の島まであと約110マイル。ミンデロはカ-ボヴェルデの北西の端にあります。北東の貿易風が続いています。今日 日中は軽風~中風にアビームで進路300度で航行。もう少し北へ向けたいのですが、うめぼしの上り性能では難しいようです。時々機走しながら距離を稼いでいます。今日 日中は39マイル距離を稼ぎました。 もうすぐカ-ボヴェルデの南側の島群をランドフォールするとおもいます。

現在位置: https://www.google.co.jp/maps/place/13%C2%B002'49.2%22N+22%C2%B051'31.2%22W/@13.047,-27.3410874,6z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d13.047!4d-22.858666

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

うめぼし航行状況 アセンション島~カ-ボヴェルデ<第28便>

うめぼしから、アセンション島~カ-ボヴェルデ<第28便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間 11/4 1510受信)

201611040600 123435N 0222201W ENE3=4m main jib full abeam 0130 juuden kisou 0.5h 0530 0.3h Hare Seiza kansoku Nami sizuka Ato305mile@

2016年11月4日0600(UTC:世界標準時=日本時間-9H)の現在位置は北緯12度34.35分、西経22度22.01分。東北東の風3m/s〜4m/s、メインセール、ジブセール フル展開、アビーム。0130充電機走0.5時間。0530 0.3時間。晴れ、星座観測。波静か。305マイル。

とのこと。

現在位置は、出航地アセンション島の北北西1316マイル、目的地カ-ボヴェルデの南南東305マイル。セネガルの沖合約350マイル。東北東の貿易風、昨晩は軽風~中風にアビームで着実に距離を稼いでいます。昨晩は38マイル距離を稼ぎました。  軽風のアビーム、波静か、晴れた夜空・・・快適そうですね。

現在位置: https://www.google.co.jp/maps/place/12%C2%B034'21.0%22N+22%C2%B022'00.6%22W/@12.5725,-31.3316759,5z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d12.5725!4d-22.366833

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 4日 (金)

うめぼし航行状況 アセンション島~カ-ボヴェルデ<第27便>

うめぼしから、アセンション島~カ-ボヴェルデ<第27便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間 11/4  0308受信)

201611031800 120539N 0215576W ENE 4=6m anteisite fuku Usukumori Hare Nami sizuka Boueki fuu ni haittaka Kaiteki Ato343mile@

2016年11月3日1800(UTC:世界標準時=日本時間-9H)の現在位置は北緯12度05.39分、西経21度55.76分。東北東の風4m/s〜6m/s、安定して吹く。薄曇り、晴れ、波静か。貿易風にはいったか、快適。あと343マイル。

とのこと。

本日11月3日 0600UTCのイリジウムメールは届きませんでした。11月3日 1800UTCの現在位置は、出航地アセンション島の北北西1278マイル、目的地カ-ボヴェルデの南南東343マイル。ギニアビサウの沖合約350マイル。貿易風にはいり、風向が東北東の中風~順風にアビームで距離を稼いでいます。この24時間で99マイル距離を稼ぎました。

現在位置: https://www.google.co.jp/maps/place/12%C2%B005'23.4%22N+21%C2%B055'45.6%22W/@5.0292049,-23.3204895,5z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d12.089833!4d-21.929333

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 3日 (木)

うめぼし航行状況 アセンション島~カ-ボヴェルデ<第26便>

うめぼしから、アセンション島~カ-ボヴェルデ<第26便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間 11/3  0312受信)

201611021800 104669N 0205474W ENE4=8m fukituzuku Gozen ENE6=8m 5.8kt abeam 0800 Arasi kara nigerutame kisou15fun Gogo ENE4=5m 4.7kt Kumori Nami0.5m Ato 442mile@@@

2016年11月2日1800(UTC:世界標準時=日本時間-9H)の現在位置は北緯10度46.69分、西経20度54.74分。東北東の風4m/s〜8m/s、吹き続く。午前 東北東の風6m/s〜8m/s、5.8ノット アビーム。0800 嵐から逃げるため機走15分。午後 東北東の風4m/s〜5m/s、4.7ノット。曇り、波0.5m。あと442マイル。

とのこと。

現在位置は、出航地アセンション島の北北西1179マイル、目的地カ-ボヴェルデの南南東442マイル。ギニアビサウの沖合約350マイル。風向が東北東に定まり、中風~順風を受けてアビームで順調に距離を稼いでいます。今日 日中は63マイル距離を稼ぎました。

現在位置: https://www.google.co.jp/maps/place/10%C2%B046'41.5%22N+20%C2%B054'44.4%22W/@2.9796552,-24.1804641,5z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d10.778199!4d-20.912333

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 2日 (水)

うめぼし航行状況 アセンション島~カ-ボヴェルデ<第25便>

うめぼしから、アセンション島~カ-ボヴェルデ<第25便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間 11/2  1525受信)

201611020600 094856N 0202757W ENE 3m=5m mayoko kara no kaze tuduku 0200 NE5=6m abeam hare nami1m sizuka 12.1V Ato505mile@

2016年11月2日0600(UTC:世界標準時=日本時間-9H)の現在位置は北緯9度48.56分、西経20度27.57分。東北東の風3m/s〜5m/s。真横からの風が続く。0200 北東の風5m/s〜6m/s。アビーム。晴れ、波1m 静か。バッテリー電圧12.1V。あと505マイル。

とのこと。

現在位置は、出航地アセンション島の北北西1116マイル、目的地カ-ボヴェルデの南南東505マイル。ギニアビサウの沖合約350マイル。今回の航程の2/3を越えました。風向がほぼ北東に定まり、北半球の貿易風帯にはいったようです。これからは、北東からの順風を受けてアビームで距離を稼げるだろうと思います。昨晩は久々に約55マイル距離を稼ぎました。

現在位置: https://www.google.co.jp/maps/place/9%C2%B048'33.6%22N+20%C2%B027'34.2%22W/@4.3164096,-23.6235678,5z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d9.809333!4d-20.4595

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

うめぼし航行状況 アセンション島~カ-ボヴェルデ<第24便>

うめぼしから、アセンション島~カ-ボヴェルデ<第24便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間 11/2  0305受信)

201611011800 085520N 0200851W Kesa0830made kisou NE2m Kumori 1000 E3m hare 1300 arasi tatumaki sugusobani mieru kisou de nigeru 1400 SE3m maotte 1500 ENE3=4m abeam hare nami sizuka Imamo onaji kaze Ato561mile@

2016年11月1日1800(UTC:世界標準時=日本時間-9H)の現在位置は北緯8度55.20分、西経20度08.51分。今朝0830まで機走。北東の風2m/s、曇り。1000 東の風3m/s、晴れ。1300 嵐、竜巻がすぐそばに見えるので機走で逃げた。1400 南東の風3m/s、ま追手。1500 東北東の風 3m/s~4m/s、アビーム。晴れ、波静か。今も同じ風。あと561マイル。

とのこと。

現在位置は、出航地アセンション島の北北西1060マイル、目的地カ-ボヴェルデの南南東561マイル。ギニアビサウの沖合約350マイル。まだ安定した風は吹かないようです。今日 日中に稼いだ距離は約40マイルでした。

現在位置: https://www.google.co.jp/maps/place/8%C2%B055'12.0%22N+20%C2%B008'30.6%22W/@8.92,-29.1066817,5z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d8.92!4d-20.141833

宮原

左側は雨、中央部に竜巻が見えます

Dsc_1108_r

Dsc_1109_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 1日 (火)

うめぼし航行状況 アセンション島~カ-ボヴェルデ<第23便>

うめぼしから、アセンション島~カ-ボヴェルデ<第23便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間 11/1  1508受信)

01611010600 081564N 0194911W 1900 SE3m maotte main nomi tenkai 0045 Juuden kisou0.5h Zenpou kaminari tasuu 0450 mufuu kisou kaisi Ato604mile

2016年11月1日0600(UTC:世界標準時=日本時間-9H)の現在位置は北緯8度15.64分、西経19度49.11分。1900南東の風3m/s。ま追手、メインセールのみ展開。0045充電機走0.5時間。前方に雷多数。0450 無風、機走開始。あと604マイル。

とのこと。

現在位置は、出航地アセンション島の北北西1017マイル、目的地カ-ボヴェルデの南南東604マイル。ギニアの沖合約350マイル。昨晩は南西の軽風が弱まり明け方は無風になりました。昨晩 稼いだ距離は約20マイルでした。

現在位置: https://www.google.co.jp/maps/place/8%C2%B015'38.4%22N+19%C2%B049'06.6%22W/@5.512356,-28.0802183,5z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d8.260666!4d-19.8185

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

うめぼし航行状況 アセンション島~カ-ボヴェルデ<第22便>

うめぼしから、アセンション島~カ-ボヴェルデ<第22便>がイリジウムメールで届きました。(日本時間 11/1  0336受信)

1215 NNW Kisou3h 1515 S3=4m maotte Oopai NO3 ararm NO2 ni koutai tokidoki fuchou Ato624mile@

1215 北北西へ機走3時間。1515 南の風3m/s〜4m/s。ま追手。オートパイロットNo3にアラーム。No2に交代。時々不調。あと624マイル。

とのこと。

現在位置は、出航地アセンション島の北北西997マイル、目的地カ-ボヴェルデの南南東624マイル。ギニアの沖合約350マイル。今日 日中は3時間機走のあと南の軽風で帆走しています。まだ安定した風は吹かないようです。オートパイロットでこれまで唯一好調だったNo3にアラームが出ました。故障を修理したが時々不調になるNo2と交代でダマシダマシ使うことになると思います。この12時間で稼いだ距離は約40マイルでした。

(今回のイリジウムメールは発信時刻と緯度・経度が付いていませんでした。受信した時刻から発信は2016年10月31日1800(UTC:世界標準時=日本時間-9H)と思います。現在位置は残り距離からの推定です)

宮原

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »