« うめぼし航行状況 カディス~モトリル<第3便>到着!! | トップページ | モトリルのマリーナ »

2017年4月 2日 (日)

カディスからモトリルまでの航海

3月31日の朝6時(UTC)のまだ夜が明けきらない頃にカディスのマリーナを出航しました。できれば明るいうちにジブラルタル海峡を通過してしまいたいという思いから少しでも早く出かけようということです。外気は肌寒く厚手のジャンパーを2枚重ねに着て夜明け直後の快晴南南東の風4m波静かなカディス湾をエンジンを吹かせて南下しました。船の揺れも少なくいつも航海の始めの二日間くらい悩まされる船酔いもあまり感じることなく快適な航海のスタートです。12時頃にトラファルガー岬をかわした頃から向かい潮が強くなりはじめなかなかスピードがあがりません。エンジンの回転数を2600rpmまで上げて何とか5ノットを確保しながら走りました。15時を過ぎた頃からは逆に潮流が連れ潮に変わりはじめ艇速も6ノットを越えてきました。そして17時にタリファの沖合を通過する頃には連れ潮(+2ノット)に加え南西の風が8m程吹きはじめメインセールをフル展開して更にエンジン(+2ノット)も加えて8ノットを越える速度で走っていました。ジブラルタル海峡は長さが10海里ほどありますが8~9ノットの速度で1時間強全力疾走し18時過ぎには海峡を通り過ぎていました。船長が8mしかないうめぼしにとってはめったにない高速運航で何とか明るいうちに海峡を通過することができましたのであとはエンジンを止めてセールだけでゆっくり走ろうとしたのですが今度は南西の風が10m以上に強まってきてメインセールを2ポイントリーフに縮帆しそれでも7ノット近くの速度で走り続けていました。英国ジブラルタル領の特徴ある岩山が夕日で真っ赤に染まるのを後ろにしながら初めての地中海の夜の航海の始まりでした。海峡通過のために集まってくるためでしょうかすれ違う貨物船や客船の数はかなり多くうめぼしにとっては初めての海域ということもありウォッチにはかなり気を遣いました。真夜中過ぎには風向が南西から北西の風に変わり風速も2~3mに落ちてきました。この辺りは途中宮原さんから送ってきたSMSの風予報通りの展開となりました。夜が明けるとまた南西の風が10m強吹き出し順調に走り続け4月1日13時50分にはモトリルのマリーナに到着し係留することができました。

111

モトリルの街と冠雪が残る3000mを超えるシエラネバダ山脈

Dsc_1597_r_2

« うめぼし航行状況 カディス~モトリル<第3便>到着!! | トップページ | モトリルのマリーナ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571826/65098978

この記事へのトラックバック一覧です: カディスからモトリルまでの航海:

« うめぼし航行状況 カディス~モトリル<第3便>到着!! | トップページ | モトリルのマリーナ »