« カディスからモトリルまでの航海 | トップページ | オートパイロットの修理 »

2017年4月 3日 (月)

モトリルのマリーナ

モトリルのマリーナはそれほど大きくはありませんが150艇ほどが係留しておりほとんど満杯のような感じでディンギーを含め現地の人々による活動が盛んな地元クラブが運営するマリーナのようです。4月1日に到着した時もすぐに受け付けをしてくれ電気水道Wifiなどのサービスも標準で整っておりかなり洗練されたマリーナの部類に入りそうです。その分係留料金も高く1泊1900円程度かかります。スペインに入ってからはイミグレーションの手続きは何もする必要がないようで非常に楽ですし通貨もユーロで共通なので便利です。Wifi用のSIMチップもスペイン内であればどこでもつながるようです。ここはコスタデルソルといわれるだけあって毎日快晴の天気が続いていて青い空と青い海を眺めているとそれだけですがすがしい気分になってきます。地中海に入ってもう一つの特徴は干満の差が少ないことです。カディスでは3m近くの干満差があったのにジブラルタル海峡を越えただけで干満差が50cm程度になってしまいました。ポンツーンも浮ポンツーンではなく固定式で十分なようです。

ポンツーンの先端にある仮係留バース

Dsc_1598_r
指定されたバースにもやわれたうめぼし

Dsc_1600_r
Dsc_1601_r

正面奥左がクラブハウス
Dsc_1602_r

クラブハウス前に子供用トランポリンを膨らませている途中
Dsc_1599_r_2

クラブハウス入口
Dsc_1615_r

« カディスからモトリルまでの航海 | トップページ | オートパイロットの修理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571826/65103436

この記事へのトラックバック一覧です: モトリルのマリーナ:

« カディスからモトリルまでの航海 | トップページ | オートパイロットの修理 »