« モトリルのマリーナ | トップページ | モトリルからアルメリマルに向けて出航 »

2017年4月 4日 (火)

オートパイロットの修理

モトリルに寄った理由の一つは今使っているオートパイロットST-2000のメーカーであるレイマリン社の修理対応可能ディーラーが現地にあることでした。4月3日月曜日の朝さっそくNO4とNO2を持ってそのディーラーに行ってみると快く対応してくれてその場で診断をしてくれました。その結果NO4のプリント版のなかの一部が故障であるとのことですが部品の在庫はないということです。レイマリンに送って修理すれば保証期間内で無償対応してくれるはずだということですが対応に相当の日数がかかるということです。そこでNO2の部品で何とかならないかと相談したところやってみると言う返事でその場ですぐに作業に取り掛かってくれました。二人がかりでプリント版とコンパスを交換してくれて一応動くようになり2時間の技術料として60ユーロを支払い修理は終了しました。これまでまともに動くのはNO3だけでしたので一応NO4が動くようになりやっとバックアップができ一安心というところです。

オートパイロットを修理してくれたお店

Dsc_1616_r
プリント版の左下の部品が悪いと指摘してくれました

Dsc_1617_r
対応してくれた技術者二人
Dsc_1618_r

« モトリルのマリーナ | トップページ | モトリルからアルメリマルに向けて出航 »

コメント

電子パーツも航海に重要な部品なのですね。

投稿: 岩崎 | 2017年4月 4日 (火) 08時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571826/65105637

この記事へのトラックバック一覧です: オートパイロットの修理:

« モトリルのマリーナ | トップページ | モトリルからアルメリマルに向けて出航 »