« モトリルからアルメリマルまでの航海 | トップページ | アルメリマルのフミさん »

2017年4月 6日 (木)

アルメリマルのマリーナについて

アルメリマルは年間の日照時間が3000時間に達し年間降雨量も200mmとコスタデルソルのなかでも特に雨が少なく平均気温も15~25℃と温暖な気候のこの地に1990年頃から人工的に開発されたマリーナ、コンドミニアム、ホテル、ゴルフ場などからなる大規模リゾートタウンです。マリーナは1100艇を収容できる規模がありヨーロッパ各国からの艇が集まり艇の中で暮らしている人もかなりの数に上るようです。マリーナの中には多数のレストランや店舗があり普段の生活に必要な一通りのものはこの中で調達できるようになっています。そしてこのマリーナの最大の特徴はこれだけいろいろなものが整備されているにも関わらず係留費用が安いことです。うめぼしの場合一泊5ユーロ電気水道利用料金を含めても7.3ユーロ更に税金21%を入れて8.8ユーロ(約1070円)なのです。今年寄港した中ではラスパルマスに次ぐ安さです。そして更にマリーナチーフとして林フミさんがおられるのです。4月5日も朝からマリーナ内を案内して頂きスペインではどこにも売っていなかった電圧100V対応の電球を船具店から仕入れて、船外機と風力発電機のメンテナンスをラファエル父子にお願いし、日本人艇3艇を見せて頂きその後車でフミさんの自宅に行きさらに街を一望できる丘の上まで連れて行って貰いました。このように至れり尽くせりのサポートを日本語で対応して頂けるのですからここの居心地は最高と感じつつありますし日本人艇が多く集まるのも納得できるというものです。フミさんありがとうございます。

アルメリマル遠望(ゴルフ場、コンドミニアム、ホテル、マリーナ)

Dsc_1654_r
Dsc_1655_r_2
フミさんの自宅コンドミニアム
Dsc_1653_r
ラファエルさん(左)とフミさん
Dsc_1662_r
日本人艇
Dsc_1643_r
Dsc_1647_r
Dsc_1648_r

« モトリルからアルメリマルまでの航海 | トップページ | アルメリマルのフミさん »

コメント

増田さん、こんにちは。無事地中海に入り東に進んででいられるようす拝見しています。長いアフリカ西方を経ていよいよ地中海クルーズですね。スペインからの旅を楽しみにしています。小網代も桜の季節を迎え暖かくなっています。OverTheHillもいよいよ新艇にするそうです。アフロディーテも損傷の修復に努め手います。そろそろ動き出すでしょう。我々も船を換え今年は忙しい季節を迎えそうです。少し日本へ近くなっていますがまた一時帰国などされるようでしたら、日本の海も楽しんでみてください。UW bon voyage!

投稿: たかとり 池内 | 2017年4月 8日 (土) 10時18分

池内さん
コメントありがとうございます。
Overthehillの新艇楽しみですね。
アフロディーテのご対応もありがとうございます。
5月末には一度帰国しようと思っています。
小網代にもお伺いしたいと思います。

投稿: うめぼし | 2017年4月 8日 (土) 16時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571826/65115645

この記事へのトラックバック一覧です: アルメリマルのマリーナについて:

« モトリルからアルメリマルまでの航海 | トップページ | アルメリマルのフミさん »