« 日本へ一時帰国 | トップページ | 地中海でのチャーターヨット »

2017年5月21日 (日)

イスタンブールの旧市街の観光

5月21日は朝からイスタンブールの旧市街の主な見どころを回りました。最初にトプカプ宮殿に行きハレムやスルタンの部屋、海が見える東屋などを見学しました。地中海ではいつものことながら500年前の建物がきれいな状態で残っていることには感激します。ハレムは江戸城の大奥と似ていると思いますが女性が1000人から2000人いたという説明には意外に少ないという印象を持ちました。次に国立考古学博物館に行きましたがその収蔵品の数の多さは相当なもので私にとっては特に旧石器時代から青銅器時代の中東や地中海沿岸から発掘されたコレクションは見ごたえのあるものでした。昼食を食べた後85リラで買った5日間有効のミュージアムパスでもう一度この博物館に入ろうとしたのですがこの入場券は入場は1回だけということで入れなかったのは残念でした。次にアヤソフィア博物館に行きビザンツ帝国の巨大な建築物カテドラルを見て、更に6本のミナーレがある巨大な現役のブルーモスクの中に入りました。ほかにもイスラーム美術博物館や地下宮殿も見てきました。

トプカプ宮殿のハレム

Dsc_2062_r
Dsc_2063_r

アヤソフィア博物館
Dsc_2069_r
Dsc_2070_r
Dsc_2071_r
ブルーモスク
Dsc_2073_r
地下宮殿
Dsc_2075_r
Dsc_2076_r
フェリーから旧市街を望む
Dsc_2059_r
Dsc_2060_r
バルカンロカンタシで昼食
Dsc_2067_r_2
Dsc_2065_r

« 日本へ一時帰国 | トップページ | 地中海でのチャーターヨット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571826/65314703

この記事へのトラックバック一覧です: イスタンブールの旧市街の観光:

« 日本へ一時帰国 | トップページ | 地中海でのチャーターヨット »