« ギリシャのクレタ島アギオス・ニコラウスからトルコのマルマリスまでの航海 | トップページ | EU各国及びトルコの入出国 »

2017年5月16日 (火)

マルマリスヨットマリーナについて

マルマリスヨットマリーナはマルマリスの町から8kmほど南東側に離れたところにある係留750艇、陸置き1000艇の収容能力を持つ巨大なマリーナです。330トン、70トン、50トンと3つのクレーンを持っておりヤード内にはエンジンサービスを始め電気系など各種サービスを提供する店が数十店舗あり整備に関するあらゆるサービスを受けることができます。レストランやスーパーマーケット、コインランドリーもあり生活関連のサービスも一通りは揃っています。マルマリスの町まで片道約100円のミニバスが走っています。しかも係留料金が安いということもあり冬場はほとんど空きがない状況が続いているようです。係留してある艇にはヨーロッパ各国から来ている人が住みこんでいて夏場には近隣をクルージングして楽しんでいるそうです。対岸のNetsel Marinaは町の中にある高級なマリーナで短期の観光客が多く訪れる晴れやかなイメージですが係留費用も高いそうです。それと対比するとヨットマリーナはヨットに慣れ親しんだ利用者が多い実用的経済的マリーナということです。今から20年ほど前にAysemさんが日本に勤務しているときに数年間Aysemさんと一緒にシーホースのレースに出ていました。Aysemさんは今はイスタンブールの近郊に住んでおり夏場はマルマリスをベースにクルージングを楽しんでいるということです。丁度5月15日に整備が完了した40フィートのHadiByeByeが進水するということで一緒に乗せて貰って進水しました。

マリーナ入口まで迎えにきてくれたAysemさん

Dsc_2030_r

陸置きのHadiByeByeとAysemさんとMikelさん

Dsc_2031_r
クレーンのHadiByeBye
Dsc_2033_r
Dsc_2034_r

« ギリシャのクレタ島アギオス・ニコラウスからトルコのマルマリスまでの航海 | トップページ | EU各国及びトルコの入出国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571826/65286922

この記事へのトラックバック一覧です: マルマリスヨットマリーナについて:

« ギリシャのクレタ島アギオス・ニコラウスからトルコのマルマリスまでの航海 | トップページ | EU各国及びトルコの入出国 »