« サボテンの実 | トップページ | シロス島エルムポリスのマリーナシロウに到着 »

2017年8月13日 (日)

ミコノス島からシロス島へ

8月13日の朝6時半にミコノス島を出航予定です。12日はマリーナ事務所で係留費用の精算をしました。係留費は6泊で27.36ユーロでした。一泊あたり4.56ユーロ(約600円)です。そのほかに電気水道の実績が約10ユーロかかりました。その後ポートポリスに行ってトランジットログに記録を残してもらいました。これで出航準備は完了です。その後マリーナ内をぶらぶらと散歩していましたら強風の中で桟橋の風上側に槍付けする上手い方法を見せてもらいました。風上側からバックで桟橋に近づき距離1m位でエンジンを前進にして止まります。すぐにもやいロープを渡してスターンと桟橋をつなぎます。そしてエンジンを強めに吹かして前進させるとロープとエンジンでバランスして船は一時的にロープの長さの場所で静止します。その間に風上側のもやいロープを桟橋から受け取ってバウまで持っていきこれをバウに固定します。そのあとエンジンをスローにすると船は風で流されて桟橋に近づき改めて桟橋側のもやいロープを引くとちょうどよい位置で船が固定されます。しかしこの作業は相当の操船技術が必要なようでその次に入ってきた50フィートのチャーターヨットは桟橋前で上手く止まることができずにスターンを桟橋に激突させてスターン部分が壊れていました。また更にその隣に係留しようとした船はバックしているときにバウが隣の船のほうに流されバウパルピットが隣の船のバウにぶつかって壊れていました。10m以上の強風にあおられるとバウスラスターを使っても持ち直すことが難しいようでした。13日の午前中だけは風が収まる予報ですのでその隙を狙って20海里西にあるシロス島まで行きたいと思います。

手前はバウパルピットが壊れその向こうの艇はスターンが壊れていました

Dscf5558_r

« サボテンの実 | トップページ | シロス島エルムポリスのマリーナシロウに到着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571826/65658605

この記事へのトラックバック一覧です: ミコノス島からシロス島へ:

« サボテンの実 | トップページ | シロス島エルムポリスのマリーナシロウに到着 »