« 2017年8月 | トップページ

2017年9月

2017年9月22日 (金)

コス島からティロス島へ

9月22日(金曜日)は朝の7時にコス島のコスマリーナを出航し約32海里ほど南にあるティロス島に向かいました。コスマリーナは係留費用は2泊で41ユーロとまあまあですが管理が行き届いた安心できるよいマリーナでした。うめぼしのようにシングルハンドで航海している船にとっては係留の支援があり電気水道などのサービスがあるマリーナは大いに助かります。アモルゴス出航時には隣のヨットのアンカーチェーンがうめぼしのアンカーチェーンの上に乗っておりなかなかアンカーを上げることができず30分ほど試行錯誤して何とか引き上げることができました。そのときはアンカー外し用の細いロープも役に立ちました。これまでも何度かアンカー関連のトラブルがありましたが、港の中でアンカーを打って係留するのはいろいろなリスクを伴うのでできれば今回のコスマリーナのようにモアリングロープなどで係留できると安心できます。22日コスマリーナ出航時は快晴で風は弱くやや狭いポンツーンでしたが問題なく出ることができました。出航後は西の風が2mほど吹いていましたが8時頃にコス島の東端を越えてからは北西の風が7mから9m位吹き出しクオーターで走りました。14時にティロス島のLivadhi港に到着し14時半にカタマランに横抱きさせて貰いもやいが完了しました。全行程7時間半のうち機帆走は途中風が弱まった時の1時間を含めて3時間ほどで残りは帆走で快適に走りました。

1

3

2

トルコの半島の先クニドスの灯台

Dscf6273_r

Livadhi港のうめぼし

Dscf6274_r Dscf6275_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月21日 (木)

コス島の観光

2017年9月21日はコス島の観光に出かけました。コス島はドデカニサ諸島の中ではロドス島に次ぐ人口3万人を擁する大きな島でトルコの町ボドルムからはわずか20kmに位置するエーゲ海の東側の島です。医学の父ヒポクラテスの生地でもあり治療院や医学校などの遺跡アスクレピオンがあります。また島の東端にあるコスタウンには古代劇場、西遺跡、古代アゴラ、騎士団の城、考古学博物館など観光ポイントがたくさんあります。うめぼしを係留しているコスマリーナはコスタウン中心部の南東1kmほどの所にあり朝の9時にマリーナを出て古代劇場、西遺跡を見てアスクレピオンに行きました。午後からは旧港にあるポートポリスに行き出航手続きを済ませ考古学博物館と古代アゴラを見て帰ってきました。

古代劇場

Dscf6230_r

Dscf6225_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

アモルゴス島からコス島へ

9月19日の12時半にアモルゴス島のカタポラ港を出航し翌日20日の11時にコス島のコスマリーナに着きました。22時間半で78海里を走ったことになります。出航時は快晴無風でしたが港を出てしばらくすると東の風が2mほど吹きだすも機走で走り16時半頃にアモルゴス島の東端を過ぎてからも弱い東風が続きました。19時頃に一旦無風になり21時半になってやっと南西の風が4mほど吹き出したのでエンジンを止めメインセールを2ポイントリーフにして帆走に入りました。しかしこの風も長くは続かずに翌日2時には無風になり3時頃から弱い東風になったので再度エンジンをかけて機帆走で走りました。9時半にコス島の北東端の少し手前あたりで突然東の風10mが吹き出したのでセールを降ろし機走でコスマリーナまで行きました。この航海では風予報とはかなり異なる風が吹きました。風予報では西寄りの風が3m~5mだったのに対して実際には東からの風が大半でしかも20日の昼前には10m程度の東風が吹きました。風予報で風が弱い時には陸風海風など地域固有の条件によって実際に吹く風が異なることが起こり得るのではないかと思われます。

1

2

アモルゴス島に沈む夕日

Dscf6214_r

コス島に昇る朝日

Dscf6216_r

コスマリーナにもやわれたうめぼし

Dscf6220_r

Dscf6221_r

Dscf6219_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

アモルゴス島からコス島へ

9月19日は午前中にバスで島の反対側の海岸の絶壁に建つパナギア・ホゾビオティサ修道院を観光に行きました。そして12時半にはアモルゴス島を出航し70海里ほど西にあるコス島に向かいました。というのも明日の夕刻までは風が穏やかだという予報なので明日中に何とかコス島までたどり着けるとよいと思い急きょ出航することにしました。

パナギア・ホゾビオティサ修道院

Dscf6195_r

修道院の入り口(ここで長ズボンに着替えます)

Dscf6204_r

修道院の中で桃酒とお水をふるまって頂きました

 Dscf6199_r

修道院の中は撮影禁止ですがここはOK

Dscf6198_r

Dscf6200_r

Dscf6202_r

Dscf6203_r

Dscf6206_r

ここが入り口でここから100mくらい登ったところに修道院があります

Dscf6211_r

崖の下の海の色がいろいろ

Dscf6210_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

Indigo

2017年9月18日アモルゴス島にてCAVOK5の松崎さんに誘って頂きIndigoでの夕食会に参加させて頂きました。Indigoというのは船長32mの高級モータークルーザーの船名で持ち主は藤木幸太さんです。藤木さんは横浜の藤木企業の社長でヨット、乗馬、ヘリコプター操縦など多彩な趣味をお持ちの方です。Indigoは船長のスティーブさんシェフのトニーさんほか総勢5名で運営しておられるそうです。

https://www.boatinternational.com/yacht-market-intelligence/brokerage-sales-news/cbi-navi-motor-yacht-indigo-sold--21421

http://www.buyexploreryachts.com/105cbi-navi-indigo-broker-report.html

今回の参加メンバーは藤木さんご夫妻、松崎さんご夫妻、そして高橋唯美(Tadami)さんご夫妻と私です。TadamiさんはKAJI誌にもよく掲載されている著名なマリンイラストレータでお気に入りのマイタグボートGT-TAG20は現在広島観音マリーナに置いてあるとのことでした。

http://www.tadami.com/

Indigoは19日朝サントリーニ島に向けて松崎さん高橋さんと共に静かに出航していました。松崎さん藤木さんTadamiさんありがとうございました。

Indigo船上にて(左から藤木、松崎、高橋、高橋夫人、松崎夫人、藤木夫人:敬称略

Dscf6176_r

Dscf6169_r

Dscf6180_r

Dscf6168_r_2

左はシェフのトニーさん(とても美味しい料理でした)

Dscf6183_r_2

帰りは船長のスティーブさんにテンダーで送ってもらいました

Dscf6186_r_2

アモルゴス島のカタポラ港にアンカーリングしているIndigo

Dscf6189_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

イオス島からアモルゴス島へ

9月18日の朝7時10分にイオス島の港を出航しアモルゴス島のカタポラ港に向かいました。出航時は快晴無風でしたがイオス島の西岸を北上するときは北風2m程度が吹き機帆走しました。9時半頃にイオス島の北端を越えてからは西風5m~8mのよい風が吹き一時間近く帆走することができました。しかしその後はだんだん西風も弱くなり機帆走に切り替えて走り13時頃からは今度は逆に東風が吹き出し真向いの風になりますのでセールをたたみ機走で走り16時前にカタポラ港に到着しました。全行程で36海里でした。カタポラ港ではバウアンカーのスターン着けにチャレンジしましたがなかなかうまくいかず隣の船のアンカーロープがラダーに絡まるなどトラブルになり一苦労しました。そうこうするうちにカタマランのキャプテンが助けにきてくれうめぼしに乗って一緒にアンカーを打ち直し何とか17時過ぎに係留作業を終えることができました。

1

2

Dscf6188_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

イオス島の観光

9月17日はイオス島内の観光に出かけました。港の北東1.5kmほどのところにBC3000年頃の前期キクラデス文明の古代集落スカルコス遺跡があります。この遺跡は1984年に見つかり1986年から発掘調査がはじまり現在も調査が進められている比較的新しい遺跡です。小さな丘の上に位置しており石で造られたたくさんの集合住宅が通路を挟んで並んで建っており江戸時代の長屋のような感じではないでしょうか。2階建ての住居や壁に組み込まれた食器棚やお墓も見つかっています。羊、やぎ、ぶたの骨、また穀物、レンズマメ、果物の種も見つかっており牧畜や農業を中心に生活していて中にはギリシャ本土や他の島で作られた土器や青銅器もあり交易も盛んであったことが伺えます。ハンコ(シール)や壺に押されたスタンプなども見つかっておりこれらは特定の農産物の生産組合を示しているのではと言われています。ここから出土した遺物は1999年に開設されたイオス考古学博物館に展示されています。

スカルコス遺跡・遠景(中央の丘の頂上部分)

Dscf6154_r

Dscf6148_r

遺跡の地図と出土品

Dscf6120_r

Dscf6123_r_2

ハンコやシール

Dscf6127_r

通路と住居跡

Dscf6131_r

通路の階段

Dscf6125_r

薄い板状の片岩を重ねて作られた壁

Dscf6133_r

遺跡の頂上から・下に見えるのは管理棟

Dscf6130_r

昔もこんなロバを飼っていたのかも

Dscf6136_r

管理棟(昔の建物はこんな感じだったのかも)

Dscf6137_r

Dscf6138_r

遺跡からイオス島の中心の町チョラにつながる遊歩道

Dscf6140_r

遊歩道沿いにも遺跡が・屋根はこんな感じだったのかも

Dscf6141_r

Dscf6144_r

薄い片岩を縦向きに使っているところも

Dscf6145_r

チョラの町の郊外にある風車

Dscf6147_r

チョラの町の北西の丘の頂上に建つアギオスニコラウス教会

Dscf6124_r

頂上に建つアギオスニコラウス教会と白い家並み

Dscf6149_r

頂上からの眺め・メガヨットのマストが目立つ

Dscf6153_r

チョラの街並みと遠くに薄くサントリーニ島が

Dscf6160_r

アギオスニコラウス教会の近くで会った隣のヨットのメンバー

Dscf6162_r

町の中心部にあるイオス考古学博物館・内部は撮影禁止でした

Dscf6166_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月16日 (土)

クレタ島のレシムノからイオス島へ

9月15日レシムノを出航しオーバーナイトでサントリーニ島の南端にあるVlikadha港に向かいました。午前中は南東や西風が適度に吹いたりやんだりでしたが12時頃から北西の風が6m~8mほど吹き出し5kt前後で快適に走りました。夕刻から時間調整のためメインジブセール共に小さくして3kt前後で夜の間中帆走し16日の朝7時半にはサントリーニ島のVlikadha港に着きました。港内を見て回ったのですが松崎さん情報の通りヨットが満杯で横付け4艇重ねの状況でしたのでここに係留するのをあきらめてアモルゴス島に向かうことにしました。朝8時の時点では北北西の風が7m~9m吹いていたのですが11時頃から北東の風が吹き出し12時半には5m程になったのでやむを得ず行先を変更してイオス島に向かうことにしました。結果的にはこの判断は間違いで14時頃から今度は西風が吹き出し真向いの風の中を機帆走で11時間走り続けイオス島のイオスマリーナに18時に無事に係留することができました。トータル113海里の航海でした。

2

1

3

4_2

アナフィ島から昇る朝日(7時)

Dscf6108_r

Vlikadha港

Dscf6109_r_2

サントリーニ島

Dscf6114_r

イオスマリーナにもやわれたうめぼし

Dscf6115_r

Dscf6116_r

Dscf6118_r_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

クレタ島のレシムノからサントリーニ島へ

9月15日(金曜日)は朝の7時過ぎにクレタ島のレシムノのマリーナを出航し北東80海里ほどのところにあるサントリーニ島へ向かいます。風予報では夏のメルテメもここ数日は収まり北西の風5m程度が続くようですので16日の午前中くらいには到着できる予定です。久しぶりのナイトセーリングになりますのでうまくいくのか心配な面もありますが注意してウオッチしていきたいと思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月14日 (木)

レシムノの町の散策

9月13日は午前中にポートポリスに寄ったあとレシムノの町の散策をしました。クレタ島は他のエーゲ海の島と同じように山や崖が多いのですが緑の多さがまったく違います。農産物も豊富に採れるようで亜熱帯のバナナやアボガドなどもマーケットの棚に並んでいます。ギリシャの中でクレタが最も豊かだと言われるゆえんの一つはこの農産物の豊かさにあるものだと思われます。レシムノの町はハニアと似ていてヴェネツィア時代の要塞で囲まれた旧市街の古い街並みが美しく散歩していても細い道沿いの商店や展示商品を眺めているだけで退屈しない楽しさがあります。まずは町の北端の丘の上にあるベネツィア時代の城塞に行ってみました。そして街中の教会の中にあるレシムノ考古学博物館を見学しました。ここにはレシムノ近郊のゲラニ洞窟から発掘されたBC4500年頃の女性フィギュアが展示されていました。キクラデス文明の女性フィギュアの原型ではないかと思われます。

ベネツィア時代の城塞

Dscf6088_r

Dscf6089_r

Dscf6091_r

Dscf6090_r

Dscf6092_r

Dscf6094_r

大砲の弾(鉄製?)

Dscf6095_r

Dscf6087_r

レシムノ考古学博物館

Dscf6106_r

ゲラニ洞窟から発掘されたBC4500年頃のもの

Dscf6098_r

Dscf6102_r

Dscf6101_r


| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水)

クノッソス宮殿の見学

9月13日(水曜日)はイラクリオンの町まで行きクノッソス宮殿の見学をしてきました。レシムノのバスターミナルから8時45分発の高速バスに乗り1時間半ほどでイラクリオンに着きそこからまたバスで30分ほどでクノッソス宮殿に着きました。ミノア文明の中でも最大の宮殿と言われるクノッソス宮殿はBC2000年頃から1370年頃まで栄えた宮殿で世界でも最古の宮殿だと言われています。160m四方の宮殿は階段で繋がる複数階の構造になっており王座の間や広場や倉庫など様々な役割を持つ部屋が1200もあったということです。その後ミノア文明の多くが展示されているというイラクリオン考古学博物館に行き陶器や青銅器やフレスコ画などを見学しました。線文字Bで書かれているのは羊15000頭や槍1000本など当時の人にとって重要だと思われる事項が書き記されていました。牡牛を飛び越える人のフレスコ画やブランコの陶器などから当時の子供から大人までの遊びの様子を思い描くこともできました。長さ2m程もある大きな青銅器ののこぎりもありましたが当時の青銅器製造技術はどのようにして次の時代に引き継がれていったのでしょうか。

クノッソス宮殿

Dscf6043_r_2

Dscf6044_r_2

Dscf6045_r

Dscf6046_r

Dscf6048_r

Dscf6049_r

Dscf6052_r

Dscf6054_r

Dscf6055_r

Dscf6056_r

Dscf6060_r

Dscf6062_r

Dscf6066_r

Dscf6067_r

イラクリオン考古学博物館・全体模型

Dscf6069_r

蛸の絵

Dscf6070_r

長さ2mくらいある2人で使うのこぎり

Dscf6072_r

Dscf6073_r

Dscf6081_r


イラクリオン旧港にあるベネツィア時代の要塞

Dscf6084_r

旧港の中にあるマリーナはほとんど満杯のような感じでした

Dscf6085_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月12日 (火)

ハニアからレシムノへ

9月12日(火曜日)はハニアの港を7時半に出航しクレタ島のレシムノへ向かいました。風予報では西の風が8m程吹くようでしたし昨夜夜半から港の中も8m前後の風が吹き出し隣の船ももやいロープの追加をしていました。朝6時の時点では出航見合わせのつもりだったのですが7時過ぎに風が弱くなってきましたので急きょ予定を変えて出航することにしました。天気は快晴、港の外に出ると西北西の風8m程でジブセールだけをあげアビームで帆走しその後半島の外側を回るときは10m~12mに吹きあがり波も1m程出てきて久々の船酔い気分でした。10時過ぎに半島を越えた後も北西の風8m程が吹き続け15時前にはレシムノマリーナに着き32海里を帆走中心で走りました。マリーナでは着艇支援の人がおらず係留しているヨットに乗っている人にもやいを取ってもらいましたがモアリングロープでしっかり固定できて安心ですし係留料も安く電気水道別で一泊6.14ユーロでした。

1

2

Dscf6040_r

Dscf6042_r

Dscf6039_r_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

ハニアの町の散策

9月11日はハニアの町を散策してみました。ハニアは人口15万人のクレタ島で二番目に大きい町ですが街並みは中世の面影を色濃く残す歴史と観光の町です。特にうめぼしを係留したベネツィアンポートの近辺は海沿いに古い建物が並び道路にはタベルナが軒を連ね夜遅くまで多くの観光客で賑わっています。海と船の博物館には昔のベネツィアンポートの模型もあり港の入り口のチェーンやシップヤードなど当時の様子が偲ばれる展示も多くありました。ハニア考古学博物館には古代ギリシャ時代やローマ時代、ビザンチン時代のモザイク壁画やライオンのレリーフなど数々の品が展示されていました。そしてミノア文明の線文字Aの青銅器の展示もありました。

ベネツィアンポートの散策・うめぼしのすぐ前はタベルナです

Dscf6020_r

ジャニサリーモスク(左)と海沿いの建物

Dscf6008_r

灯台から見た街並み

Dscf6021_r

海と船の博物館にある港の模型・外敵を防ぐためのチェーン

Dscf6015_r

シップヤードの模型

Dscf6016_r

港の入口の西側から見た灯台と港

Dscf6012_r

シップヤード(当時はこの中で船を作り修理していた)

Dscf6018_r

Dscf6017_r

ハニア考古学博物館

Dscf6030_r

ローマ時代のモザイク壁画

Dscf6027_r

Dscf6028_r

線文字Aと書かれていた青銅器

Dscf6035_r

Dscf6036_r

ギターを弾く男性の絵

Dscf6031_r

ライオンのレリーフ

Dscf6026_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

アンティキティラ島からクレタ島のハニアへ

9月10日(日曜日)はアンティキティラ島を7時に出航しクレタ島のハニアのマリーナに向かいました。今日も快晴でアンティキティラ島の島影を抜けると南の風が7m~8m程吹いていて2ポイントリーフにして機帆走でしばらく走ると風が南南西6mほどになり8時半にエンジンを止め帆走に入りました。その後風は南西に振れクレタ島のロドポウ半島の岬まではアビーム5ノット強で快適にセーリングできました。12時半頃にロドポウ半島の島影に入り風が不安定になったためエンジンを起動して機帆走に入りました。ハニア湾の中に入ってしばらくすると今度は東から5mほどの風が吹いてきてクローズホールドの機帆走でハニア港まで走り16時50分に到着しました。43海里でした。ハニア港では外来船用の岸壁付近をうろうろしたりVHFでコールしましたが誰も来てくれませんでしたのでセーリング練習をしていた地元大学生のヨットに声をかけてもやいを取ってもらい無事に係留することができました。

1

2

出航後すぐの日の出

Dscf6004_r 

ハニア港(ヴェネツィアンポート)のうめぼし

Dscf6005_r

Dscf6006_r

Dscf6007_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 9日 (土)

キティラ島からアンティキティラ島へ

9月9日重陽の節句のこの日はキティラ島のディアコフティ港を7時10分に出航しアンティキティラ島のポタモウ湾に向かいました。快晴、南南東の風2mほどでセールを上げずに機走しました。12時頃から南の風5mほどが吹き出し2時頃には7mになりましたが機走で27海里を走り抜けました。15時前にポタモウ湾に着いたのですが当初予定していたアンカーリングポイントがあまり良くなかったこともありフェリー桟橋の横に横付け係留することにしました。

1

2

真ん中のフェリー桟橋のしたにうめぼしが見えます

Dscf5994_r

Dscf5990_r

Dscf5988_r Dscf5989_r

この島は古代の沈没船のダイビングでも有名?

Dscf5993_r

Dscf5992_r

遺跡の中に住む島人

Dscf5995_r

Dscf5991_r

夕刻の19時頃にダイビングサービスボートのメンバーに声を掛けられました。この船で遺跡発掘に参加したそうで、今も沈没船のダイビングができるそうです。

https://youtu.be/OBFCUOrPHao

Dscf5996_r 

Dscf5998_r

皆さん親切で夕食のおかずやダイビングをあしらったTシャツをプレゼントしてくれました

Dscf6003_r_2

Dscf6002_r

https://www.youtube.com/watch?v=OBFCUOrPHao

 

http://antikythera.whoi.edu/

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 8日 (金)

モネンヴァシアからキティラ島へ

9月8日(金曜日)はモネンヴァシアを朝の7時に出航しペロポネソス半島の南端すぐそばにあるキティラ島のペラギア港へ向かいました。快晴で南の風2mを機帆走で快適に走りましたが11時10分頃にマレア岬を越えたあと東南東の風が7mほど吹き出しました。あわててメインセールを2ポイントリーフにしてクローズホールドで機帆走しようとしましたが上りきれません。やむを得ず行先を少し南にあるディアコフティ港に変更しクローズホールドぎりぎりで走りました。しかしこの風もだんだん弱くなり14時半にディアコフティ港に着くころには2m位に収まっていました。港にはヨットは1隻もおらずフェリー用の高い岸壁に横付け係留をしました。

1_2

2_2

Dscf5980_r

Dscf5981_r

Dscf5983_r_2

意外に大きなフェリーが来ました

Dscf5984_r

先ほどまでがらがらだった岸壁が車と人でいっぱいです

Dscf5986_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 7日 (木)

レオニデオンからモネンヴァシアへ

2017年9月7日(木曜日)は朝7時20分にレオニデオンの港を出航しモネンヴァシアに向かいました。快晴で北寄りの風3m、11時頃から東~南東2mと穏やかな天候のなか機帆走で33海里を走り15時過ぎにモネンヴァシアの港に着きました。水深4mと浅く風も弱かったのでアンカーを使ったスターンツウの係留に挑戦してみました。15時半には係留が完了しポートポリスに寄ったあとモネンヴァシア島の観光に行ってきました。

1

2

3

Dscf5977_r

Dscf5978_r_2

Dscf5979_r_2

海からみたモネンヴァシア島

Dscf5958_r

Dscf5959_r

Dscf5961_r

Dscf5962_r_2

モネンヴァシア島の観光

Dscf5964_r

Dscf5965_r

Dscf5966_r

Dscf5969_r

Dscf5968_r

Dscf5967_r_2

Dscf5970_r_2

Dscf5972_r_2

Dscf5973_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 6日 (水)

ナフプリオンからレオニデオンへ

9月6日は朝の7時40分にナフプリオン港を出航しアルゴリコス湾の西岸中ほどにあるレオニデオン(Leonideon,Plaka)の港に向かいました。快晴で北寄りの風3~4mと引き続き穏やかな天候が続くなか27海里を機帆走で快適に走り14時15分に到着しました。係留している船は数艇で泊地は十分ありはじめ奥の方を検討したのですが水深に不安があり結局入口近くの角に係留しました。ところが午後から東寄りの風が6mほど吹き出し波が港の中に入ってきて船の揺れが大きくあまり居心地は良くありません。港の陸側には山が迫ってきていますが海岸は砂浜になっており田舎の自然豊かなリゾート地という感じのところです。

1

2

Dscf5956

Dscf5951_r

Dscf5952_r

Dscf5957_r

Dscf5955_r

Dscf5954_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 5日 (火)

エピダヴロス遺跡の観光

9月5日は午前中にナフプリオンの町を散策し午後からエピダヴロス遺跡の観光に出かけました。ナフプリオンの旧市街の南東側の200mの丘の上に1700年頃ベネツィアが築いたパラミディの城跡がありそこからの展望はすばらしいものでした。そのあとアクロナフプリア要塞跡に行きナフプリア考古学博物館を訪ねました。午後からバスに乗って25km東にあるエピダヴロス遺跡の観光に出かけました。昨日のミケーネ遺跡に続く世界遺産の連続訪問です。エピダヴロス遺跡は紀元前4世紀頃に作られた浴場、宿泊所、医療施設、音楽スポーツ施設などからなる複合療養所といった趣の古代のリゾートです。崖の上に建つ堅固なミケーネ城塞とは異なりエピダヴロスは穏やかな丘陵地帯の上にあり城壁もありません。ギリシャクラシカル時代からローマ時代は比較的平和な時が続いたように感じられます。

パラミディ城跡

Dscf5917_r

Dscf5877_r

Dscf5876_r

アクロナフプリア要塞跡

Dscf5921_r

Dscf5922_r

Dscf5923_r

ナフプリオン考古学博物館

Dscf5930_r

ミケーネ遺跡のティリンスから出土したBC1300年頃の甲冑

Dscf5926_r

Dscf5927_r

Dscf5929_r

エピダヴロス遺跡・古代劇場

Dscf5948_r

Dscf5949_r

Dscf5946_r

Dscf5944_r

体育競技場・スタジアム

Dscf5936_r

聖なる仮眠所・アバトン

Dscf5939_r

Dscf5941_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

ミケーネ遺跡の観光

9月4日(月曜日)はナフプリオンの北20kmほどのところにあるミケーネ遺跡までバスに乗って観光に行ってきました。係留場所のすぐ近くのナフプリオンの旧市街と新市街の間にあるシングルー通りのバスターミナルでもらった行き帰りのバス時刻表が便利でした。ミケーネ文明はBC1450年頃~1150年頃にペロポネソス半島で栄えた文明でギリシャ文字の原型の一つである線文字Bが使われていたことやクレタ島のミノア文明の後を引き継いでいることでも有名です。遺跡は小高い丘の上にあり城塞とその中にある王宮や墓、貯水池などからなっています。専制君主の住まいでもあり外敵から攻められないように堅牢な作りになっていますが結局は「海の民」に攻め滅ぼされ同時に文明も消滅してしまったようです。3000年以上前の人々が安全を確保するために巨大な城を作りより快適な衣食住生活を求めて土器や青銅器を作りまた武具やおしゃれのための装身具も作っていた様子を想像することができるこの遺跡はすばらしいと感じました。そしてそれを可能ならしめたのは地中海の中でも石灰岩の地層が多いこの地域と穏やかな気候が背景にあるのではないかとも思いを馳せています。

ライオンの門

Dscf5881_r

円形墳墓A

Dscf5883_r

Dscf5884_r

城塞の東側

Dscf5889_r

王宮の床

Dscf5891_r

Dscf5892_r

北門

Dscf5897_r

城塞の北側斜面

Dscf5898_r

ライオンの墓

Dscf5900_r

Dscf5901_r

ミケーネ考古学博物館

Dscf5905_r

Dscf5906_r

Dscf5910_r

Dscf5911_r

Dscf5915_r

ミケーネ遺跡の模型

Dscf5913_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日)

スペツェス島からナフプリオンへ

9月3日は朝の7時にスペツェス島を出航しペロポネソス半島のナフプリオンに向かいました。今日も快晴無風でしかもアルゴリコス湾の中ですから静かな湖面を走るような感じで27海里を揺れも無く快適に機走することができました。13時半にはナフプリオンの港に着き港の中の様子を観察すると意外に船が少なく空きスペースがかなりありましたので港の一番奥の岸壁の角の特等席にもやいをとりました。

1

2_2

朝7時過ぎの日の出

Dscf5868_r

ナフプリオンの港にもやわれたうめぼし

Dscf5870_r

Dscf5871_r

大型ヨットスタイルの観光クルーズ船

Dscf5872_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 2日 (土)

イドラ島からスペツェス島へ

9月2日は朝の7時にイドラ島のイドラタウン港を出航しスペツェス島に向かいました。快晴無風でほとんど波のない鏡のような海面を機走1500rpm~1700rpmで16海里を走り抜け11時にはスペツェス島の旧港に着いていました。結構大きな港なのですが係留している船も多くプレジャーボートから漁船まで混在して係留しておりディンギー用のスロープや木造艇の造船所などもありなかなか手頃な係留場所を見つけることができませんでした。20分程港内をうろうろしているとちょうど出航するヨットがありそのあとの空いたスペースにうまく係留することができました。コスタさんがもやいを取ってくれてモアリングロープも使わせてもらいました。街中にあるポートポリスに行った帰りにRonさんから声をかけられCOMPASS ROSEにお邪魔しました。イスラエルの海軍を退役した4人で航海中ということで外洋航海のノウハウなどいろいろ教えて頂きました。

1

2

もやいを取ってくれたコスタさん

Dscf5854_r

Dscf5855_r

Dscf5857_r

スコットランドからきた80歳の木造艇

Dscf5856_r

観光潜水艦とOPディンギー

Dscf5863_r

COMPASS ROSE船上にて(左がミサイル艦船長だったDrorさん)

Dscf5866_r_2

左がRonさん右は将軍だった人でこのヨットのオーナー(このオーナーは船酔いすると言ってました)

Dscf5867_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 1日 (金)

ポロス島からイドラ島へ

2017年9月1日(金曜日)は朝の7時にポロス島を出航しイドラ島のイドラタウンの港へ向かいました。約12海里の近い距離です。9月になれば風は収まるとこれまで何度も聞いてきましたが今日9月1日の風予報によるとこれから5日ほどは穏やかな天気で絶好のクルージング日和になりそうです。今朝も快晴微風です。イドラタウンのマリーナは狭くて混んでいるとの噂でしたので恐る恐る様子を見に行きましたが朝10時と早かったためか少し空きがありました。ここでも隣のヨットに横抱きさせてもらい10時20分にはもやい完了です。イドラ島は自動車やバイクは持ち込めない島なので主要な交通機関はロバだそうです。それでも消防車やゴミ収集車など公共の車は動いていました。

1

2

Dscf5840_r Dscf5841_r

Dscf5842_r

Dscf5846_r

時計塔と教会

Dscf5843_r

Dscf5845_r_2

Dscf5847_r

Dscf5849_r

Dscf5852_r

Dscf5853_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ