« コルシカ島からスペインのメノルカ島へ(到着) | トップページ | メノルカ島のFornellsからマヨルカ島のポリェンサへ »

2018年8月22日 (水)

メノルカ島のマオン散策

8月22日(水)の朝は静かに明けました。前夜は絶好の錨泊地で風もなくまったく揺れを感じることなく爆睡していたようです。ゆっくり朝食をとってから8時過ぎにマリーナに移動しました。マリーナの入り口に給油ステーションがあり人がいます。そこでまずは給油することにして給油ステーションにもやいました。そこにいた人はこの付近のブイをヨット向けに貸し出す仕事をしている人でXaviさんといいます。今日の出会いはここから始まりました。Xaviさんに2つのマリーナ情報を教えて貰いVHFで問い合わせたところ一つは満杯でもう一つは10時から営業開始ということでした。間もなくすると給油ステーションの従業員が出勤してきて25リットル(40ユーロ)を入れてすぐにステーションを離れ10時までの時間待ちをしているとXaviさんがテンダーで寄ってきて自分のブイを使って10時まで待てと言います。ブイで10時まで待ってVHFで問い合わせたところ午後4時以降であればOKとの返事です。午後4時までは待てませんので断ってそのままマヨルカ島に行くことにしてXaviさんにお礼を言いに行くとまた自分でもう一度マリーナに確認を取ってくれました。そして4時まで自分のブイで待ってはどうかと言います。10時から4時までは仲間のIsaさんがマリーナまで送迎してくれるというのです。これに甘えて4時までXaviさんのブイにもやってメノルカ島の中心地マオンまで観光に行ってきました。夕刻Club Nautic Fornellsに移動し(一泊45ユーロ)欲しかった清水を補給することができました。Xaviさんはブイの使用料はいらないの一点張りです。ありがとうございました。

錨泊地から給油ステーション、ブイ1、ブイ2、マリーナと移動しました

Fornells

給油ステーションのXaviさん

Dscf7563_r

マリーナまで送迎をしてくれたIsaさん

Dscf7565_r

ブイから見たFornellsの街並み

Dscf7564_r

マオンの街並み

Dscf7571_r

Dscf7569_r

Dscf7567_r

Dscf7573_r

Dscf7575_r

Dscf7576_r

セントエスプラナーダ広場前のカフェレストランで(25ユーロ)

Dscf7577_r

メノルカ島は17世紀に70年間イギリスの支配下に在ったということでイギリスの文化が色濃く残っているというガイドブックの説明がありその内容を案内所の人に聞くと日当たりの良い出窓(地元では必要ない)が昔の建物に残っていたりハノーバー通りというようなイギリス風の地域名称がたくさん残っているということでした。

« コルシカ島からスペインのメノルカ島へ(到着) | トップページ | メノルカ島のFornellsからマヨルカ島のポリェンサへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メノルカ島のマオン散策:

« コルシカ島からスペインのメノルカ島へ(到着) | トップページ | メノルカ島のFornellsからマヨルカ島のポリェンサへ »