カテゴリー「ヨット活動」の記事

2015年12月15日 (火)

キングスカップレガッタのまとめ

概要:キングスカップレガッタはタイの現プミポン国王誕生日である12月5日の前後に開催される国王杯レガッタです。1987年に国王60歳の誕生日を記念して開催されたのが始まりでその後毎年12月に開催される東南アジア最大級のお祭りレースで今年は29回目になります。開催場所はタイ南端近くのプーケット島の南西岸カタビーチでインド洋に面した青い海と白い砂浜が広がる観光地です。この地の12月は乾季になり温かい南インド洋に向けて大陸から北東モンスーンの風が吹き青空が広がることが多いのですが時々スコールがきます。今年のレースは12月5日から12日までの日程で開催されキールボート&マルチハルのメインフリートには世界13か国から104艇が参加し、OPやレーザーによるディンギーレースも同時に開催されました。参加料は1艇3万タイバーツ(約10万5千円)とクルー1名ごとに5千バーツ(約17500円)です。104艇はIRCやチャーター艇など13のクラスに分かれて競いクラスごとに表彰されます。うめぼしはスピリットオブクラシッククラスで参加しこのクラスは2艇の参加でした。

参加者:うめぼしで参加したのは大学ヨット部同期の井上さんと小宮さん、会社ヨット部先輩の山岸さんの3人に日本から飛行機で駆けつけて頂き私を含め4人で参加しました。山岸さんのご家族5人も途中から合流されました。今回は全員レガッタ本部が設置されているホテルと同じカタビーチリゾート&スパに宿泊しました。小宮さんと私が泊まった部屋はツインベッドで10泊37900バーツでした。

スケジュール:スケジュールは5日にレジストレーションと計測、6日にプラクティスレース、7日から12日が本レースで最大12レースが予定され、途中10日は予備日となっています。パーティーは夕刻から5日間(5回)開催されその日のレース結果の表彰がありビールやワインは飲み放題で食べ物は自由にとることができます。

詳細:5日のレジストレーションは書類を3枚記入し参加料の支払い確認、コースダイアグラム、バウナンバーシールなどと記念品の受領があり1時間ほどで終了しました。うめぼしはセール計測はありませんでした。6日は午後からプラクティスレースです。スタートはクラスごとに5分間隔でスタートしクラス旗の下にコース番号が掲示されます。コースは島回りの最長39海里のロングコースとカタビーチ沖に打ったマークを回る短いコース併せて63種類の中から番号で指示がでます。プラクティスレースは23番の上下2回廻りの短いコースで行われました。7日のレース初日は朝9時から国王が乗った軍艦の前を通過して敬礼するロイヤルサリュートがあり9時半からレースが始まりました。南東の風が10m以上吹く中コース番号は13番島回りのロングで22マイルあります。はじめに上りの長いレグがあり上りの苦手なうめぼしは苦戦しましたが小宮スキッパーのしぶといセーリングでタイムリミット5時間半の前に途中ゲートを通過しそこでコース短縮フィニッシュになりました。相手艇はランニングバックステーのトラブルでスタートできずこのレースはクラス1位になり夜のパーティーで1位の楯を受賞しました。8日は2レース、9日はロング1レース、10日の予備日は休息日になり、11日は無風のなか1レース、最終日12日に2レースの合計7レースが実施されました。12日の夕方6時から国王代理による表彰式があり各クラスの1位から3位が表彰され、うめぼしもスピリットオブクラッシッククラスの2位の楯と金メダル4個を受賞しました。

食事:朝食はホテル近くのレストランがバイキング方式一人200バーツで朝の7時から営業していましたので毎日そこに通いました。レースのある日には艇上での昼食として小宮さんがお手製のサンドイッチを4人分作ってくれましたのでレースをしながら昼食をすることができました。夕食はパーティーで十分でしたしパーティーのない日にも山岸さん一家の誕生日パーティーに誘われたり、近くのレストランでタイ料理を食べていました。

その他:参加艇の中にはチャーターボートで参加する人も多くチャータークラスだけで20艇ありました。レース中はVHF無線が活用されスタート時刻、スタート順番、コース番号などはすべて聞こえましたし、マーク変更やリタイアなども無線で相互に連絡をしていました。余談ですがプーケットにてタイに入国するためには艇にAIS(Automatic Identification System)を搭載していることが必要であり、またレガッタ参加艇は100万ドル以上の保険に加入していることが必要です。うめぼしはたまたま両方ともうまくクリアすることができました。今回のレースでは山岸さん、小宮さん、井上さんにわざわざ日本から駆け付けて参加して頂き大いに助かりましたし、また楽しいレース参加になりました。改めて厚く御礼申し上げます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月12日 (土)

キングスカップレース最終日

2015年12月12日はキングスカップレース最終日です。今日も朝から晴れて東の風が吹いています。いつも通り7時朝食、8時5分にもやいを解いてレース海面に向かいました。カタビーチ沖の比較的陸に近い海面でスタートラインから第一マークまで1海里と短いコース設定です。第六レースは東風風速6mの軽風23番コース(上下2回まわり)で9時20分にスタートし右寄りのコースをとって上マークを回り下りはジェネカーを張って走りクルージング艇に負けない速さの時もありました。10時47分にフィニッシュしちょっと一休みしていたら10時55分に予告信号がなりあわててラインに戻りました。第七レースを11時にスタート東風風速5m23番コース左寄りのコースを走り上マーク手前で風の弱いところがあり少し遅れて上マークを回りジェネカーを展開し下マークを回り再度上マークに向かいました。12時31分にフィニッシュして今日のレースは終わりです。帰りはいつもの冷えた缶ビールで乾杯をし小宮さんお手製の弁当を頬張りながらゆっくり機走して帰ってきました。

第六レースは小宮スキッパー

Img_8105_r
第七レースは山岸スキッパー
Img_8107_r_2

ジブを巻き取ってジェネカーを展開しています

Img_8108_r

夕刻の表彰式では国王代理から直接、楯とメダルを貰いました

Img_0615_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月11日 (金)

キングスカップレース4日目

2015年12月11日はキングスカップレース4日目です。朝から晴れて北西の弱い風が吹いています。この時期に西からの風はまれで風予報では一日中弱い風のようです。朝7時にいつものバイキングレストランで朝食をとり、8時5分にはうめぼしの舫いを解いて出航しました。今日はカタビーチ沖のいつもより北寄りに本部船があり、9時前にスタートラインに当着しましたが、風が無く風待ちの海上待機になりました。風も波も無いので「てんとうむし」からプレゼントで頂いたボースンチェアの使い初めをしてみました。実はレース初日にレース海面から帰ってきてアンカーリングしようとしていた時にモーターボートに引かれたパラセーリングのロープがマストをこすり風見が折れて風速計が曲がっていたのですがマストピークまで登りそれを確認し元に戻しました。風待ちのあと12時20分に23番コース(上下2回)でスタートをしました。スタート後しばらくスターボで行きタックをしてポートになって走っていると風が20度くらい左に振れて非常に良い位置で上マークを回り下に向かいました。その後下マーク付近でまた無風になり結局コース短縮で次の上マークに14時55分に2位フィニッシュしました。

今日は山岸さんがスキッパーです

Img_8086_r

洋上でマストトップに登ってみました

Cimg0499_r
朝食のバイキング

Img_8085_r
Img_8081_r
Img_8084_r

夕刻からのパーティーにて(中央は6mクラスのスキッパーのマークさん)

Img_8095_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月10日 (木)

LAY DAY

2015年12月10日は予備日ということでレースは無くよい休養日になりました。昨日の夜に山岸さんのご家族5人(奥さん、お子さん夫妻、お孫さん二人)が到着され、今日の午前中にうめぼしに試乗していただきました。テンダーで浜辺とアンカーリングしたうめぼしの間を2往復して7名が乗艇しカタビーチの南側の小さな入り江までクルージングをし入江ではスイミングデッキから飛び込んで少し泳ぎをして帰ってきました。

山岸さん一家でクルージング

Img_8068_r

夕刻から山岸さんの娘さん(容子さん)の誕生パーティに招待していただきました

Img_8074_r

| コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月 9日 (水)

キングスカップレース3日目

2015年12月9日はレース3日目です。朝から北東の良い風が吹いています。今日も7時に朝食をとりテンダーで出かけようとしましたが昨夜のスコールでテンダーに相当の雨水が溜まっておりアカ汲みに時間がかかりまた途中船外機のエンジンが止まるなど思わぬことが重なりうめぼしの出艇が8時半になりました。スタートラインは初日と同じカタビーチの南側沖合い4マイルほどと遠くエンジン全開7~8ノットで走り9時10分頃にやっとスタートラインに到着したところ回答旗が上がっているのを確認して一安心しました。今日は我々のクラシッククラスはクラス別のなかの最初のスタートで9時24分に回答旗が降り25分に予告信号、30分にスタートを切りました。コースは29番でプーケット島の南のコラッチャヤイ島を往復する28マイルのロングコースです。北東の風がブローで13mと強風下でのスタートをしクローズホールドで上り10時50分に第一ゲートを通過、その後リーチングで走り第四ゲートを12時に通過し9番マークを14時にクリアして戻ってきました。今日のパーティでは2位の表彰を受賞しました。

青いラインが今日の航跡です。スタートとフィニッシュは表示できていません

Photo

波は大きくありませんが風は10m強吹いています

Img_8063_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 8日 (火)

キングスカップレース2日目

2015年12月8日はキングスカップのレース2日目です。今日は曇りのち晴れで少し弱めの東風が吹いています。7時に朝食をとり、8時10分にはうめぼしのアンカーをはずしてレース海面に向かい9時の予告信号に備えました。第二レースは北東の風が5m前後吹く中で上下2回まわりのコースを9時40分にスタートしましたが風が落ちてコース短縮となり第一下で2位フィニッシュしました。第三レースも北東の風が5~6m吹く中で引き続き上下2回コースを11時40分にスタートして13時45分に2位フィニッシュしました。皆で楽しもうということでレースごとにスキッパーを交代して第二レースは山岸さん、第三レースは私がスキッパーをしました。また風が弱かったので下りのレグではジェネカーを張ってみました。ジブよりは速く走れそうですがジャイブがなかなか難しくて皆でああでもないこうでもないと議論しながら走りました。スピリットオブクラシッククラスのもう一艇は6mクラスという1926建造の船ですが非常に速く今日もまったく追いつけませんでした。今日は2レースで終了になり早めに着岸してホテルに帰ってきました。

第二レースは山岸さんがスキッパー

Img_8056_r

第三レース(キングスカップのホームページより)

Alt_pkc15_11891

ホテル近くのレストランにて反省会

Img_8061_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 7日 (月)

キングスカップ第一レース

2015年12月7日は東風で晴れ7時に朝食をし、8時にホテルを出て、8時55分からタイ海軍の艦船に乗った国王の前をヨットが整列して通過し敬礼をするロイヤルサルートがありました。その後10時からいよいよ本番のレース開始です。今日も昨日と同じカタビーチ沖の2つのコースエリアに分かれて実施されました。われわれのスタートは4番目の艇群で10時20分にスタートしました。コースは13番で島回り距離22マイルの比較的長いレグで前半は上り後半は下りです。南東の風がブローで13mから14m吹くという強風下のレースとなりましたが良いスタートを切り途中からメインもジブもリーフして上って行きました。しかし、うめぼしはクルージング仕様で上りは苦手です。小宮スキッパーがベストのセーリングをし第一ゲートをトップ通過し第二ゲートに向かいました。しかし上りレグ3分の2くらいまできたところでタイムリミットとなりました。ところが夜のプライズギビングパーティではクラシッククラス1位の楯を貰うことができました。第一ゲートをトップで通過したことでの表彰だと思われます。

レース中ヒールを殺している3人(左から井上、小宮、山岸)

Img_8045_r

レース後のパーティで今日のレースでの1位の表彰を受けました

Img_8050_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 6日 (日)

キングスカップレガッタのプラクティスレース

2015年12月6日の朝は東風の晴でスタートです。昨日の夜8時半ころに日本からの更なる参加メンバー二人(山岸さんと井上さん)がホテルに到着し小宮さんと私を含め四人でさっそく近場のレストランで会食をしました。小宮さんと井上さんは私と大学ヨット部の同期です。山岸さんは私と同じ会社F社ヨット部の先輩です。今回のキングスカップヨットレガッタにはこの4名で参加します。朝7時半に近くのレストランのバイキング朝食200バーツ(約700円)を食べて10時にホテルを出発し艇に向かいました。午前中に軽くセーリング練習をして昼食は艇内で小宮さんお手製のサンドイッチです。13時からプラクティスレースに参加しました。レースは全104艇を2つのグループに分けてカタビーチ沖にマークを打った上下コースで行われました。各クラスごとに5分間隔でスタートしうめぼしはスピリットオブクラシッククラスということで一番最後のスタートになりました。うめぼしは上りコースは苦手ですが2回目の上マークまで行ってそこをフィニッシュマークに見立てて終わりにしました。その後艇を元の場所に戻しテンダーで上陸して、16時半からのスキッパーズミーティングに参加しました。

昨日夕刻の会食のときの集合写真

Image1_r

カタビーチ沖にアンカーリングしたうめぼし

Img_8029_r

スキッパーズミーティングの様子(英語での説明はなかなか理解できません)
Img_8030_r

今晩開催されたオープニングセレモニーでの集合写真(左から井上、山岸、増田、小宮)

1_r

ホテルの前のプールサイドにて

Img_8036_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 5日 (土)

キングスカップのレジストレーション

2015年12月5日は午前10時からキングスカップヨットレガッタのレジストレーションが始まりました。さっそく小宮さんと二人で同じホテルの2階にあるレジストレーション会場に行き手続きをしました。提示された書類3枚ほどを記入し艇の参加費用振り込み済みの確認をしてもらいクルー参加費用一人5000バーツ×3人分を支払い、バウナンバーの大きなシールとセーリングインストラクションなどレース用品と記念のポロシャツやリュックサックなどを貰い1時間ほどで終了しました。100万ドルの保険証書の現物確認はなく入っているかどうかの申告確認だけでした。午後から艇に行きしばらくセーリングをして帰ってきました。アンカーをテンダーにつないで置いて行ったのですがそのあたりのハンドリング手順にはいろいろ工夫する余地があったように思います。

レジストレーションの最初の受付

Img_8023_r
Img_8021_r
セール計測会場(当方は計測はありませんでした)
Img_8020_r
午後からのセーリング
Img_8026_r

Img_8028_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 3日 (日)

気象FAX

航海に出てしまうとどうしても通信手段が限られてしまいます。ここマレーシアのクダットでも到着するとすぐにCelcomというプリペイドWifiを買いに行きました。これがあれば一応のインターネットアクセスができますしそれなりの気象情報や地域情報なども得ることができます。従って航海に出る前にはこれらの通信手段を使って必要な情報を得ることができるのですが、いったん航海に出てしまうとそうもいきません。プリペイドWifiも陸地から20マイルも離れるとGSMやLTEはもちろん3Gもほとんどつながらなくなります。緊急時の電話連絡はイリジウムを使うことで何とかなりますが、タイムリーな気象情報を得ることまではイリジウムでは難しいのが現状です。そこで気象FAXが役に立つはずだと言うことで今日はKG-FAXのテストをしました。アマチュア無線のHF受信機ICOMIC-70613.9866MHZの東京からの電波を受信しその音声をパソコンにつなぎKG-FAXというソフトで図面に展開します。一応天気図を入手することができましたが図面の体裁や他の地域の天気図をどこから入手するかなどの課題はまだ残っています。

KG-FAXで受信した天気図(まだ上下が逆になっている)

Kgfax

指定された周波数の1.9KHZ下の周波数で受信すると言うのとUSBモードを選択するのと音量の調整が難しかった。

| コメント (1) | トラックバック (0)